《右京中央図書館》《コタローは一人暮らし2》

2017年03月30日

《ハトロン紙を探して》

残っている着物のリフォームをしようと思い、良い本は見つかったのだけど、型紙を写すハトロン紙がない。

昔、洋裁を習っている頃は家にハトロン紙があるのが当たり前だったし最近は使うこともないので、どこに行けばゲットできるのか?(忙しすぎる宅急便さんはあまり利用しないようにしているので自分で見つけよう)

大きな手芸用品店なら置いてあるだろうけど遠いし、トレーシングペーパーなら100均に有ることもあるそうなので、ホームセンターや大型スーパーも含め走ったのだけど見当たらず。。

普通に考えると文房具店がいいのだろうけど、近所のは2店閉店してしまったし。
で、調べると1店見つかったので入っていくと、「ハトロン紙?こちらに入って見て下さい」とどんどん店の奥に案内される。
さすが、京都のお店。入り口はそうでもないのにどこまで奥があるのよ?と薄暗い蔵みたいなところに着くと有りましたねぇ♪

80×110cmぐらいのが5枚で100円ちょっとって安〜

無事ハトロン紙は買えたけど、走り回ったせいか、今年は花粉症が例年になく軽かったのに一気に悪化。
明日からは引きこもろう。








永遠 at 10:00│ つれづれに | 手芸・工作
《右京中央図書館》《コタローは一人暮らし2》