《かつ消えかつ結びて》《リフ編み球の編み方》

2017年03月09日

《北陸の春》

40

たしか、ちょっと曇っているだけだったはずが、30分ほどして建物から出てくると…
え?! そこは芝生と向こうは海だったのに、いきなりの雪景色。
もうどこからが海なんだか、、(敦賀にて)

12

翌日。寝る前はどうもなかったのに、朝窓から見ると、一面真っ白、昨日は曇っていて見えなかった白山連峰も銀色に。15〜20cmは軽く積もっているようにみえる(加賀にて)

車に吹き付ける大量の雪はべっちゃべちゃで、ワイパーで掻きのけても絶え間なく襲ってくる。

天候の崩れ方、変わり目が早いんだけど、ここ在住の人は平気で「こんなもんですわ」と言ってる。

店の2階で食事している時、奇跡的にぱぁああっと日が差してきて、良かった!と思っても1階に降りたらまた時雨れて、次第にベタ雪に変わる。

これじゃ洗濯物が干せないだろうなと他人事ながら思うけど、雪のわりに寒くはないので助かる。










永遠 at 21:00│ 日本あちらこちら 
《かつ消えかつ結びて》《リフ編み球の編み方》