2006年12月02日

「普通においしい」は普通に辞書に載らない

「普通」と「おいしい」が辞書に載っていれば、「普通においしい」は普通に通じる。理解できないのは、文脈に対する適応力、つまり国語力の問題だろう。
平野さんの説明も舌足らずだ。

たとえば、ブルーチーズを食べたとき、人は、「クセがあるけどおいしい」という言い方をします。そんなふうに条件や留保をつける必要のある食べ物とは違って、ストレートに、一般の誰もが「おいしい」と同意するであろうような味の食べ物(あるいはその水準に達している食べ物)を食したときに、現代人は「普通においしい」と言うわけです。

↑の場合、単に「おいしい」で済む。「普通においしい」は、(ブルーチーズのような)一般にクセのあるおいしさと思われている、あるいは思われるかもしれない、あるいは誰かがそう思ったものに対し、「私は別に違和感なくおいしいと思う」という意味だ。それが流行して違和感のなさがあろうがなかろうが乱用されただけ。乱用部分は普通に流行語だ。
そして、そのオリジナルの用法は、本来形容動詞(らしい。大体、形容動詞自体が曖昧な瀕死の品詞だ)のはずが形容詞を修飾する副詞のような使われ方をしている点で新しいのかもしれないが「普通」という意味さえ知っていれば、理解可能。30年前に突然言われても、30年前の人も普通に理解できる表現だ。
そんな程度の「新しい表現」を辞書に載せるなど愚の骨頂だろう。普通に流行語の部分をなんで載せなきゃいかんのか。変えなければいけないのは、もっと根本的な品詞のあり方かもしれない。どうも新表現というのは、文法の一番脆弱な部分を突いて突破しているような気がするからだ。
へえぇ〜ならClick⇒人気blogランキングブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by y0780121 at 09:31│Comments(6)TrackBack(1)clip!言葉 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50117633
この記事へのトラックバック
小説家・平野啓一郎氏による「普通においしい」と題されたエントリは、氏が「意外に思われるかも知れませんが」と述べるのに反してなんら「意外に思われる」こともなく、当該エントリに寄せられたトラックバックやはてなブックマークでの反応を見る限りでは、概ね、それこそ
「普通においしい」という言い回しは、「日本語の乱れ」あるいはそれを否定する議論とは無縁である【antipop】at 2006年12月02日 13:15
この記事へのコメント
 不味い−普通(どっちでもない)−美味しい
という評価の段階表現を考えると、「普通に美味しい」は、「普通」なのか「美味しい」の、どっちかはっきりしろ、となりますよね。
しかし、徒然的思考では「意外性のある味覚」ではなく、「慣れた美味しさ」ということでしょうか。「美味しい」という評価と「珍しくない味」という二つが示されている、ということでいいのでしょうか。
レベル的に「普通だ」と取ってはいけないのですね。
Posted by 野茂ファン at 2006年12月02日 17:01
不通においしい?
Posted by 滑稽本 at 2006年12月02日 17:16
学校文法の「馬鹿だ」は馬鹿な人と活用するので形容動詞、「馬鹿は死ななきゃ直らない」の馬鹿は主語になっているので名詞で、2種類の異なる品詞との説明に納得していました。ところで橋本文法では奈良時代日本語の母音はあいうえおの5個以上あったと言い、それに対して確かに貴族は昔は朝鮮半島から来た人がほとんどなので今の朝鮮語と同じく5個以上あったが庶民はインドネシア辺りから丸木船で黒潮に乗って来た人がほとんどだったので5個以上の母音の使い分けが今の日本人がrとlの区別が苦手なようにできなくて5個でしゃべっているうちにやがて貴族も半島との血の交流も減り、今の5個になったとの説がもっともらしいです。そこで、形容動詞も一番日本語に文法が似る朝鮮語と比較すればよいのでは。
Posted by プラトン at 2006年12月03日 02:34
>朝鮮語と比較すればよいのでは。

私、朝鮮語全く無知なもんでorz
Posted by 佐藤秀 at 2006年12月03日 14:23
勝手な思い付きで終わる書き込みをしてすいませんでした。
以下のような考え方でよいようです。
朝鮮語には形容動詞はないが、形容詞が動詞同様活用する点で日本語に似る。そもそも日本語でも形容動詞なんてものを考える必要はなく、体言に断定の助動詞「だ」、「なり」、が付いたものと考えれば済むこと。これはホットな話題と言う時の「ホットだ」、とか「クールだ」、とか最近出来た語句でもすっかり形容動詞になりきっているのもあることを思うと納得できます。数年前なら「お宅だ」は名詞にだが付いたと皆思ったでしょうが、最近はお宅な人というように形容動詞的に使ってもそれほど違和感がなくなってきたような気がします。
Posted by プラトン at 2006年12月04日 22:39
いやあ、お説の通りだと思います。
Posted by 佐藤秀 at 2006年12月04日 22:57