Kさんからコメントを頂きました。
ラバーの厚さってたしかに最近はトクアツにする目的ある?って思うこともあります。


【Kさんのコメント】
最近ラバーを一段階厚くして特厚にするかどうか悩んでいるのですが、基本的にラバーは厚い方がいいんでしょうか?
1番厚いスポンジで細かい技術は練習すべきなのか、それとも一段階落とした厚みを使うべきなのか分からなくなってきました。
その辺の考え方をぜひ教えてください。

【EXの回答】
まず、特厚が一番良いということはありません。薄いからダメということもありません。
某社が極薄のラバーを勧めていますが、
あの意見にはかなり同意します。

特に太陽を極薄にしたあたりはラバーの性能を良く理解していると感じます。
…もうちょい安ければねww

話が逸れましたが、まず厚いことのメリット。
厚いことのメリットはスピード、回転量、弾みだけです。

正直トップ選手、特に男子は特厚が多いので皆さん特厚を選びますが、正直実業団クラスでも厚を使う選手はいますし、重さなどで無理をするくらいなら厚でいいと思います。

特にペンの裏面なんかは振れないのに特厚で見栄をはる意味はありません。

ただ、スピードや弾みは若干落ちますがね…
自分は厚では物足りない。
しかし若干の違いなのでそれを気にするかどうかになりますね!
まあ表ソフトを使うなら絶対アツにしますけど…
理由は以下にあります。。


薄くすることのメリット
ラバーが薄くなることのメリットですが、
ラケットで打つ感覚が非常に感じ取りやすいことです。
つまりスマッシュ、ミートがやりやすい。
また、ラケットの感覚があるのでレシーブがやりやすいです…まあ弾まないからというのもありますが。

極薄にするとかなりラケット感があるので、レシーブはめちゃくちゃやりやすいなります。
前述の太陽だと、くい込みを抑えてあるので更にラケット感があがり、レシーブ、ミート打ちで威力を発揮しますね。
ドライブで打ち抜くタイプでなければ試す価値ありです…



ヨーロッパ選手が独特の振り方でドライブをかけるのがうまいのは、初心者の頃からトクアツの弾むラバーで卓球を始めるからだと言う理論があります。

弾むので回転を掛けないと台の中に入らない。
なので自然と回転を掛ける打ち方が多くなる。

これに倣って、日本でも最近比較的弾むヴェガやエクステンドを初心者の時に使わせるクラブも増えて来てますね。

逆に薄いラバーから始める日本では、
ミート系の打ち方が覚えやすくなっています。
しかし、レベルが上がるにつれミートを使わないプレーに変わる人が多い。
指導方針やラバーが厚いことが影響しているのではないでしょうか?

これは少しもったいないですね…
スマッシュ系のボールというのは非常に得点力のある武器なのに、男子選手で使う人が少ない。


とりあえずまとめてみます。
【トクアツ】
スピード、スピン、ボールの威力がどうしても欲しい人にはトクアツ!

【アツ】
ミート打ちを混ぜたい。ボールの威力重視ではない。レシーブのコントロールが苦手ならアツ!
あとは表ソフト!!

【中】
ミート打ちメインの選手や、
ペンの裏面などにオススメ。。

【ウス、ゴクウス】
ドライブは決め球ではなくチャンスボールを作るための技術として考えてプレーする人。
スマッシュ中心の卓球をする人なら面白い選択肢ですね!



ちなみに余談ですが、
車椅子卓球の選手はウス、ゴクウスを使うことが多いのですが、これは台上の技術と目線が低いことからミート系技術が必然的に多くなるからだと思います。

しかしウスや中でもかなりのスピードを打って来る方もいますよ?
皆がトクアツだから…という理由ではなく自分の考えでラバーを選択するのが良いかと思います!