2005年09月10日

Russian Loophole in Kyoto Protocol

この前、「そもそも京都議定書自体が巨大な抜け穴と言うも愚かな巨大な抜け穴を前提にしている目くらましである」と書いたが、その続編。目くらましは、京都議定書版Tax Havenだけではないのだ。実は京都議定書自体がグローバルな自由貿易の促進のために巧妙に仕組まれている
CO2の削減目標は1990年を基準年として2008-20012年までにEUはマイナス8%、アメリカ(批准せず)はマイナス7%、日本マイナス6%、ところがロシアだけが0%なのだ。(中国は対象外)
さらに1990年から99年の排出量の推移(%)を見ると、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
旧ソ連-34.2
ロシア-27.8*
中国 +29.8
EU -1.0
米国 +14.4
日本 +10.7
全世界+10.2
(注)IEA STATISTICS CO2 EMISSIONS FROM FUEL COMBUSTION 2001 EDITION、*ロシアの比率は旧ソ連の数値からの推定。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
となっている。
なぜロシアだけが1990年レベルから暴落したかというと、91年のソ連崩壊後、経済が破綻し、産業が麻痺してしまったからだ。加えて統計もいい加減になったと推測される。
しかも、ロシアの削減目標は1990年レベルから0%。言い換えれば、今から約30%増やしてもかまいませんよ、という増加目標なのだ。
京都議定書の削減目標の基準年が1990年に設定されたのは、このためだ。
これは、ロシアだけだなく、経済的結びつきを強めるEUにとっても、大変好都合だ。京都メカニズム、取り分けクリーン開発メカニズム(CDM)を利用してビジネスチャンスを広げられる。30%分の増加枠をロシアとシェアできるのだから。
先進国は、自国生産から途上国での生産へシフトするポスト工業社会に移行しつつある。言い換えれば、もうそれほど二酸化炭素を増やす必要はないのだ。ロシアのみならず、ロシアと同じような状況の東欧にはEUの企業が京都議定書利権 を求めて殺到している。まだ耐用年数がある事業施設もエネルギー消費が非効率という理由でさっさとEUの最新プラントに変えようとしている。
一見、環境に優しい事業にも見えるかもしれないが、ロシアとのビジネスで排出権を譲ってもらえるし、自国の製品は売れるし、シェアは拡大できるし、願ったり叶ったりだ。
こんなグローバルな詐欺商法あっていいのかね。
[2007/2/12追記]池田信夫 blog:「京都議定書よりも賢明な政策」のコメント欄読んだら
あの寒くて貧乏なロシアが対象国で、中国が「途上国」扱いというのはおかしいですね
なんて書かれている。なんか、こういうコメント読むと、今だ京都議定書の本質が浸透していないのだなあ、と実感される。タイトルだって本来は「京都議定書よりも賢明な政策」でなく「食わせ物の京都議定書なんか・・・」であるべきなのだが。京都議定書批判派でさえこうなのだから、みんなだまされているのかもしれない。為政者が本気で取り組んでいないのは、当然と言えば当然なのだが。
へえぇ〜ならClick⇒人気blogランキングにほんブログ村 経済ブログへ

Posted by y0780121 at 18:43│Comments(0)TrackBack(6)clip!

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
今日のテレ東のWBSでロハス(LOHAS)つうのを紹介していました、自分と地球環
ロハス(LOHAS)と地球温暖化の闇?【時事を考える】at 2005年09月21日 12:38
livedoor ニュース:地球温暖化で戦争や恐慌に匹敵する経済的損失 元ネタはここ。でもイマイチ迫力ない。
温暖化は戦争や恐慌より怖い【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2006年10月31日 17:54
筑紫哲也NEWS23 地球環境スペシャル「地球破壊」〜アメリカ・ゴア前副大統領が筑紫と市民に明かす真実〜 を見る。20日から公開される映画「不都合な真実」の前宣伝も兼ねた市民参加トーク番組だが、内容的には相変わらずという印象が否めない。
ゴアvsブッシュ@「不都合な真実」【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年01月17日 21:15
池田信夫 blog:経済学は役に立つか 経済学って大したもんじゃない。「憂鬱な科学」という蔑称に示されるように、それは自然科学のまねをしようとしてできない中途半端な学問である。 確かに歴史的にそうだったかもしれないが、今後はそんな悠長なこと言っていられなくなるだ...
自然科学が経済学を模倣する時代へ【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年02月21日 12:05
田中宇の国際ニュース解説:地球温暖化の国際政治学  かなりユニークな国際政治解説だとは思うけれど、もうちょっと基本というか精読すべきというか・・・。
田中宇さんの地球温暖化トンデモ学【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年02月28日 16:35
先進国のCO2、EUが30%削減を提唱(日経) 「EUは野心的な目標を公約した。国際社会に対応を求めていく」。独環境相として議定書取りまとめに奔走した経験を持つメルケル独首相は9日の記者会見で強調。 「野心的」にあたる英語のambitiousには「大袈裟な」という意味もある...
EUのCO2排出30%削減案の欺瞞【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年03月22日 13:41