宇仁

御飯とか。 log

県産コシ偽装、福島米を混入か
大阪の業者、昨秋から大量仕入れ

 本県産コシヒカリと偽装表示して別の品種のコメを混ぜて販売したとして、新潟東署などに不正競争防止法違反の疑いで逮捕された大阪府の米穀販売業者が、昨年10月から今年2月にかけて「福島ひとめぼれ」の精米を大量に仕入れていたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は、昨年3月の東京電力福島第1原発事故による風評被害の影響などで価格が下がったコメを、高値で売れる県産コシヒカリと偽って販売し、利益を得ていた疑いもあるとみて調べている。

新潟日報2012年5月18日

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/35545.html

イランからの原油荷積みに支障の可能性−資産凍結の余波


  5月17日(ブルームバーグ): 三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱東京UFJ銀行の口座にあるイラン政府・中央銀行の資産(26億ドル相当)が凍結されたことで、イランの日本向け原油の荷積みに支障が出る可能性が強まっている。複数の石油元売り関係者が匿名を条件に明らかにした。

日本のイラン原油輸入をめぐる決済は三菱東京UFJ銀が一手に取り扱っている。イラン国営石油会社は三菱東京UFJ銀に代わる決済手段が見つかるまで、日本向け原油の荷積みを停止する可能性があるという。

欧州連合(EU)は7月1日から対イラン経済制裁が本格的に始まるが、それを前に日本のイラン原油輸入に新たな課題が浮上した。三菱東京UFJ銀の広報担当の高阪朋宏氏によると、米ニューヨーク地裁がイランの資産を凍結する指示を同行に対し出した。1983年にレバノンで起きたテロ事件の証拠調べに関連し、同行が管理するイラン政府の資産総額の開示と資産凍結を指示する内容で、これを受け入れた。

三菱東京UFJ銀の広報担当、松本真也氏によると、同行は16日、地裁の指示が日本国内の口座に影響する可能性があることを不服として、地裁に異議を申し立てた。

政府関係者によると、経済産業省が財務省などの省庁とイランの原油輸入を継続するために今後の対応を協議中。  

記事についての記者への問い合わせ先:東京 岡田雄至 yokada6@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Alexander Kwiatkowski akwiatkowsk2@bloomberg.net
更新日時: 2012/05/17 17:40 JST

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M45RAC6JTSE801.html


三菱東京UFJ銀がイラン政府口座を一時凍結 米NY州地裁の指示で 
2012.5.17 10:27

 三菱東京UFJ銀行が米ニューヨーク州地裁からイラン政府の資産を凍結するよう指示を受けたことが17日分かった。イラン政府を相手取った損害賠償訴訟の賠償財源を確保するのが目的とみられる。これを受け、同行はイラン政府や中央銀行の関連口座を一時的に凍結するとともに、金融庁などと対応を協議している。

 イラン政府が三菱東京UFJ銀に持つ口座は、日本企業がイランから原油を輸入する際の代金の決済などに使われている。同行では口座を通じた決済を停止しているが、決済停止が長期化すれば、原油輸入に大きな影響が出る恐れがある。

 三菱東京UFJ銀が今月初めに米ニューヨーク州地裁から指示書を受け取った。指示は1983年にレバノンで起きた米海兵隊司令部爆破テロをめぐり、遺族がイラン政府の関与を主張した訴訟に関連したもので、損害賠償の財源を確保するため、イラン政府や中央銀行が同行に持つ口座の内容を開示するよう求めるとともに、26億ドル(約2千億円)を上限として資産を凍結するよう要求した。

 回答期限は今月下旬に設定されており、同行は政府と協議しながら対応を検討している。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120517/fnc12051710290009-n1.htm

東京湾の海底土のセシウム、7か月で13倍に

 東京湾の海底土に含まれる放射性セシウムが、昨年8月から約7か月間で1・5〜13倍に増えたことが、近畿大の調査で分かった。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出されたセシウムが、河川から東京湾に流れ込んだとみている。

 同大の山崎秀夫教授(環境解析学)は今年4月2日、荒川の河口付近など東京湾内の3か所で海底土を採取し、分析した。深さ1メートルまでの土に含まれるセシウムの量は1平方メートルあたり7305〜2万7213ベクレルで、昨年8月20日の調査結果(同578〜1万8242ベクレル)を3か所とも上回った。

 海底面から深さ6センチまでのセシウム濃度(1キロ・グラムあたり)は321〜397ベクレルで、やはり8月20日の調査結果(75〜320ベクレル)を上回った。河川の泥にたまったセシウムが少しずつ東京湾に流れ込んでいるためとみられる。
(2012年5月13日20時14分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120513-OYT1T00617.htm

天然ナマズで基準超放射性セシウム
5月11日 23時30分

埼玉県吉川市の川で採取された天然のナマズから、国の新しい基準を上回る放射性セシウムが検出され、埼玉県は天然のナマズを捕ったり食べたりしないよう呼びかけています。

埼玉県は今月1日、吉川市の中川の新川橋の近くで採取した天然のナマズから、国の新しい基準の1キログラム当たり100ベクレルを上回る130ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表しました。
埼玉県によりますと、この流域では漁業者によるナマズ漁は行われておらず、市場には流通していないということです。
埼玉県は埼玉東部漁業協同組合や吉川市などを通じて、釣りをする人などに対して周辺でナマズを捕ったり食べたりしないよう呼びかけています。
一方、埼玉県が吉川市など合わせて3か所で池で養殖されているナマズを調べたところ、いずれも国の基準を下回ったということです。
埼玉県は今後、中川の流域で重点的にナマズの調査を行い、放射性セシウムの値を確認することにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120511/k10015067171000.html

神栖ヒ素問題 茨城県の責任認める
5月11日 17時8分

茨城県神栖市の住民が、旧日本軍の毒ガス兵器の原料とみられる有機ヒ素化合物に汚染された井戸水を飲んで健康被害を受けたとして、国や茨城県に損害賠償を求めている問題で、国の公害等調整委員会は、茨城県に対し、住民37人に5万円から300万円を支払うよう県に命ずる裁定を出しました。
公害等調整委員会によりますと、昭和47年に裁定制度が始まって以降、健康被害に関する行政の責任が認められたのは初めてです。

この問題は、茨城県神栖市の住民39人が、旧日本軍の毒ガス兵器の原料とみられる有機ヒ素化合物に汚染された井戸水を飲んで、平成12年ごろから手のふるえや頭痛などの健康被害が出たとして、国や茨城県に対して1人当たり300万円の損害賠償を命じるよう国の公害等調整委員会に求めているものです。
11日、公害等調整委員会が出した裁定では、平成11年に神栖市内の井戸水から環境基準の45倍もの高濃度のヒ素が検出され、汚染が相当範囲に拡大していると示唆されるにもかかわらず、調査範囲を広げることなく、さらに周辺住民に高濃度のヒ素汚染を周知しなかった茨城県の対応は著しく不合理だったと言わざるをえないとしています。
そのうえで、39人の住民のうち、汚染された井戸水を飲むのをやめたあとに生まれた子ども2人を除く37人について、健康被害や生活権の侵害が認められるとして、1人当たり5万円から300万円を支払うよう県に命じる裁定を出しました。
公害等調整委員会によりますと、昭和47年に裁定制度が始まって以降、健康被害に関する行政の責任が認められたのは、初めてだと言うことです。
一方、国については、何者かが有機ヒ素化合物をコンクリートに混ぜて廃棄したのが汚染の原因で、国の責任は認定できないとしています。

汚染された井戸水で作ったミルクを飲ませていた長男に知能の発育の遅れが出るなど、家族で健康被害を受けている神栖市の青塚美幸さんは、茨城県の責任を認める裁定を聞いて「長男の障害が自分たちのせいじゃなかったということで、すごく気持ちが楽になりました。茨城県には、どんな形であれ謝罪してもらいたいし、これから障害が進んでいくことも考えられるので、しっかりとフォローしてもらいたい。委員会で審理しても無駄ではないか、という思いが強かったが結果がこういうふうに現れてすごくよかったと思う。これを機に、もっと前を向いて歩いていきたい」と話していました。
また、住民側の南典男弁護士は「茨城県に対しては全面的に主張が認められたと考えている。県には裁定を謙虚に受け止めもらい、裁判を起こすようなことのないよう求めていく。国は現在、暫定的な支援を行っているが住民の健康不安があるかぎり、継続的に支援を行える仕組みを整えるよう、国と話し合いを進めていきたい」と話しています。

一方、茨城県は、11日夕方、記者会見を行いました。
この中で生活環境部の大部好廣次長は「当時としては適切な対応をしたが、茨城県の主張が認められず、遺憾です。今後については、裁定内容を詳細に検討し、弁護士と協議したうえで対応していきたい」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120511/k10015053131000.html

射撃のすごい容量のやつインストールした
じゃがーとかlungを撃ってとか(´・ω・`)いっかいじゃがーに食べられた。(`ロ´;)

たのしい狂ったようにUPしてた
なめこ栽培慣れてきたいっぱい採れるし(*´∀`*)
お母さんのアンドロイドあほみたいに綺麗に写真取れるよ

9県51品目で超過=食品放射性セシウム新基準−適用から1カ月・厚労省

 食品の放射性セシウムの新基準値が適用されてから1日で1カ月を迎える。厚生労働省によると、29日までに肉や魚、野菜など一般食品の新基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えたことが判明したのは、岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、神奈川の9県の計51品目333件。魚や原木シイタケなどが多いが、同省は「数値が高くなりやすい食品を多く調べており、想定されたものから検出されている」としている。
 暫定規制値では、一般食品は同500ベクレルとされていた。新基準値は子どもに配慮して「乳児用食品」(50ベクレル)の区分を新設、「牛乳」と「水」を200からそれぞれ50、10ベクレルとしたが、この3分類で新基準値を超えたものは出ていない。(2012/04/30-14:52)

http://jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012043000185
99でも混ぜて薄めてろうが出回れる状態なのかな

法人税法違反の疑いで卸売会社を告発


 人気アーティストaikoのコンサートグッズの卸売会社など2社が法人税およそ4800万円を脱税したとして東京国税局から刑事告発されていたことがわかりました。

 法人税法違反の疑いで刑事告発されたのは、東京・立川市のコンサートグッズ卸売会社「ファッド」と渋谷区の音楽制作会社「フラッグシップ」、それと2社の長美郁社長(39)です。

 関係者によりますと長社長は架空の制作費を計上するなどして経費を水増しし、去年までの3年間に2社あわせておよそ1億6千万円の所得を隠し、法人税およそ4800万円を脱税した疑いがもたれています。

 「ファッド」は2年前まで、aikoのコンサートで販売されるタオルやTシャツなどの卸売りをしていて、JNNの取材に対し長社長は「二度とこのような指摘を受けないよう、健全な経営と納税に努めます」とコメントしています。(24日11:10)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5012098.html

食品の放射能検査「独自基準やめて」 農水省が通知

 食品の放射性物質検査をめぐって、農林水産省は20日、スーパーや食品メーカー、外食産業などの業界団体(270団体)に対し、国が設けた放射性物質の基準を守るよう求める通知を出した。国よりも厳しい独自基準を設けて自主検査を実施し、「『放射性物質不検出』の食品しか売りません」などとする動きに歯止めをかけるのが狙いという。

 国は4月から、それまでの暫定基準を改め、新基準(一般食品の放射性セシウムは1キロあたり100ベクレル、牛乳と乳児用食品は50ベクレル、飲料水10ベクレル)を施行した。

 通知は同省食料産業局長名で出され、民間に広がる自主検査に対する注意喚起の形をとっている。通知は、この新基準が国際的な指標と比べても、さらに厳しい設定であることを強調。「過剰な規制と消費段階での混乱を避けるため、自主検査においても食品衛生法の基準値に基づいて判断するよう周知をお願いします」と記している。

http://www.asahi.com/politics/update/0421/TKY201204200862.html

>国よりも厳しい独自基準を設けて自主検査を実施

「『放射性物質不検出』の食品しか売りません」などとする動きに歯止めをかけるのが狙い


徹底してますね

このページのトップヘ