空を見上げて
トップページ » 入院中
入院中

退院

また朝早くから点滴。
この時点で、点滴している腕がちょっと痛かった。
我慢していたが、だんだん切なくなってきてブルーになってきたのでナースコール。

血管痛だね、とのこと。
一回針を抜いて別な場所にするか、温めると少しよくなるからタオルで温めるか・・・と言われ、また別な場所にさすのは嫌だと思い、とりあえず温タオルで温める事に。

ちょっと良くなったような気はするけど、やっぱり痛い。

シャワーも浴びたいと言ったら、じゃ〜今の点滴が終わったら一回針を抜いて、もう一本の点滴は細い針でしましょう!となった。

あ〜楽チンになった〜♪
やっとシャワーだ〜♪

午前中の診察は担当医だった。
傷口も順調に回復してますとの事。
気になっていた、病気は取りきれたのか?聞いてみたら
「うん。取りきれてるよ。でも、何があったかは病理結果が出てみないとわからないけどね。あまり心配する事無いよ」ということだった。
やっぱり担当医に言われると安心(笑)

お昼前後に、もう一度担当医から詳しいお話があると言われていたので
会計を済ませ、昼食が終わってゴロゴロテレビを見ていた。
そうしたら担当医自ら私を呼びに来たではありませんか!
あせった(笑)
だって、てっきり看護士さんが呼びにきてくれるものだと思っていたから〜

ナースセンターでお話。
ここで、切り取った頚部のポラロイド写真を頂くオオーw(*゚o゚*)w
手術の詳しい話と、退院後はお風呂と性生活はだめ!これは何回も言ってた(笑)
あとは、仕事もすぐいいし、普通に生活して大丈夫です、と。

傷の創部がはがれて出血が多くなる事があるけど、生理の多い日くらいの出血があれば受診してくださいとのこと。

一度この病気になるとなりやすいので、定期的に検診はかかさないこと。
万が一また悪いものができたとしても、定期的に検診してる事で早期に発見できるし、もう一度円錐切除も出来ます。もし年齢的に子宮が必要ではなくなったときには子宮摘出って言う手もあるからね。だから、あまり心配する事無いよ。
検診は異常が無ければ少しずつ間を空けていって、一年たったらあとはもう一年おきでいいですから。でも必ず一年おきに!万が一悪いものがあった場合、一年おきなら早期で大丈夫です。でも2年空けると手遅れになりますから!


この言葉、肝に銘じておきます

最後の点滴を終えて、
彼に迎えに来てもらい2時ころ退院しました。

買い物をして、ご飯を食べて帰りました。

xxxnyaaaoxxxxxxnyaaaoxxx  at 22:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

手術翌日

入院3日目です。

朝方、体が痛くて何度も自分で寝返りを打つ。

朝から点滴。

朝食から食べられたが、五分がゆ。
でも、昨日は一日何も食べられなかったので嬉しかった!
入院中、食事は残さず頂きました
いつも自分で作って食べているので、誰かが作ってくれるというだけで有り難いです。

ベットを起こしての食事。
なんか病人みたい(笑)
まだ体の自由が利かなくてもどかしい。
寝てばかりだと体が痛いので、少しベットを起こしたままにしておく。

看護士さんが体を拭きに来てくれる。
ちょっと恥ずかしいがそんなことは言っていられない。
されるがまま(笑)
このとき、T字帯から生理用のショーツに履き替えさせてもらう。
とっても親切な看護士さんで、水が無い事に気が付いて買ってきてくれた
天使のようだ〜!
布団も暑かったがどうにも出来ず我慢していたが、暑いよね?と言って、布団をたたみバスタオルをかけてくれた。
そのほかも、身の回りをちゃちゃっと片付けてくれたりとっても有り難かった。


午前中、車椅子で診察室まで行く。
膣に入っていたガーゼを抜き傷のチェック。
出血は少ないよう。
またガーゼを入れて、尿管を抜き終わり。
これで歩いてトイレにいける。

手術を担当してくれた先生ではなくて若い女の先生だったが
一応「病気は取りきれたんですよね?」と聞いてみた。
「たぶん大丈夫ですよ!大丈夫だと信じましょう!」といわれ
余計不安になった
そのことを、あとから同じ部屋の人に話したら
「それって、私達が言うのと全然変わらないよね〜!それなら、手術をしたわけじゃないからわからないって言われたほうがまだいいよね〜」と、大笑いしてしまった。

点滴はずっとしてるが、自分で動けるようになったらとても楽だ。

なぜか入院したときから微熱があり、
手術後も7度8分くらいまであがってた。
ずっとアイスノンを貸してもらっていた。

昼食の時間になり、勝手に私のところに運ばれてきたので
「またおかゆか〜」と思って食べてたら、間違っていたようで普通食と取り替えていった!お昼は麺を頼んでいたので、そうめんだった。

面会時間は2時からで、今日は彼が来てくれた。
ケーキを買ってきてくれたが、病室では食べずらいし彼もいづらいかと思い食堂へ行くが、ここは手術中の家族も待っている場所になっているので人が沢山。
ロビーへ行ったり、点滴ぶら下げながらブラブラするが食べられる場所が無くて
別の階の食堂へ行ってケーキを食べる( ´∀`)つ
うまいっ!

彼は今日近くのホテルに泊まって、明日迎えに来てもらうので
一度ホテルにチェックインしに帰る。
私の夕食後にまた来るはずだったが、パチンコに行った様で
フィーバーがきて帰れないとメール。
来なくていいよ〜とメールするが、面会時間終了の30分くらい前に来た!
すぐ帰る時間になっちゃったけど、嬉しかった。



xxxnyaaaoxxxxxxnyaaaoxxx  at 22:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

術後

部屋に戻ってきたのは3時過ぎ。
ちょうど1時間です。
手術時間は19分と書いてあった。

組織診のときに大量に出血したので、出血のことを凄く心配していたんだけど
少なくて10mlくらいだったそう。
良かった〜〜!

術後から次の日歩けるようになるまでが一番辛かったです。
初めての麻酔で、部屋に帰ってきて足を動かそうとしてもどうにも動かない。
たぶん手術中は足を上げていたからだと思うけど、ベットに足を伸ばして寝てるのに、足が上がってるみたいで何度か確認する(笑)

意識はしっかりしていたと思う。

戻ってきたらベットの位置が微妙に棚から離れていて、ティッシュも携帯も手の届く位置にあったはずなのに全然届かなくて、ベットから下りそうになりながら必死に取ったよ。

感覚が戻ったのは何時ころだったのかな〜?
麻酔が切れてくると、お腹が痛くて痛くて我慢できず、ナースコールをした。
痛み止めの点滴を追加してくれ、その後薬が効いてきたようで楽になった。

夜中まで点滴だったので、何度も看護士さんが来てくれていた。
夜中に点滴が終わり、処理をしてくれているところに目が覚めた。
それからは寝たり起きたりで、あまりぐっすりは眠れず。

xxxnyaaaoxxxxxxnyaaaoxxx  at 19:43コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

いよいよ手術です

入院二日目。

6時・・・浣腸。我慢できずにすぐトイレへ。
     残便感があり、その後坐薬を使うが出ず、手術前にもう一回浣腸。
     結局できっていたようで、出ず。
10時〜点滴。剃毛。診察??
   記憶があいまいです(^-^;

手術室に入るのが1時の予定だったが、緊急手術が入ったとのことで1時間ほど遅れると、11時半くらいに知らされる。
母に、手術時間が遅れたのでゆっくりでいいよとメール。

早く終わらせてしまいたかったのでちょっとがっかり。
1時に薬を飲み、2時過ぎベットごと手術室へ向かう。
母が手術室の前で「行って来るね!」と母と別れる。

不思議とあまり緊張も無く、初めて入る手術室に「すご〜い」と感動していた。

手術室のベットに移され、腰に麻酔。痛かった〜。
麻酔が効いているか、冷たいものを胸から順に下にポンポンとされ
「触ってるのわかりますか〜?」と確認され。そのあと口にマスクのようなものをつけられ、そこから記憶が無い。

「終わりましたよ〜」と起こされ、切ったものを見せてくれたような気がするんだけど、それが茶色くて丸くドーナツのような形の記憶があって、あとでもらった写真のものとは全然違った。
もしかしたら、見せてもらったような気がしたのは夢かも(笑)
この辺、本当に記憶があいまいです。

あとで、同じ日に私の次に手術した同室の人と話をしていたら
手術室は音楽がかかっていたとか・・・その人は徳永英明だったらしいけど、私は全然記憶に無い・・あ〜もったいないことした


xxxnyaaaoxxxxxxnyaaaoxxx  at 17:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

入院一日目

平日の入院でしたが、子供達も着いていくと言い
学校を休んでうちの母と一緒についてきてくれました。

午前9時半までに受付。
10時ころ病室に案内され、すぐにナースステーションで看護士さんからのお話。
今までの経緯、家族構成や手術の話。
その後麻酔科へ行き、麻酔の話。

上の子と母はその辺をウロチョロしていたが、下の子は私のベッドに座りゲームをしていた。
ゲームをしたいわけじゃなく、何かで気をそらそうとしているのが私にはよくわかり辛い。
もうやることもないので、ちょうどお昼にもなるし帰っていいよと言う。
病棟のエレベーターで別れればよかったのだが、うっかりエレベーターに乗り下まで行ってしまった。
この辺から私はうるうる。
でも、子供達の前で泣いちゃいけないと思い必死でこらえる。
なんとか見送ったが、すぐにどっと涙があふれる。

遠回りして病室に帰ったが、涙が止まらなくて病室でもしばらく泣いていた。

少しして回診になり、逃げる事も出来ず真っ赤に泣きはらした顔を先生に見られてしまった。担当医ではなかったけどね。


午後・・外来で内診。手術する場所を確認しているようだった。
    手術してくれる担当ナースが病室まで説明に来てくれる。
    薬局の方が薬の説明に来る。

18時・・夕食。夕食後は飲食禁止。水は明日11時までOK。

21時半・・消灯。眠剤を飲まなくても眠れそうだったが念のため飲んでん寝る。
     2時くらいまではぐっすり寝たが、子供の泣き声やなんかで目が覚め、
     それからは寝たり起きたり。
 




xxxnyaaaoxxxxxxnyaaaoxxx  at 12:14コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!