2006年05月09日

国歌的記憶喪失〜Anthem Amnesia

livedoor ニュース:最近、保守層をさらに刺激する問題が浮上した。米国歌のスペイン語版が登場したからだ。保守派は、愛国心発揚の国歌がスペイン語で歌われることに不快感を表明している。 ところが、CNN見ていたらAnthem Amnesia(国歌忘れちゃった症候群?)なんてタイトルで、米国内でnative English speaker何人かに街頭インタビューしている。完璧に歌詞を歌えた人は皆無。
まあ、覚えている人は覚えているのだろうけど、この調子じゃ、ブッシュ大統領本人だって・・・。ヒスパニックの人たちがスペイン語の歌詞作りたがるの分かる。長すぎて覚えきれないし、戦う相手も↓・・・。
だから、米国歌勉強サイトというのがあって、歌詞もメロディも勉強できるようになっている。
日本とは言えば、

君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで

たったこれだけ。覚えるも何もないと思うのだけれど・・・。
それにしても優雅・・・。
それに比して、各国の国歌は戦闘的で、アメリカ国歌では、perilous fightramparts、果てはrockets、bombsと凄まじい。
英国国歌はというと、
Scatter her enemies
And make them fall

と負けていない。
フランス国歌は、
ぼうぎゃくのとりでに
  見よ旗は血にそみぬ
  見よ旗は血にそみぬ
(以下略)

個人的に一番好きなロシア国歌歌詞はそれに比べれば穏健に見える。でも、
南海より極地の果てへ
広がりぬ 我等が国
唯一の国 無二の存在
神が愛でし 我が祖国

ってどういう意味なんだろう?
これらに対抗するには日本は「軍艦マーチ」を国歌にするしかないだろう。
アメリカ一般市民は戦争とかスポーツ観戦とか「戦闘モード」以外に国歌とは縁がなさそうだから、健忘症になるのはむべなるかな。歌詞がそうだから仕方ない。
で、日本ではなぜ世界的に珍しいくらい優雅で平和的な国歌がいつもいつも政治問題化するのか、かなり不思議だ。
へえぇ〜ならClick⇒人気blogランキングにほんブログ村 ニュースブログへ

Posted by y0780121 at 16:55│Comments(1)TrackBack(2)clip!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50084074
この記事へのトラックバック
ここ数日アメリカの新聞をにぎわしているのが、スペイン語で唄われるアメリカ国歌に異を唱えているブッシュ大統領のコメントでした。 ********** 米国歌よ英語なれ…米大統領、西語版出回り“苦い顔” (読売新聞) - goo ニュース 2006年 4月29日 (土) 22:55 ...
国歌は自国語で唄うべき【夢と希望と笑いと涙の英語塾】at 2006年05月10日 00:36
もう、国境が溶けてる感じですね。21世紀のアメリカ合衆国は、おそらく英語と並んでスペイン語を公用語にするのではないでしょうか。少なくとも次の大統領選挙では、ヒスパニック住民の動向が極めて重要になりそうです。5月1日の運動は、キング牧師やマルコムXら黒人の運....
May Day Boycott/EL GRAN PARO AMERICANO 2006【Espresso Diary@信州松本】at 2006年05月10日 18:25
この記事へのコメント
レザンファンドゥラパトリーユ!
アレ(行け)フランス!愛国の息子たちよ!
まあこれがフランス国歌の冒頭ですからな、、、
Posted by マルセル at 2006年05月10日 02:41