サンダのゲームブログ

ゲームに関する紹介やレビューを自由気ままにします.

55

最近ファイアーエムブレム覚醒が遊びやすくハマってクリアしたので最新作である
ファイアーエムブレムエコーズを購入した
しかしまだ序盤だが想像以上に自分がイメージして居たFEシリーズと異なっていたので紹介する


今までファイアーエムブレムシリーズは触ってはいたが仲間が死ぬとリセットするのでリセット地獄になり飽きてしまって居た.
FE覚醒など最近のシリーズはカジュアルという仲間が死んでも撤退するだけというモードが追加されて遊びやすくなっている
このエコーズも遊びやすいゲームになっているファイアーエムブレムだと思い買ったら仕様が全く違うので驚いた

今回の新要素

武器装備の変更
まず驚いた点は装備品がないということだ
武器の使用回数は前作FEifで無くなったが自分がまだ序盤で仕様を理解していないだけかもしれないが全員武器は装備しているが付け替えることができない
クラスチェンジすると装備欄の武器が変わったので初期装備はクラスで決まるのかもしれない
また,アイテムを一つだけ持ててそのアイテムの中に武器があるのだがアイテム枠で武器を装備していくゲームなのかもしれない
少なくとも今までとだいぶ違うので驚いた

RPG要素の強化
今までの戦闘は章ごとに大規模の戦闘があって勝つと章が終わる仕様だったが今作はフィールドに敵がたくさん居て小規模な戦闘が頻繁に起こりキャラクターを成長させていく仕様だ
さらにダンジョンも追加されている
ダンジョン内は普通に歩けて宝箱やお金,エンカウントがある
エンカウントすると敵は少ないがいつものSRPGでの戦闘になる
また,最初は仲間がほとんど村人で序盤すぐにクラスチェンジが可能でそこでクラスを決めれるというRPGとしての要素が増えたように思えた

感想
まだ序盤なので面白いかどうかは評価しにくいが今の所,経験値が少なめで頻繁に起こる戦闘でレベルを上げていくのはめんどくさく思えてきた
ただ,戦闘のアニメーションはカッコよくできており戦いを見るのは苦痛ではなかった
ダンジョンの追加により探索してアイテムをゲットした喜びもある
また,今回は仕様がだいぶ違うので従来のFEを期待して買うのはやめたほうがいいかもしれない



写真 2017-04-15 8 17 02

先日EGGLIAというゲームが発売された
公式サイト

ゲーム紹介
絵に魅入られて調べてみると聖剣伝説LOMのスタッフが作ったゲームというので購入した!
このゲームスマホゲーでありながら買い切り型で発売してくれて価格はなんと1200円と安い
スマホゲーは基本料無料が多くそれらはバランスが課金前提なのであまり好きではなかったので買い切り型は嬉しく思った

ストーリーは世界が崩壊してある街で目覚めた主人公が世界が入っている卵を使っていき世界を再生させる話だ
分かりやすくいうとLOMみたいな感じだ

写真 2017-04-15 8 18 53

写真 2017-04-15 8 19 38


写真 2017-04-15 8 20 24

写真 2017-04-15 8 20 44
周辺に世界を作っていく
写真 2017-04-15 8 20 50

このゲームはステージ制

各ステージのフィールドはマス目で出来ていてサイコロを振って移動したり採集したり戦っていく
ステージの奥にあるクリアマスを踏むとクリアになる
よって敵とは戦う必要がなく敵が強すぎると感じたらさっさとクリアマスに行くのも手だ


写真 2017-04-15 8 21 02

 写真 2017-04-15 8 21 40

写真 2017-04-15 8 21 51

写真 2017-04-15 8 23 29





マイタウンという本拠地がありここでは仲間が集まって会話したり
自分の部屋をカスタマイズしたりなどが出来る
ステージをクリアして行くと仲間がどんどん増えて行くので賑やかになって行く

写真 2017-04-15 8 36 48


写真 2017-04-15 8 40 49



マイタウンでは精霊を仲間にすることもできる
この精霊が本作における装備の役割をしていて最大三つまで装備可能である
また,精霊は自由に強化できるのでお気に入りの精霊を強化して行くことができる

写真 2017-04-15 8 44 17

写真 2017-04-15 8 46 58


ステージには仲間を連れて行くことが可能だ
戦ってくれるわけではないがアイテムなどを見つけてくれる
写真 2017-04-15 8 54 55



総評
このゲームの戦闘はそこまで面白いものではなかったが
キャラクターの性格や容姿など個性がよく出来ておりストーリーを見ていると好きになれる
また,音楽やこのゲーム全体のイラストなどの雰囲気もよく
こういう世界観が好きな人はぜひとも買うべきゲームだ!


 

写真 2017-03-04 17 46 39

友達同士で集まった際に買ったボードゲームが楽しかったので紹介する

このゲームはラブクラフトレターといい
ラブクラフト氏が作り上げたシェアワールド「クトゥルフ神話」を基にしたゲームだ

概要
大まかな勝利条件は複数回ゲームをやり,勝利したプレイヤーはエルダーサインまたはクトゥルフのトークンが貰える
これをエルダーサインの場合は二つ集めれば世界が救われ集めたプレイヤーの勝利となる
クトゥルフの場合は三つ集めれば世界を滅ぼし滅ぼしたプレイヤーの勝利となる


写真 2017-03-04 17 33 40
クトゥルフトークンあと一つで世界を滅ぼせる

写真 2017-03-04 15 27 44
カードの横にある青いトークンがエルダーサイントークン

ゲームの流れ
ゲームは最初に共通のデッキを一つ作る
そこから全員にカードを一枚配る
ターンが回ってきたプレイヤーはデッキからカードを一枚引き
二枚の手札のうちどちらかを自分の場に出してカードの効果を発動していく
狂気カードと呼ばれる下のテキストが赤いカードを場に出した場合次のターンから発狂してSAN値チェックが入る.その代わり強力な能力が使える
自分以外全員死ねば勝利
または,デッキが全てなくなると勝負になり手札に持ってるカードの左上の数値が高い人が勝利となる
勝利した人が発狂してないならエルダーサインを発狂しているならクトゥルフのトークンがもらえる

写真 2017-03-04 15 15 36
下のテキストが赤いこれらが狂気カード


ゲームの面白さ

すぐ死ぬかつ早いゲームスピード
このゲームは本当にすぐ死ぬまず初手でカードをドローした瞬間に死ぬ可能性もある
相手を殺したりそもそも自分が死ぬ効果のカードが多くそれが面白さに繋がっている
発狂時のSAN値チェックに失敗しても死ぬ
なので1ターンで半数が死ぬ可能性もある


ちなみにクトゥルフ自身もカードとなっていてこれをある条件を満たすと勝利となりさらにクトゥルフトークンが三つ貰える
よって世界を滅ぼして勝利という強力な逆転要素もある


公開情報からの心理戦
相手のカード番号を指定して合っていたら相手を殺すカードなどがあり
このゲームはカードの番号毎の枚数が決まっているのでそれを読んでの攻防戦となる
公開情報からの読み合いが熱いゲームとなっている








写真 2017-03-04 15 19 07
番号や枚数,効果は一覧があるので全員が観れる


写真 2017-03-04 15 28 02
基本的には数字が高いほど効果は強力


総評
一回のゲームは30分ぐらいで終わるというお手軽さや逆転要素,どんな時でも死ぬというハプニング要素もありみんなで楽しめるタイプのゲームだ

箱も小さく運びやすいのでみんなで集まった時に手軽にできる
また,値段も2000円ぐらいと安めの値段で買うことができる
クトゥルフ好きなら買うことをオススメする







↑このページのトップヘ