自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律施行令
(平成十四年二月六日政令第二十六号)

(申請書の添付書類)
第一条
 自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律(以下「法」という。)第五条第一項の政令で定める書類は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める書類とする。
一 法第四条の認定を受けようとする者が個人である場合
  イ 戸籍の謄本若しくは抄本又は外国人登録原票の写し
  ロ 認定を受けようとする者を成年被後見人又は被保佐人とする記録がない旨の◆登記◆事項証明書(後見◆登記◆等に関する法律(平成十一年法律第百五十二号)第十条第一項に規定する◆登記◆事項証明書をいう。次号ホにおいて同じ。)
  ハ 法第二条第一項に規定する自動車運転代行業(以下単に「自動車運転代行業」という。)に関し民法(明治二十九年法律第八十九号)第六条第一項の規定により営業を許された◆未成年◆者にあっては、◆未成年◆者の◆登記◆事項証明書
  ニ 法第三条第五号ただし書の適用を受ける◆未成年◆者にあっては、法第二条第二項に規定する自動車運転代行業者(以下単に「自動車運転代行業者」という。)の相続人であることを法定代理人が誓約する書面、被相続人の戸籍の謄本並びに法定代理人に係るイ及びロに定める書類

塩事業法施行規則
(平成八年七月十八日大蔵省令第四十五号)

(登録申請書の添付書類)
第七条
 法第五条第三項に規定する財務省令で定める書類は、次に掲げる書類とする。
一 登録申請者が個人である場合にあっては、次に掲げる書類
  イ 登録申請者(◆未成年◆者(法第五条第二項第三号に規定する◆未成年◆者をいう。ロ及びハにおいて同じ。)又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあっては、その法定代理人(法第五条第二項第三号に規定する法定代理人をいう。ロ及びハにおいて同じ。)を含む。)の住民票の抄本又はこれに代わる書面
  ロ 登録申請者(◆未成年◆者又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあっては、その法定代理人をいう。)が法第七条第一項第三号及び成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人に該当しない旨の市町村(東京都の特別区を含む。)の長の証明書
  ハ 登録申請者(◆未成年◆者又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあっては、その法定代理人をいう。)の後見◆登記◆等に関する法律(平成十一年法律第百五十二号)第十条第一項第一号に規定する◆登記◆事項証明書
  ニ 登録申請者が営業に関し成年者と同一の行為能力を有する◆未成年◆者であるときは、◆未成年◆者の◆登記◆事項証明書
二 登録申請者が法人である場合にあっては、定款又は寄附行為及び◆登記◆事項証明書
2 法第五条第三項に規定する法第七条第一項各号のいずれにも該当しないことを誓約する書面は、別紙様式第二号により作成しなければならない。


(登録申請書の添付書類)
第十四条
 法第十六条第三項に規定する財務省令で定める書類は、次に掲げる書類とする。
一 登録申請者が個人である場合にあっては、次に掲げる書類
  イ 登録申請者(◆未成年◆者(法第五条第二項第三号に規定する◆未成年◆者をいう。ロ及びハにおいて同じ。)又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあっては、その法定代理人(法第十六条第二項第三号に規定する法定代理人をいう。ロ及びハにおいて同じ。)を含む。)の住民票の抄本又はこれに代わる書面
  ロ 登録申請者(◆未成年◆者又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあっては、その法定代理人をいう。)が法第十七条において準用する法第七条第一項第三号及び成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人に該当しない旨の市町村(東京都の特別区を含む。)の長の証明書
  ハ 登録申請者(◆未成年◆者又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあっては、その法定代理人をいう。)の後見◆登記◆等に関する法律(平成十一年法律第百五十二号)第十条第一項第一号に規定する◆登記◆事項証明書
  ニ 登録申請者が営業に関し成年者と同一の行為能力を有する◆未成年◆者であるときは、◆未成年◆者の◆登記◆事項証明書
二 登録申請者が法人である場合にあっては、定款又は寄附行為及び◆登記◆事項証明書
2 法第十六条第三項に規定する法第十七条において準用する法第七条第一項各号のいずれにも該当しないことを誓約する書面は、別紙様式第十三号により作成しなければならない。


(登録申請書の添付書類)
第十八条
 法第十九条第三項に規定する財務省令で定める書類は、次に掲げる書類とする。
一 登録申請者が個人である場合にあっては、次に掲げる書類
  イ 登録申請者(◆未成年◆者(法第五条第二項第三号に規定する◆未成年◆者をいう。ロ及びハにおいて同じ。)又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあっては、その法定代理人(法第十九条第二項第三号に規定する法定代理人をいう。ロ及びハにおいて同じ。)を含む。)の住民票の抄本又はこれに代わる書面
  ロ 登録申請者(◆未成年◆者又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあっては、その法定代理人をいう。)が法第二十条において準用する法第七条第一項第三号及び成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人に該当しない旨の市町村(東京都の特別区を含む。)の長の証明書
  ハ 登録申請者(◆未成年◆者又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあっては、その法定代理人をいう。)の後見◆登記◆等に関する法律(平成十一年法律第百五十二号)第十条第一項第一号に規定する◆登記◆事項証明書
  ニ 登録申請者が営業に関し成年者と同一の行為能力を有する◆未成年◆者であるときは、◆未成年◆者の◆登記◆事項証明書
二 登録申請者が法人である場合にあっては、定款又は寄附行為及び◆登記◆事項証明書
2 法第十九条第三項に規定する法第二十条において準用する法第七条第一項各号のいずれにも該当しないことを誓約する書面は、別紙様式第二十四号により作成しなければならない。


たばこ事業法施行規則
(昭和六十年三月五日大蔵省令第五号)

(登録申請書の添付書類)
第十条
 法第十一条第三項に規定する財務省令で定める書類は、次に掲げる書類とする。
一 登録申請者が個人である場合にあつては、次に掲げる書類
  イ 登録申請者(◆未成年◆者(法第十一条第二項第三号に規定する◆未成年◆者をいう。ロ及びハにおいて同じ。)又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあつては、その法定代理人(自ら輸入した製造たばこの販売に係る営業に関し代理権を有する者に限る。ロ及びハにおいて同じ。)を含む。)の住民票の抄本又はこれに代わる書面
  ロ 登録申請者(◆未成年◆者又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあつては、その法定代理人をいう。)が法第十三条第三号及び禁治産者に該当しない旨の市町村(東京都の特別区を含む。)の長の証明書
  ハ 登録申請者(◆未成年◆者又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあつては、その法定代理人をいう。)の後見◆登記◆等に関する法律(平成十一年法律第百五十二号)第十条第一項第一号に規定する◆登記◆事項証明書
  ニ 登録申請者が営業に関し成年者と同一の行為能力を有する◆未成年◆者であるときは、◆未成年◆者の◆登記◆事項証明書
二 登録申請者が法人である場合にあつては、定款又は寄附行為及び◆登記◆事項証明書
2 法第十一条第三項に規定する法第十三条各号に該当しないことを誓約する書面は、別紙様式第二号により作成しなければならない。


(許可申請書の添付書類)
第十九条
 法第二十二条第三項に規定する財務省令で定める書類は、次に掲げる書類とする。
一 許可申請者が個人である場合にあつては、次に掲げる書類
  イ 許可申請者(◆未成年◆者(法第二十二条第二項第三号に規定する◆未成年◆者をいう。ロ及びハにおいて同じ。)又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあつては、その法定代理人(製造たばこの小売販売に係る営業に関し代理権を有する者に限る。ロ及びハにおいて同じ。)を含む。)の住民票の抄本又はこれに代わる書面
  ロ 許可申請者(◆未成年◆者又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあつては、その法定代理人をいう。)が破産者で復権を得ないもの又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人に該当しない旨の市町村(東京都の特別区を含む。)の長の証明書
  ハ 許可申請者(◆未成年◆者又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人である場合にあつては、その法定代理人をいう。)の後見◆登記◆等に関する法律(平成十一年法律第百五十二号)第十条第一項第一号に規定する◆登記◆事項証明書
  ニ 予定営業所の位置を示す図面(自動販売機を設置する場合には、自動販売機設置予定場所を明示したもの。)
  ホ 許可申請者が営業に関し成年者と同一の行為能力を有する◆未成年◆者であるときは、◆未成年◆者の◆登記◆事項証明書