家を出た時。神待ち 秋田まず空を見るクセがある。晴れの日も。雨の日も。微妙な天気の日も。昼も。朝も。夜も。空がこうだからどうだと言うことは、全く何一ないのだけれど。家を出て、空を見る。そうするとなぜか。よし、頑張ろうと思えたりする。自己暗示と言われればそれまでですが。空に想いを馳せること。人間誰もが一度くらいはやってみたりするもんでしょ。小雨降る薄い曇り空。その向こうにうっすら顔を滲ませる太陽。今日はそんな空に、心の中で握り拳を向けてみました。