2006年04月23日

食品業界のオジャマモン

みんな大好き白い粉」と言っても某国製覚せい剤のことじゃない。VIDEONEWS.COM「それでもあなたは食べますか:安部司氏(添加物アドバイザー・『食品の裏側』著者」は警告を偽装した現状追認勧告じゃないか。大体、「自らが開発した100円ミートボールを自分の子供たちが美味しそうに頬張る姿を見た時」考えが変わったなんて安物の芝居じゃあるまいし。子供を偽装ダシに使っちゃいかん。
番組で紹介された主な添加物食品
・亜硫酸・硝酸ナトリウム=蓮根や干瓢を漂白する。こんなもの漂白してくれと消費者は頼んだ覚えない。見た目が綺麗⇒新鮮・美味しそう⇒よく売れる⇒無漂白は結果的に市場から追放される⇒消費者は無漂白を買い辛くなる⇒化学会社儲かる。これだけでしょう。食品鮮度偽装ですよ。耐震強度偽装とどこが違うんですかね。
・添加物入り醤油割安、自然醤油割高⇒これ半分は嘘。添加物入りが市場を支配し、自然醤油は希少性から割高で売れるという半面を隠している。
・乳化剤と水と油を混ぜてコーヒー用クリームの出来上がり。昔は牛乳を濃縮した練乳の筈だったが。生乳1000トン廃棄される時代バカらしいことやっている。
・ハムは熱してもなぜ縮まない⇒ゼラチンやプリン体を注入して凝固させている。⇒色が変わるのを防ぐため亜硝酸ナトリウムという発色剤を使う。これがチャーシューとの違い。ちなみに亜硝酸ナトリウムは発癌性の疑いあり。もちろん、これも食品鮮度偽装だ。
・ミートボール=素人が入っているであろうと思う素材は3割程度で後は、偽装。大豆ミンチボールと表記した方がまだ正確のようだ。
そのほか飲料だの何だの、偽装は多々あるのだが、偽装してまで安いマンション作ってくれと消費者が言った覚えないように、消費者は偽装してまで安い食品作れなどと要求したことなんて話寡聞にして聞かない。が、安倍氏はあたかもそうだったかのように嘯いている。この居直りぶりはオジャマモンのヒューザー・小嶋社長以上だ。
建物の偽装は非難されて食品の偽装はなぜ許容されるのか。猫騙しみたいな手品を見せる前にまず安部氏はそこから出発すべきだろう。彼は警告を装いながらもはや一般消費者が添加物を離せない現実を知っているからこそのうのうと「警告」し、化学会社の責任を棚上げようとしている。
大体、神保、宮台氏も、こういう手練手管の人物に対して甘すぎる。彼は所詮、消費者をいかに欺くかに心血を注いで人生を送った人物なのだ。「子供がミートボール食べて」云々も香具師の口上じゃあるまいに何言ってんだコイツ。「子供」という添加語を入れればなぜか「合成贖罪」一丁上がりって感じだ。あるいは自分の子供が食べるのを見て初めて分かった超鈍感男のどっちかだ。是非こちらのエントリーも参考にしてもたいたいものだ。添加物アドバイザーも形を変えた添加物宣伝業務なのだ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 経済ブログへ(関連entry食品添加物表示も偽装)

Posted by y0780121 at 00:01│Comments(7)TrackBack(5)clip! 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50077715
この記事へのトラックバック
佐藤さんが頓珍漢だ >食品鮮度偽装ですよ。耐震強度偽装とどこが違うんですかね 食品の方は、腹を下すが、建物の方は地震が来なければ大丈夫である。 食品の方は、体内に確実に取り込まれるのであるから、確実に危険だが、建物の方は地震の際にたまたま家に居なければ...
消費者が「求める」とは【滑稽本】at 2006年04月23日 12:44
「食品の裏側」という本を読んだ。食品添加物について書かれている。でも、「添加物は絶対食べちゃダメ」というような極端な主張ではなく、「食品添加物との賢いつきあい方」のような話しだ。久しぶりに 地に足が着いたような本を読んだ。(最近読んだ本には、「理論だけ...
食品添加物【 特許屋 の    ピン!ノート】at 2006年04月23日 15:45
安部 司 食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 図書館で待っているのを待ちきれず、元バイト先の後輩が持ってるのを発見。 というわけで、借りてきました(笑) ちなみに図書館は50人まちでしたね。 [要旨] 添加物の世界には、消費者には見えない、知らされて
食品の裏側【乱読日記】at 2006年06月04日 19:03
烏賀陽(うがや)弘道の音楽コラム:みなさん、さようなら。ブログ連載から降ります。 フリーライターの書く記事なんて出版社にとっては刺身のつまみたいなもので、世に出回っている大抵の雑誌は広告チラシのようなもんだ。実は記事が添え物なんだ。雑誌に限らず下らないテレ....
刺身(広告)のつま(原稿)【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2006年06月15日 18:06
テレビなんかで紹介されて、ベストセラーランキングにも登場した本書。 ひとり身で、日ごろから加工食品ばかり食べているんで、ちょっとは食生活を見直そうかと読んでみました。 安部司著 「食品の裏側 みんな大??//I
さばの水煮缶以外を探せ! 安部司著「食品の裏側 みんな大好きな食品添加物」【本読め 東雲(しののめ) 読書の日々】at 2006年09月22日 23:18
この記事へのコメント
本を読みましたか?『食品の裏側』を書かれた意味は大きいですよ!
結局消費者は食品偽装を要求しているんですよ!
安いものを求める。
見た目がきれいなものを求める。
その裏側でどんなことがなされているかなんて気にしないのですから!食の安全性よりも、安くてお得でキレイなものを求めるのが今の消費者なのですから!
無施肥無農薬で安全だけど、ちょっと高い野菜より
農薬や肥料たっぷりで大きくてキレイな野菜を買ってしまうのですから。
結局、それを買う事が、その商品にたいして賛成の一票をいれているんですよ!
結局消費者が変わらないと変わらないんですから!
だから消費者に裏側を知って、考えてもらおうっていうんですから!阿部氏は素晴らしいですよ!
消費者が変わらんといけないんですよ!!!!!!
Posted by 消費者 at 2006年04月23日 11:56
食品添加物の問題良く考えないといけませんね。
勉強になりました。
Posted by プチリンコ at 2006年04月23日 13:30
トラバックありがとうございます
食品の裏側を知っても、時間がたつうちにショックも薄れ、また前と同じ食生活に戻ってしまう人もいると思います
感じた人から変わってゆくしかないんだなと思います
そして、これを食べなくたって生きてゆける、という食品もある、ということにも気づかされました
Posted by ランチ at 2006年04月23日 14:46
TBありがとうございます。
添加物ってこわいですね。
この本を読んでから、怪しい食べ物は食べれなくなりました。
食べたもので体が作られるわけですから、
これからもずっと注意していかなければなりません。
Posted by Boooooks! at 2006年04月24日 10:29
TBさせていただきました。

読みやすくて大変参考になりました。
練り物やハムはもう食べられそうにないですね。
Posted by タウム at 2006年09月22日 23:20
古いエントリーにわざわざTB有難うございます。
当方は今更遅いような気もしますが、子供たちには食べてほしくないですね。
Posted by 佐藤秀 at 2006年09月23日 08:45
FOODは無添加物に限ります。最近石鹸なんかも無添加物。健康オタクとまではいかないですが・・・子供がいたら危険なんで食事には出せないですよね!!!お箸まで腐りそうな・・
Posted by きらきら at 2009年05月19日 05:42