《北陸の春》《風に舞う》

2017年03月17日

《リフ編み球の編み方》

55


リフ編みで桜玉のような球を作ろうとして、いちどは動画を見始めたけど
ずっと見てると疲れてくるので
もう自分で工夫することにする。

基本のリフ編みは こちらの動画参考で。

<1セット>動画のとおり
一目を長めに引き出し、針に糸をかけ未完成の中長編みを3つ作り
左端の糸を抑えながら糸を引き出し、抑えていた輪っかの間から糸を引き出し、鎖一目でしめる。
55

こういう球体を作っても猫や犬のおもちゃにするわけでもなく、もう作ることもないだろうけど、せっかく球形を目指して試行錯誤したので書いておこう。


中心から編むので、糸の輪か鎖目で作った輪の中に立ち上がりの1セットを編む(図の黒色)
以下1セットを”一目”ということに。
1段目(赤) 立ち上がり目に続き、2目一度を4回編み、最後の1セット(目)は立ち上がりの目の頭に引き抜く(これで桜状の5目ができる)
2段め(緑) 立ち上がり目のあと、2目一度を8回。最後の目はスタートの目に引き抜く
3段目(赤) 同じく2目一度だが、球体になるよう目が減っていくようにする。(図参照)
4段目(緑) 3目一度を繰り返し最後は2目一度でスタートの目に。
5段目(赤) 同じく。球になるよう各1目は小さめに。
6段目(緑) 3目一度で球の下部が小さくなっていくよう
あとは全体の形を見ながら、丸くなるように編んで行き、なんとか収束させる。


永遠 at 21:00│ 編み物 
《北陸の春》《風に舞う》