空を見上げて

がん検診

★2008年4月17日

6ヶ月たったので、前とは違う大きい総合病院へ行ってがん検診。
初診だったので、来院理由や初潮年齢など記入する。
それに今までの経緯を詳しく書く。
診察になって呼ばれるが〜先生若い!いまどきの若者って感じ(笑)
でも、落ち着いてて感じよい。
話もきちんと聞いてくれるし、病院変えてみて良かった。
「一応、頸がんと体がん両方しましょう」ということになり、初の体がん検診でドキドキ。
体がんはやはり、ちょっと「ん!」って感じだったが、なんとか終わった。
エコー検査では「子宮に筋腫がありますね」って言われたが、ホントに小さいもので様子見てて大丈夫との事。

結果は郵送で10日〜2週間後との事。


★4月30日

この日は彼とデートの日だった。
9時過ぎだったかな?帰ったら病院の封筒が届いていた。
このときは、な〜んにも考えず異常なしかな〜なんて軽い気持ちで中身を見た。
結果は、に○がついて先生のコメント
直ちに精密検査が必要ですので来院してください
サーーッと血の気が引くのが自分でもハッキリわかった。

一気に落ち込み、仕事なんかどうでもいいから明日病院にいこう!って決めた。

xxxnyaaaoxxxxxxnyaaaoxxx  at 03:00  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 円錐切除が決まるまで  

擬陽性が出るまで

★2007年8年

ここ2年ほどがん検診をしていなかったのと、生理前の不正出血がちょっと前からあり気になっていたので、子どもを出産したかかりつけの産婦人科にがん検診の行きました。
ここは結果を、電話で二週間後に聞く事になっており、専用番号に電話するがいつも話中でつながらない・・・。
悪かったら電話来るだろう!と、そのまま一ヶ月くらいたってしまった。


★2007年9月

ふと思い出し電話をかけるがやっぱり話中。
仕方が無いので、受付に電話をして事情を説明すると電話を回してくれた。
そこで思いがけず
「ガンではないけど、気になる細胞があると出てるのですぐにもう一度検査を受けに来てください」と言われる(゚∇゚ ;)エッ!?
このときクラスは教えてもらっていないが、もしかして靴箸だったのかな?


★2007年10月

再検査に行く。
今考えたらたぶんコルポ診をしたのだと思う。
「あ〜ポリープあるね。取っちゃうね!」と簡単に取れるほど小さいものだったようです。
「念のため検査に出すね!」と言われ、細胞診もして、結果はまた電話
この、結果を電話で聞くのもイヤだし
ちゃんと説明してくれなくて、不安は募るばかり。
8月のがん検診のときも、生理前の不正出血の話をすると
「大丈夫〜大丈夫〜」と、いとも簡単に扱われた

その後、結果を電話で聞く。
「クラス兇農犠鑒楼呂覆里如∈E戮錬競月後にがん検診してください。ポリープも良性でした。」と言われる。

ホッとしたが、なんともしっくりこなくて
6ヵ月後は別な病院にいこう!と決意する


ここで一度ひっかかったことで、6ヵ月後にまたがん検診をうけることになり
早期発見につながったと思っています。
無駄な事は何も無いのだと実感。

xxxnyaaaoxxxxxxnyaaaoxxx  at 02:14  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 円錐切除が決まるまで