2006年07月14日

志木那島診療所

1

前よりもどんどんパソコンに向かう時間が極端に減ってしまって、最近のブログはかなりタイムラグのある記事ばかり書いてますが、今回はその中でもかなり酷い。もう何ヶ月前の出来事なんだ?と思いつつ、BSの再放送やら、出演者達のブログやら、放送はまだまだ先ですが、今から結構盛り上がって来ているみたいで、再放送とか見てたら特に居ても立っても居られない状態になったので、やるなら今だ!と何とかこのテンションの保てる内に夜な夜な作業してみました。

やっとまとめた志木那島診療所の詳細です。かなり画像多めで長いです。しかもレイアウトがイマイチなので見づらいかもしれません・・・。スイマセン。

  続きを読む

at 06:31Comments(2)TrackBack(0)

2006年05月28日

沖縄旅行 与那国島編-Part.4-

与那国島20
(写真はクリックするとより大きく見れます。)

かなり間が空いてしまいましたが、何事もなかったかのように更新・・・。

早朝からすでに与那国町漁協で働く人達の声やら荷物を運ぶ音で起されました。コンドミニアムの宿と言う事もあり、前日すぐ隣にある日本最西端のお店「大朝商店」でちょこっと朝食になりそうなものを買っておいて、翌朝は自炊で。与那国にまで来ておいて普通にパスタ作りましたけど何か・・・・・・。

(ちなみにこの「大朝商店」は巽 謙司記者が取材していたお店です)
  続きを読む
at 23:59Comments(2)TrackBack(0)

2006年05月11日

沖縄旅行 与那国島編-Part.3-

与那国島14
(写真はクリックするとより大きく見れます。)

東崎(あがりざき)にある風力発電のための風車。こういう風車のある景色を見るのは昔からの憧れでした。近くに寄るとかなりの迫力。ゆっくりと、でも力強く回っていました。
  続きを読む
at 21:15Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月06日

沖縄旅行 与那国島編-Part.2-

与那国島7
(写真はクリックするとより大きく見れます。)

志木那島小学校(比川小学校)とあきおじの家がある道を過ぎると、防波堤にたどり着きます。ここの防波堤も何回もドラマの中で大事な場面として出てきましたね。その向こうには比川浜が広がっていました。そして、、左側を見ると、遂に志木那島診療所が!!

焦る気持ちを抑えて、一旦来た道を戻って今度はもう一本左の道から診療所を目指しました。こっちの道は直接診療所に続く道です。診療所を眺めていると、次から次へとドラマのワンシーンが頭をよぎって感動もひとしお。平日だと診療所の中も見学できるそうですが、私達の行った日はあいにく週末・・・。やっぱり中は見れないよなぁと諦めてはいたんですが、後でサプライズが。診療所での詳しい詳細はまた後々・・・。
  続きを読む
at 23:31Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月05日

沖縄旅行 与那国島編-Part.1-

与那国島1与那国島2
(写真はクリックするとより大きく見れます。)

沖縄旅行2日目。石垣島から飛行機で30分。遂に念願の「Dr.コトー診療所」の世界が広がる島でもあり、そして日本最西端の島、国境の島与那国島に到着です!!

心配してた天気は、、晴れました!申し分のない程の快晴でした!予報では曇りか雨だったのが、いつの間にやら天候がガラッと変わっていたみたいです。これにはもうテンションも倍。かなり浮れていたんですが、3月にも関わらず与那国のこの日の温度は軽く27度以上はあったように思います。体感気温はもう30度超えてるよ!って位の暑さ。ちょっと移動しただけでも汗ダラダラのダクダク。沖縄はもう暖かいだろうなとは思ってはいたけど、こんなに真夏並みの温度とは・・・。3月でこの気候だったら真夏はどうなっちゃうんだ?と想像しただけでも汗が滲んで来ちゃいます・・・。

始めにレンタカーを借りて一旦荷物を置きに、今日の宿泊場所「海と空とペンション」と言うコンドミニアムタイプのお宿へ。ここはあの重さん原さん達が働く志木那島漁業協同組合(与那国町漁協)のすぐ目の前にある宿で、釣り人やダイバー専用の宿みたいです。与那国のホテルや宿で調べても載っておらず、釣り専門HPなどしかリンクを貼っていないみたいなので、私達みたいな普通の観光客が泊まりに来た事をかなり不思議がられてしまいました・・・。やっぱり与那国に来たらちょっとでも日本最西端に近い宿に泊まりたいと思って、いくつか連絡したら何処も満室で、もう他に西の宿は無いのかな〜と思ってた所に偶然見つけたのがこの宿でした。でもリンク貼ってたのは釣りでもダイバーのHPでも無かったんですけどね・・・。やはり泊まってるお客全て釣り客かダイバーのみで、ちょっと私達は浮いてましたけどね・・・。

(上の写真は西崎灯台です)
  続きを読む
at 23:59Comments(5)TrackBack(0)

2006年05月02日

沖縄旅行 西表島編-Part.2-

西表島8
(写真はクリックするとより大きく見れます。)

水牛車に乗って帰って来た所ですでにタイムリミット。レンタカーの返却の時間が迫ってしまったので、いそいで乗り捨て予定の営業所へ。時間前に返しに来たはずなのに営業所には誰もいなくてもう閉まってる・・・。アタフタしてたら遠くからおじさんがノコノコやって来て「レンタカー帰しに来たの?もう皆帰っちゃったよ」・・・・・・へ??・・・。まだ営業時間終わってないじゃん!いくら島の人達がのんびり屋さんとは言え、これにはかなり参りました。おじさんが来てくれたので何とか返却も済んで、今日のお宿「ペンション 星の砂」まで連れてってもらえる事に。
  続きを読む
at 17:35Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月01日

沖縄旅行 西表島編-Part.1-

西表島1
(写真はクリックするとより大きく見れます。)

結構今更な感じがして否めない今日この頃ですが、意地で更新です。

彼のリフレッシュ休暇を使って、私も無理やり有給休暇を貰い、便乗リフレッシュ!沖縄の旅へと行ってまいりました。天気予報によると、旅の最中はずっと曇りか雨のご様子。晴れるのは辛うじて最終日のみ?旅への浮れた気持ちとはウラハラに、少々不安な気持ちも抱きつついざ出発。

まず羽田から沖縄那覇空港へ。行ったのはまだ3月中旬辺りですから・・・こちらはまだまだ寒い時期。ちょっと着込んで出発したんですが、そこは沖縄、飛行機から降りた途端ムンムン蒸し蒸し、周りを見渡すと半袖の人とか薄着の人ばかりで、私も我慢ならず羽田仕様の服から沖縄仕様へ。

那覇から石垣島へ向かう良い時間の飛行機が取れず、1時間位ロスタイムを食らってしまう。石垣島に着いたらタクシーで港へ。そこからは船に乗って目指すは今日の目的地西表島へ!でも私達の乗った西表・大原港行きの八重山観光(略して「やえかん」)は物凄く小さな船で、島へ送る食料だか何だかの大きなダンボール達も一緒です。乗客は私達を含めたったの4人!隣に停まっていた西表・船浦港行きの安栄観光(略して「あんえい」)の船は大きくて何十人も乗っています。この差は一体・・・。出発すると結構海が荒れているのか上下に揺られる揺られる。後ろに積んであったダンボール達も揺れで大きく傾きずるずる移動しちゃうわ、小さい船でも一応トイレ付きらしく、そのトイレのドアが揺れと共にパカパカ開くわで、もう大変です。その揺れがだんだん激しくなって、終いには私も吹っ飛ばされそうな勢い・・・。もう笑っちゃうくらいの揺れに、逆に私は楽しかったですけど。

ふらふらになりながらやっとの思いで着いた時にはもう3時。レンタカーを借りてようやく観光へ。でも翌日の出発が早い為レンタカーが次の日に返せないので、その日の5時半までには返却。2時間半の為に借りたなんて本当に勿体無かったです。もう時間がないのでさくさくと移動です。
  続きを読む
at 17:19Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月24日

GO!空

空1

沖縄旅行から1ヶ月もたってしまい、いい加減写真を更新しなさい!と相方にもグチグチ言われ始めたので、ちょっとこのままだと本当にお蔵入りしそうなので、それはしたくは無いのでなんとかします。500枚位撮って来たんだけど、数撃ち当たった写真が本当に少ないな〜(涙)
空2

でもなんとかオリンパスブルーを出したくて頑張ってみました。やっぱりこのこってりした色、好きだなぁ〜。
  続きを読む
at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月29日

旅を満喫しすぎて・・・

志木那島診療所


行って来ました、沖縄旅行〜!
沖縄本島と西表島、そして念願の与那国島にも行って来ました!!
離島にも行って来たので、3泊4日の今回の旅行はスケジュール的にかなり一杯一杯で怒涛の沖縄旅行でした・・・。

今回の一番の目的は与那国島!「Dr.コトー」の世界を堪能しまくる事だったんですが、想像以上に素敵な場所で、たった1日の島滞在でしたが、夢の様な1日を過ごして来ました。

で、先週にはすでに帰って来てはいたんですが、今でも夢を見ている感じで、自分の撮った与那国での写真を眺めては日々現実逃避を繰り返し・・・、1週間たって流石にヤバイと思いようやく少しだけ更新(汗)


色々写真を撮って来たんですが、なかなか写真の整理が進んでないので、旅行の詳しい詳細は後々・・・。

でもやっぱり思った通りに撮れてる写真が少なくて見返しては反省。後で「こう撮っておけば良かった〜」と後悔ばかり・・・。まだまだ勉強が必要のようです。  
at 04:21Comments(0)TrackBack(0)