処分禁止と占有移転禁止も併用してもだめですね。占有を解く執行も何度してもだめ。
しかし、最後の手段である債権者占有は、したくないのか・裁判所が認めないのかしないですね。