2006年01月22日

大相撲に見る辺境の外部化

久々に日本人力士栃東の優勝となったわけだが、外国人力士が席巻する以前にも、横綱の輩出地は戦後から辺境へと移動し、ここに来て辺境を越えて外国へと移動したに過ぎないことが分かる。
こちらのサイトの歴代横綱を見てみると、元々江戸時代に遡っても、辺境出身ばかりだった。谷風や小野川は今では仙台市や大津市だが当時としてはかなりの田舎だった。横綱の出身地が戦後どんどん辺境化してきたことが分かる。
明治以降、当時の大都市あるいはその圏内の出身横綱を数えてみると、明治は21代若島(千葉県市川市)、大正では23代大木戸(神戸市)、26代の大錦卯一郎(大阪市)、28代大錦大五郎(愛知県海部郡) 。
昭和戦前までだと、33代武蔵山(横浜市)、34代男女ノ川(茨城県つくば市)、 37代安芸ノ海(広島市)と7人のうち3人を占める。
昭和戦後となると、40代東富士(東京都)、44代栃錦(同)、の2人だけ、昭和戦前の倍以上の期間にもかかわらずだ。ちなみに46代朝潮はこのサイトでは神戸市となっているが、実際に少年期を過ごしたのは徳之島だ。
替わりに戦後台頭したのが「辺境」の地だ。北海道8人、青森県6人と急増する。多くなっている。46代朝潮(徳之島)、50代佐田の山(五島列島)のように離島出身者もいる。
平成になると、若貴兄弟が東京都出身だが、これは本来の花田家が青森であるのを考えると、例外的と見なすべきだろう。今度優勝した大関栃東も父親が元関脇で福島県出身なので、もはや大都市出身者はこうした相撲一家でなければ出てきそうにないのが現状だろう。
平成になると、北海道、青森ですら横綱はおろか幕内力士さえ激減した。替わりにハワイ勢の2横綱、そしてモンゴル出身横綱朝青龍をはじめ、モンゴル勢、さらに欧州勢が席巻して今日に至る。
背景には、日本の経済成長が津々浦々にまで行き渡り、今では、地方の方がどこへ行くにも車を使い、地下鉄の階段を昇り降りする都会人よりも足腰が弱っているという話もあるくらいだ。
農業や漁業も高齢化し、もはや双葉山や千代の富士のように若い時に漁業の手伝いをして自然に足腰が鍛えられたというような野生派はもう出て来そうにない。野生派は幼い頃から大草原を馬で疾駆していたモンゴル勢らに取って代わられた。
今の日本人力士は体格こそ大きくなっているが、ブロイラーのようで、とても野性派に敵うとは思えない。日本全体が都会化し、ふんどし姿を嫌い、他のスポーツに流れるのも一因だが、辺境を消したのは公共事業の柱、道路と考えれば妙に納得できるのだ。
へえぇ〜ならClick⇒人気blogランキングにほんブログ村 スポーツブログへ

Posted by y0780121 at 21:10│Comments(3)TrackBack(5)clip!秀スポ 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
YOSHI関の新・相撲観戦日記でやっている企画。 乗るつもりで完全に忘れていたのを思い出した。 で、YOSHI関の選考基準は下記の通り。 さて私個人のMVP選定基準だが、これは「適当」としか言いようが無い。その日観戦した取組の中から特に印象深い取組の勝ち力士と...
日間MVP(2006初場所)【滑稽本】at 2006年01月22日 23:21
平成18年大相撲初場所は、休場明けのカド番だった大関栃東関が、千秋楽で横綱朝青龍関を、上手出し投げで破り、13場所ぶり3度目の優勝を決めました。 まずはおめでとうございました。 よくよく考えてみれば、昨年より、一年以上も日本人力士の優勝がなかったわけですが...
大関栃東が優勝!!【つらつら日暮らし】at 2006年01月23日 14:23
今話題の琴ヨーロッパ を抑え、 私の好きな力士ランキングトップは栃東です! 2位は寺尾(現錣山親方 )です。 加えて言えば、琴欧州と曙がバラエティーに出る意味がわかりません。 3度目の優勝おめでとうございます! 最後、朝青龍を下した後のガッツポーズよか...
やったぜ、栃東!【達人の日記】at 2006年01月23日 16:00
おめでとうごっざいまっす。 栃東今日はよかった とっても気持ちのいい勝ち方でした。 白鵬が2敗を守る中 朝青龍との対決、昨日の勝ち方見てると心配でした。 3度目の優勝。 久しぶりの日本人力士の優勝。 国技なのでやっぱりねぇーーー。はぁーよかっ....
やったね♪♪ (^_^)vvv【わたし的ちょこっとだけシアワセ♪】at 2006年01月23日 18:17
短内転筋 恥骨筋および長内転筋に被われた扁平三角の筋 〔起始・経過〕恥骨結合と恥
股割り【身体の研究】at 2006年01月23日 18:44
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
戦前から、戦後にかけて、在日朝鮮人の力士もたくさんおりましたですね。
Posted by くれはやし at 2006年01月23日 09:52
はじめまして&TBありがとうございます。
安美錦・安壮富士関兄弟や海鵬関、将司関らは安治川親方の従兄弟の漁師さんに鍛えられたそうです。
彼等のような力士がどんどん出てきて、上位で目立って欲しいですね。
Posted by こずも at 2006年01月23日 12:35
こんにちは。
もともとは「一旗上げてやろう」という野心を
持った力持ちの集まりですもんね、相撲界は。

Posted by 虎哲 at 2006年01月23日 20:47