2006年04月28日

廃食油回収ネットワークってできるだろう

あだなお。さんが百獣の王、ライオンに噛み付いておられるw サステナ・ラボパーム油は環境に優しいと言わないで」。そう、パーム油輸入しなくても日本には油がまだ眠っている。
回収した天ぷら油で車を走らせるのは1997年に開かれたCOP3を機に京都で始まってもう10年近くなる。今年のアースデーでは東京でも天ぷら油でバスを走らせるイベントが行われたそうだ。それにしても「東京油田開発」とは凄いネーミングだ。座布団三枚。
使用済み食用油は外食、テイクアウト店ではリサイクル率が高いらしいが家庭用食用油は低いらしい。あくまで「らしい」が。

私たちが日常、てんぷらや炒めもの、ドレッシングなど料理で消費する食用油は1年間で約200万トン(国内)といわれています。そして使い終わって排出される廃食油は約40万トン(消費量の20%)といわれています。 そのうち飲食店や食品関係企業から出される約20万トン(消費量の10%)の廃食油は回収され、飼料、肥料、せっけん、塗料などにリサイクルされています。しかし、残りのほとんどは、私たちの家庭から排出される廃食油で、新聞紙や、凝固材などでただ廃棄されています

つまり使用済み食用油の半分の20万トンのほとんどが廃棄されているらしい。
家庭用のリサイクルが進まないのは、要はめんどいということだろう。じゃあどうすればいいかと言えば、スーパーマーケット、コンビニ、ファーストフード・チェーン店、レストランチェーン、ファミレス、弁当チェーンが大同団結して廃食用油回収ネットワークを作ればいい。どんな世帯の人でも1日1回くらい、この手の店に立ち寄っているだろう。それすらめんどい人には簡単に入れられる廃食油専用ボトルを開発し、無料提供すればいい。
コンビニやスーパーは直接油を使用してない場合が多いが、弁当、惣菜会社と提携関係にあり、物流システムが確立している。このシステムを逆流させれば消費者もシステムに参加できる。
レジカウンター、あるいは出入り口辺りに油回収口を設け、量あたりで各店のポイントカードに反映させるか値引きする。廃食用油市場を創設し、ガソリンスタンドのようにリッター当たりの時価を表示しておく。システムさえ作れば家庭用廃食用油の大部分は回収できると思う。
そうすると、わざわざパーム油を開発輸入して熱帯林をdeforestしなくても間に合うだろう。
ルーマニアに出張した友人が地平線まで広がる菜の花畑を見て感動し、「食用油にして輸出しているんですか」と聞いたら、「いや多くは車の燃料に使っている」のだという。石油輸入するより自前で畑で作っているというのだ。日本にはそんな大草原ないけれど「東京油田」があるw
ちなみになぜ日本企業がパーム油にこだわるのかというと、世界の植物油製造業界は、こちらのサイトによれば、

世界の植物油製造業界は、一握りの巨大な多国籍(というより、無国籍)資本に席巻されようとしています。主要国では、アジアのパーム油圏と日本を除き、彼らが市場の大部分を占有する状態になりました。

という。多分、このような状況に対して食糧安保の観点からの戦略があるのだろう。是非「東京油田」「京阪神油田」、「愛知油田」も開発して多国籍企業から森林を守るべし。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 経済ブログへ

Posted by y0780121 at 23:23│Comments(7)TrackBack(4)clip!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50079857
この記事へのトラックバック
元々そういう話しはきいていたが世界中で森が消えている、今日のテレ東ガイアの夜明け
世界中で森が消えている【時事を考える】at 2006年04月29日 00:12
工業化模農業による環境破壊と農民の生活破壊については何度か取り上げてきました。 今回はブラジルでの状況を 農業情報研究所 のレポートから紹介します。 以下引用 グリーンピースが4月6日、英国マクドナルドとカーギルを含む一握りの世界最大の食品企業と貿易業者がア...
ファストフードと巨大アグリビジネスがアマゾン雨林破壊を加速【晴耕雨読】at 2006年04月29日 00:21
佐藤秀さんのエントリ。 戸建は兎も角、新築の高層マンションなんかなら、流しに「廃油口」でも付けておけばマンション丸ごと油を集められる…。 なんて事は無いのかしら、なんてふと思った。 詰まるか?(笑 >スーパーマーケット、コンビニ、ファーストフード...
【滑稽本】at 2006年04月29日 12:02
だいぶ前にエントリーをした「使うエコ、作るエコ」に新しい、トラックバックをいただいた。「佐藤秀の徒然・・・」の佐藤秀さん、ありがとうございます。 私もテレビのニュースでチラッと見た「東京油田開発」について、詳しく述べられている。 「東京油田開発」と言っても...
いただいたTBへのお返事【日々是マーケティング】at 2006年05月01日 21:31
この記事へのコメント
こんにちは、あだなお。です!

いや、別に百獣の王に噛みついているつもりはないんですけどね...(^^;)

それにしても「東京油田計画」! 素晴らしいネーミングですね。発想はもちろんですが、この名前にシビレました(笑)

これからもおもしろい話題を紹介してください。期待しています!
Posted by あだなお。 at 2006年04月29日 00:41
友人が天ぷら油で動く車に乗っています。天ぷら油を濾して使ってますよ。で、動くと天ぷら油の匂いがします(^_^)v 私は面白いと思うのですが、若い人はどうかな。ちょっと、ここいらに改良の余地ありですね。
Posted by さなえ at 2006年04月29日 07:17
あだなお。さん、英語ではproject(計画)ですけど、日本名は「開発」。こっちの方がインパクトありますね。

さなえさん、腹減っている時、この匂い嗅ぐとますます食欲出てしまいそう。
Posted by 佐藤秀 at 2006年04月29日 07:34
 各地で環境NPOの活動として行われている菜の花プロジェクト
http://www.nanohana.gr.jp/index.php
の大半は、廃食用油の回収を含んだプロジェクトのはずです。
そういう意味ではもう動き始めているのでしょうが、
>そうすると、わざわざパーム油を開発輸入して熱帯林をdeforestしなくても間に合うだろう。
というのは、量から言えば無理筋です。
現在の廃食用油を全部集めて利用可能なの日本のディーゼル燃料消費量の1%台程度でしょう。
Posted by SGW at 2006年04月29日 15:37
>現在の廃食用油を全部集めて利用可能なの日本のディーゼル燃料消費量の1%台程度でしょう。

え? 粉石鹸の話でしょ。

Posted by 佐藤秀 at 2006年04月29日 22:15
 あ、いやQ&Aにもありますが、Q.すべてBDF燃料化するのですか→A.いえ、粉石鹸も作っています という程度しか粉石鹸にはしていないようです。
Posted by SGW at 2006年04月30日 18:08
TBありがとうございました。
「日々是マーケティング」の管理人です。

「廃食用油の利用」という意味での「東京油田開発」は、面白いプロジェクトだと思います。
こういうプロジェクトが立ち上がったのを期に、メーカーも動き出して欲しいですね。
特に公共性の高いバスなどは。

こちらからもTBさせて頂きます。
Posted by いとう at 2006年05月01日 21:39