痴漢が電車で

痴漢の体験談

痴漢の体験談を読むと本当にこの世の中がいかにデタラメかという気がしてくる。女性ともいえないような幼い女の子が男性器を触らせられたり、精液を衣服にかけられたりという痴漢の体験談をようやく大人になってからするのである。もう、その痴漢にあったときの状況というのは、想像を絶する恐怖と不可解さだったと、こちらは想像するしかない。それがその女性の成長期の多感な頃になされた許すべからざる犯罪であることは言を待たない。痴漢の体験談は多くのことを語ってくれる。

まず、痴漢の被害体験談の多くは一般に性的関心の的になりやすい女子高生などではなく、むしろ年端もいかない中学生の方が圧倒的に多い。つまり、体験談を語れるのはずいぶん後になってからであり、この年頃はは世間づれしていなくて被害にあってもはっきりと何もいえないからである。痴漢被害の体験談では両親に話したという女性はほとんどいない。つまり、これは周囲に騒がれるのが嫌だという気持ちだし、そもそも何と言って拒否したらいいのかすらも分からないような年頃なのである。体験談は今だからこそ言えることなのである。こうした痴漢の体験談を聞くと、胸が痛くなる。

都内であればすで小学生の頃からランドセルを背負って投稿する女の子もいる。体験談から日本のラッシュの電車のなかでこのような男性の欲望の的となっている女の子が今日もいると思うとなんともやりきれない。痴漢の体験談など聞かなくてすむ世の中になればいいと切に願う。


痴漢が電車で

痴漢電車と盗撮

痴漢は電車でターゲットを探している。痴漢が電車でする行為はわいせつ行為といわれるが実際にどのような行為がわいせつ行為に当たるのだろうか?
痴漢が電車でよくするのは、実際に女性の下半身を触ったりする行為。他に電車でするのは盗撮も多い。盗撮はデジタルカメラや隠しカメラで女性のスカートをしたから撮影するというものである。電車の中ではかなり多いらしい。電車の中、特にラッシュ時の混雑した電車内の被害が一番多いようだが、近年はカメラ付携帯電話が普及したせいで、エスカレーターや階段、はたまた駅の店舗での盗撮が増えているという。

電車では、盗撮してもつかまると証拠隠滅のためにデータを消そうとする。実際にカメラのデータが消されたとしても、行為自体が迷惑防止条例に違反する犯罪行為なので無駄である。痴漢は痴漢としての裁きを受けなくてはならない。では実際の盗撮による痴漢行為の罰則だが、一年以下の懲役、又は100万円以下の罰金となっている。これは初犯の場合で、盗撮の常習犯は二年以下の懲役となる。

電車の中だろうがホームだろうが痴漢にあってしまったらどうしたらいいだろうか。それは声を上げることである。声に出して拒否の意思を伝えることが、痴漢の犯罪を成立させることになる。触られたのであればその手をつかまえてしまうこと。周囲の人間に協力してもらうこと、が大事である。電車の痴漢であれば各駅ごとに駅員や鉄道警察が待機しているのでつかまえた痴漢を連れて行きましょう。

痴漢が電車で

痴漢が電車に

痴漢が電車に出没しているらしい。というか、いつから日本はこういう国になってしまったのだろうか? 電車で痴漢が出る国など私の知る限り日本以外にはないし、外国人と話していても電車で痴漢というか、痴漢そのものが理解できないといわれることが多い。実際私はしたこともなければ、痴漢が電車でいるところを目撃したわけでもない。

まあ、想像力を働かせれば通勤ラッシュ時などは超過密になるので電車で発情しやすいというのもあるだろう。

しかし電車に限らず痴漢をすればどうなるかだけは刑法に照らして知っておく必要があるだろう。電車などの痴漢は条例で定められる卑わい行為や、刑法の強制わいせつ罪が当てはまる。卑わい行為は「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」に抵触する。6月以下の懲役又は50万円以下の罰金が課せられるが、常習の場合は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金と重くなる。
さらに強制わいせつ罪が適用されると6ヶ月以上10年以下の懲役となる。電車の痴漢がどうなるかは微妙なところだが、卑わい行為は強制わいせつ罪よりも軽微。

社会的な制度も痴漢行為の厳罰化の方向に進むとともに、電車などの密集環境の改善も検討されている。具体的には一部の鉄道で女性専用車両なるものを設けてある一定時間はその車両には女性以外乗れない仕組みになっている。

こうした動きで痴漢が電車からいなくなる日が来ればいいと思う。痴漢などは日本の恥であり、一日も早く撲滅されることを願ってやまない。


楽天市場