2015年04月16日

術後、十五日目。退院日。

image

この大学病院に転院して4週間、
そして術後15日目にして、無事に退院の日を
迎えることができました!

腸閉塞の手術を終えて、長い間
懸念材料だった狭窄部分をひとつ
取り除けたのは不幸中の幸いだったかも
しれません。

ただ、じつは小腸の中程に
もう一カ所狭い部分があるので
今後そこが何か悪さしないか
気をつけていきたいと思います。


<朝食メニュー>
・ロールパン×3
・焼き魚(酒蔵)
・ブロッコリーのスープ煮
・味噌汁(具なし)
・アップルジュース
・ジャムパック(イチゴ)

2015年04月15日

術後、十四日目。お昼から常食にアップ。明日、退院決定。【更新】

image

今日のお昼から全粥が常食に上がりました。
これでお粥もお米になり、いわゆる普通食なので
日常生活での食事にシフトしたことになります。

そして、懸念だった便のほうも
昨日の夜から出始めて、しかも普通便に近い状態に。
朝の回診で担当医も大丈夫と太鼓判を
押していただけました。

というわけで、明日の退院も予定通り許可が
下りたので、ようやく帰ることができますよ。
やったねー!

ちなみに、常食メニューは1日3食で1800kcal、
脂質24g、塩分8gです。

<朝食メニュー>
・食パン×3(全粥から変更)
・ジャムパック(イチゴ)
・皮むき茄子煮
・卵豆腐
・味噌汁(具なし)
・アップルジュース

<昼食メニュー>
・白米
・いなだ照り焼き
・野菜スープ煮(キノコ抜き)
・白桃缶
・ヨーグルト

<夕飯メニュー>
・白米
・たまごスープ
・茹肉団子あんかけ
・里芋煮

2015年04月14日

術後、十三日目。ガスは出るが便意なし。【更新】

image

下痢止めを飲んで以来、便秘になって三日目。
まだ、お腹の動きは鈍いようで、
ガスは出るのですが肝心の便はシーンと。

担当医的には、ガスが出ているので
焦る必要もないそうです。
ただ、便が出ることが確認されないと
退院できなさそうですね、こりゃ。
仕方ないかなー。

しばらく沈黙状態のストマと睨めっこですねw


<朝食メニュー>
・全粥
・味噌汁(具なし)
・高野豆腐
・キャベツ鶏煮
・うめびしお
・オレンジジュース

<昼食メニュー>
・全粥
・エビケチャップ炒め
・里芋煮
・梅干し
・リンゴ缶
・ヨーグルト

<夕飯メニュー>
・全粥
・つみれ椀
・豚ヒレ味噌漬け
・かぶ煮

2015年04月13日

術後、十二日目。お昼から全粥にアップ。【更新】

image

処方された下痢止めの薬を飲み始めた途端、
ピタリと便が止まり、少し焦っていたのですが
担当医としては時間差で効果が出ているので
昨日から服用を止めているようだから
今日あたりから再び出始めるだろうとのこと。

たしかに昨日の夜の時点では違和感があったのですが
一晩たった今ではガスも出始めており
膨満感もなくなった気がしております。

このまま問題なければいいなあ。

そして、今日のお昼からは
食事が全粥になりました!
おかずなどもほとんど固形物となり、
退院後の食事にかなり近づいております。

ちなみに全粥メニュー1日分で
1600kcal、脂質24g、塩分8g。


<朝食メニュー>
・五分粥
・味噌汁(具なし)
・カリフワラーやわらか煮
・マロニー煮
・うめびしお
・オレンジジュース

<昼食メニュー>
・全粥
・イカかまぼこ醤油餡
・洋風煮(大根、人参、玉ねぎ、グリーンピースのトマト煮)
・手作りリンゴゼリー
・ヨーグルト

<夕飯メニュー>
・全粥
・鶏バター焼き×3
・大根煮
・ちくわ麩煮


2015年04月12日

術後、十一日目。下痢止めの薬が処方される。

image

一昨日あたりから、ストマへの水溶便の量が
かなり多くなったことで、担当医か心配して
下痢止めの薬が処方されることに。

昨日からはフェロベリン配合錠を2錠(1日3回)、
そして今日から追加でロペラミド錠を1錠(1日3回)。

クローン病としては便秘になることの方が
怖いですし、何より腸閉塞で入院したので
逆に下痢止めを処方されるとは……。

このまま水分不足になって腎臓への負担が
大きくなることを懸念しているそうです。

ひとまずは処方された薬で様子見ですね。



<朝食メニュー>
・五分粥
・味噌汁(具なし)
・白玉麩卵とじ
・キャベツやわらか煮
・うめびしお
・オレンジジュース

<昼食メニュー>
・五分粥
・野菜スープ(具なし)
・蒸し魚(白身魚)
・スパゲティのケチャップ煮
・ヨーグルト
・ハイハイン2袋
・醤油パック

<夕飯メニュー>
・五分粥
・ポテトやわらか煮
・煮やっこ(低脂肪1/3)
・うめびしお
・洋梨缶
・醤油パック

2015年04月11日

退院日が決まりました!

腸閉塞のために横浜の大学病院に
3/20から転院してきて3週間、
ようやく退院のメドが立ちました。

今日から五分粥となり、2日後に全粥、
さらに2日後に普通食で問題なければ、
4/16(木)に退院できるそうです。

担当医としては15日でも構わないそうですが、
自分自身で最後まで様子見ておきたかったもので。

思えば、2月末に救急車で運ばれてから
ひと月半が経っており、その間に
手術も施して今に至るわけですね。

手術せずに食事を流動食に抑えることも
考えましたが、これからの長い生活を考慮して
今回手術する決意をして、本当によかったと
思っております。

と、まだ退院までの経過観察は続いているので
もう少し頑張ってみます!


術後、十日目。お昼から五分粥にアップ。【更新】


image

今日のお昼から食事が五分粥になりました。

お粥が五分状態になると同時に
おかずなども少しずつ固形物が増えていきます。
担当医曰わく、食事をアップしていく際、
三分粥から五分粥へのタイミングが
一番変化が大きいために、そこで
体調を崩す患者が多いそうです。

逆に、五分粥さえ問題なく食べられるのであれば
その後の全粥、普通食も大丈夫らしい。

ここは慎重に食べて様子を見たいと思います。

ちなみに五分粥メニュー3食分で
1日900kcal、脂質10g、塩分8g。


<朝食メニュー>
・三分粥
・だしスープ
・ほうれん草やわらか煮
・うめびしお
・アップルジュース

<昼食メニュー>
・五分粥
・はんぺん焼き
・春雨やわらか煮
・バナナ寄せもの
・プレーンジョア
・たまごボーロ
・醤油パック

<夕飯メニュー>
・五分粥
・こはく蒸し(白身魚)
・南瓜うすくず煮
・たいみそ
・バナナ(1/2)

2015年04月10日

術後、九日目。エレンタールも再開。【更新】

image

本日も食事は三分粥となります。

昨日のレントゲン検査の結果、
かなりいい結果だったと担当医から
報告がありました。よかったー。

腸閉塞の原因となった狭窄部分を切除した箇所も
うまく繋がっており、ガスなども順調に
大腸へ流れているようです。

たしかに、術前までは食事した後、
しばらくはお腹の中がゴロゴロと鳴って
食べ物が通過し難い感じでした。
それが術後はゴロゴロ鳴らずに
スムーズに通過している印象を受けます。

担当医も「そのための手術ですから!」と
力強くおっしゃっていましたw

思い切って手術した甲斐がありますね。

<朝食メニュー>
・三分粥
・だしスープ
・大根やわらか煮
・たいみそ
・オレンジジュース

<昼食メニュー>
・三分粥
・野菜スープ(具なし)
・くず湯レモン
・うめびしお
・オレンジジュース
・ハイハイン2袋
 ※乳幼児用お菓子

<夕飯メニュー>
・三分粥
・とくさ煮(山芋)
・だしスープ
・たいみそ
・オレンジジュース
・りんご缶(すりおろし)

2015年04月09日

術後、八日目。お昼から三分粥。【更新】

image

流動食がスタートして二日目の今日のお昼から
食事が三分粥に上がりました。

ここから食事メニューに固形物が
少しずつ混ざっていきます。
まずは定番のお麩が多いイメージでしょうか。
ゆっくりと食べて様子を見ていきたいと思います。

ちなみに三分粥になると
三食で700kcalで脂質は2g、塩分は7gです。

<朝食メニュー>
・重湯
・だしスープ
・うめびしお
・アップルジュース

<昼食メニュー>
・三分粥
・人参麩やわらか煮
・くず湯梅
・たいみそ
・アップルジュース
・プルーンゼリー×3

<夕飯メニュー>
・三分粥
・甘藷(かんしょ)煮
 ※サツマイモの別名
・だしスープ
・うめびしお
・白桃缶

2015年04月08日

術後、七日目。【更新】

image

術後七日目も引き続き、流動食です。

流動食は基本的に固形物は入っていません。
すべてが流し込めるようになっていて、
お粥もお米の粒のない重湯のみで
スープも具は含まない状態です。

これで3食いただくことで
一日550kcalで、脂質は1g、塩分は6gだそうです。

<朝食メニュー>
・重湯
・だしスープ
・うめびしお
・オレンジジュース

<昼食メニュー>
・重湯
・野菜スープ(具なし)
・くず湯レモン
・たいみそ
・オレンジジュース

<夕飯メニュー>
・重湯
・里芋煮(流動)
・だしスープ
・うめびしお
・オレンジジュース