ブログネタ
インターネット関係 に参加中!


イングランド・ウェールズの高等法院が、マイクロソフトのクラウドストレージ「SkyDrive」は英 BSkyB の商標「SKY」を侵害しているとの判断を下しました。 
BSkyB、正式名 British Sky Broadcasting Group plc は、英国やアイルランド向けに Sky のブランドで有料衛星放送を提供する企業。

BSkyB は " SKY " について英国と欧州でそれぞれ2つの商標を登録しており、マイクロソフトの SkyDrive がこれを侵害しているとして2011年から訴えを起こしていました。

今 回の高等本院の判決は、一般消費者から SkyDrive が Skyのサービスと混同される可能性があると認めた内容です。仮にこのまま確定すれば、マイクロソフトは英国および欧州で SkyDrive の名称を変更するなり BSkyB と何らかの取引を迫られることになります。しかし手続き的にはまだ第一審の段階で、マイクロソフト側が反論するヒアリングがすでに予定されています。


商 標はそもそも有効な範囲が設定されているもので、衛星放送とクラウドストレージでは混乱しないのでは、とも思えますが、Sky はテレビだけでなくブロードバンドサービスも同じブランドで扱っており、しかも「Sky Store & Share」の名称でクラウドストレージも提供していました (Store & Share は2011年に終了)。

BSkyB はそのほかにも Sky~ の名称でさまざまなサービスやアプリを提供しており、マイクロソフトのプラットフォームでも以前から流通しています。トップの画像は判決の付属資料に示さ れた、Xbox 360 で " Sky " で検索してみた画面。たしかに " Sky " , " SkyDrive " と並んでいます。


マイクロソフトの広報はリンク先 TechCrunch の照会に答えて、この訴訟はあくまで SkyDrive の名称のみを巡るものでありサービスの存続や今後の発展には何らの影響もない、今回の判断も法的手続きのひとつに過ぎずマイクロソフトは控訴する予定である、としています。


SkyDrive と いえば、サービスの開始からしばらくはあまり使いやすくないほうのクラウドストレージとして鳴かず飛ばずでしたが、ここ最近はウェブUI の刷新やデスクトップ同期の提供、モバイルアプリなどで急速に改善が進み、Windows 8 や最新の Windows 8.1 、Windows Phone 8ではOSとの統合がさらに強化されるなど、マイクロソフトの各プラットフォームやデバイスを結ぶクラウド基盤として欠かせない要素になっています。マイ クロソフトとしても、欧州版だけMSDriveやXboxDriveに改名する手間はかけたくないはずです。

そういえば BSkyB は Skype に対しても2005年の昔から商標を巡る訴えを起こしていたはずですが、Skype が改名した、あるいは「英BSkyBの許諾を得て~」を明記するようになったという話は聞きません。

Xwin.jp店舖会員Microsoft Office Professional 2013 プロダクトキー 1個4,000円、2個を買うと2000円割引!!472-658-home






Xwin.jp店舖会員Microsoft Office for Mac Academic 20112,000円シリアルとサポートを提供

office2013