空を見上げて
トップページ » 円錐切除が決まるまで
円錐切除が決まるまで

次の日

家でもかなり落ち込んでいました。
でも仕事に行かなきゃ!

次の日仕事に行くと、同じ部署の上司二人が心配してくれていました。
「今の医療では早期発見は100パーセント治るんだよ!大丈夫!」
「出来る事は何でもするから、一緒に頑張ろうね!怖かったね。」
と励まされ、張り詰めていたものが一気に崩れわんわんと泣いてしまいました。

怖くて一人では抱えきれず、友達なんかにも話はしていたけど、肝心の家族には話せませんでした。
心配性の母にはとても話せなかった。
子供達にも悟られないように、普通にするのが精一杯でした。



xxxnyaaaoxxxxxxnyaaaoxxx  at 06:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

先生のお話

先生の話では
高度異型成といってガンになる前の前がん病変の疑いで、この検査で高度異型成以上のものが出れば、検査と治療を兼ねての円錐切除術をします
と丁寧に教えてくれました。

子宮頚部の写真も、酢酸に染める前と染めた後で撮ったものを見せてくれ
病変部分も説明を受けました。
自分で見ても白い部分が多く、範囲が広いのかな?と不安になりました。
そして、プツプツと点のようなものが2箇所有り、そこも病変ですと説明を受け、もっと不安に。

「先生が見た感じではどうですか?」と聞いたら
「目に見てガンとわかる部分はありません」と言ってくれました。
本当かな〜とちょっと疑ってたけどね(笑)

切り取った組織も、ビンに入れたものを
「これを検査に出しますからね」と見せてくれました。


結果は2週間後。封書にて

xxxnyaaaoxxxxxxnyaaaoxxx  at 05:51コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

すごい出血

少し時間がたってから出血の状態を見るので中待合で待っててと言われ待ってました。
なんか下りたような気がしたのでトイレにいくと、出血してました。
ガーゼが入ってるにもかかわらず
その後だんだん多くなっていき、診察室に呼ばれた時には流れるように出ていて
「すごいんですけど・・・」と言ったけど
「ナプキン当ててそのまま来て」といわれ内診台へ。
この格好、ちょっと恥ずかしくないかい
ありえな〜〜い!

ガーゼを取ると、ドクドクと血が流れ出てくるのがわかった。
先生もちょっと焦っているよう。
止血パウダーを振りかけてちょっと様子を見るので、また中待合で待っててと言われた。
15分位してまた呼ばれ、内診台へ。
ガーゼを取るとまだ出血が多く、なかなか止まらない模様。


「出血が多いので焼いて止血しますね」と先生。
私はわけがわからず、ただ「はい」と言うしかなかった。
は〜?焼くって?怖いよーーーー!!
「少し熱いですけど我慢してくださいね。我慢できなかったら教えてください。休み休みやりますから」と言われた。
熱いと言うか痛いというか、我慢できなくて何度か休んでもらった。
それでもこれを我慢しないと帰れないんだと思ったら、我慢するしかなくて
それでも「うぅぅぅ」と声が出てしまい、先生も声をかけながら処置してくれる。
看護士さんもずっと横についててくれて
「大丈夫?」と何度も声をかけてくれて心強かった

ものすごい長い時間たったような気がしてたけど、実際は30分もたってないくらいなんだろうか?よくわかんないけど、処置が終わったときにはクッタクタになっていた。
一応出血は止まってるから大丈夫だよと言われ診察室を出たら患者さんは誰もいなかったΣ(゚д゚;)
どうやら私が午前最後になってしまったみたい。

午後から仕事に行こうと思っていたけど、とんでもなかった!
また電話して、事情を説明し休ませてもらう事に。

止血剤と抗生剤を処方され、やっとの思いで家にたどり着いた。
出血はまだ止まっていなかった。
家に帰ってきて、ずっと横になっていた。
6時くらいにガーゼを抜いてくださいねと言われていたので
恐る恐る抜く。
どっとレバーのような大きな血の塊が出てびっくり!
きっと止血剤のせいだと自分に言い聞かせて様子を見る。

少しづつ量は減っていったが、一週間くらい水っぽいおりものに血が混じってる感じだった。

10日後くらいにまた出血。
2日くらいで止まる。


xxxnyaaaoxxxxxxnyaaaoxxx  at 04:41コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

精密検査

★2008年5月1日

朝早く、病院へ行くのでお休みさせて欲しいと上司に電話。
幸い私の職場は女性がほとんどなので、上司も女性。
こうゆう時は助かる。
昨日からかなり動揺してて、ガンかもしれないと悪い方向にばかり考えてしまう。
病院までは1時間ちょっとかかり、行きの車の中で何度も涙が出てしまう。

今日は組織診。
子宮の入り口を拡大して酢酸をつける。
病巣があると色が変わるのだそう。
そこを狙い、組織をかじって詳しく調べる。
若い先生だけじゃなく、偉い?先生と確認しながら
「少し引っ張られるような感じがしますけど、我慢してくださいね〜」
と4箇所も取られた〜〜!
ちょっと痛かったけど我慢したよ。

でも、ここからが大変だった・・・。



xxxnyaaaoxxxxxxnyaaaoxxx  at 03:24コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

がん検診

★2008年4月17日

6ヶ月たったので、前とは違う大きい総合病院へ行ってがん検診。
初診だったので、来院理由や初潮年齢など記入する。
それに今までの経緯を詳しく書く。
診察になって呼ばれるが〜先生若い!いまどきの若者って感じ(笑)
でも、落ち着いてて感じよい。
話もきちんと聞いてくれるし、病院変えてみて良かった。
「一応、頸がんと体がん両方しましょう」ということになり、初の体がん検診でドキドキ。
体がんはやはり、ちょっと「ん!」って感じだったが、なんとか終わった。
エコー検査では「子宮に筋腫がありますね」って言われたが、ホントに小さいもので様子見てて大丈夫との事。

結果は郵送で10日〜2週間後との事。


★4月30日

この日は彼とデートの日だった。
9時過ぎだったかな?帰ったら病院の封筒が届いていた。
このときは、な〜んにも考えず異常なしかな〜なんて軽い気持ちで中身を見た。
結果は、に○がついて先生のコメント
直ちに精密検査が必要ですので来院してください
サーーッと血の気が引くのが自分でもハッキリわかった。

一気に落ち込み、仕事なんかどうでもいいから明日病院にいこう!って決めた。

xxxnyaaaoxxxxxxnyaaaoxxx  at 03:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!