2007年01月12日

硫黄島からの手紙2

摺鉢山グンバイヒルガオ硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督)を遅まきながら観る。20年ほど前に実際に訪れた島だ。懐かしさが先に立つ。
副題がRed Sun, Black Sandの通り、硫黄島の海岸は黒砂だ。溶岩が砕けた砂浜だ。ちょうど3月でグンバイヒルガオの花が咲いていて、黒砂とのコントラストが美しい。硫黄島の戦いも2月から3月だったので、その時も咲いていたに違いない。傍に放置されていた戦闘機の残骸もそのまま映画に映されていた。
島全体が火山みたいなもので、飛行場の地面の割れ目から蒸気が出ていた。だから地下壕に入ると地熱で暑い。蒸し風呂に入ったような気分になったことを覚えている。この映画でちょっと残念だったことは地下壕の暑さが映像から伝わって来なかったことか。恐らく兵士達はうだる暑さの中で掘ったのだろうが。
それ以外の映像もわざとセピア調にしているためもあってか、「暑さ」が伝わって来ない。本当の硫黄島はもっと明るく暑く、海も、空に浮かぶ雲も、映像よりはるかに明るい。
緑も豊かだ。現在の、島を覆うギンネムは米軍が戦闘で荒廃した島の植生を回復するために航空機から種子を撒いたものだ。そのためか、映画では現在のギンネムの緑は消されているようだ。
ばかりか生き生きした自然が映画では故意に消されているように見えた。人間の累々たる死がそれを圧倒したのか。
摺鉢山の頂上に立つと絶景だ。文字通り島全体を見渡せる。黒砂の浜に打つ白波、飛行場。ツアーでもっと多くの人が訪れるべき場所だろう。露天風呂だって簡単に作れそうだし。防衛省はもっとこの島を開放すべきだろう。
しかし、こんなに慎ましく美しい島は、本来なら世界的に知られるべきではなく、ひっそりと太平洋に浮かんでいるべきだった。

映画そのものはまことに素晴らしい。俳優では二宮和也が特に良かった。監督が良さを引き出したのかもしれない。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by y0780121 at 22:33│Comments(5)TrackBack(14)clip!邦画イーエ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50122758
この記事へのトラックバック
  ※ホンダラさん!さっそく補足ありがとうございます!   私が演じたのは、ひとりのパン屋です。この作品を見てから、今もたくさんのことを感じ、考えています。 私がひとつだけわかったことは、この作品が事実だということ、そしてその事実を発表する....
■週末の学び12/8「硫黄島からの手紙」【「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!】at 2007年01月13日 08:16
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
硫黄島からの手紙【Akira's VOICE】at 2007年01月13日 10:49
クリント・イーストウッド監督が描く硫黄島2部作の日本編。 今回は、写真の人物、硫黄島守備隊総司令官の栗林忠道陸軍大将が主人公。今やハリウッド俳優となった渡辺謙が演じる。そして、もう一人の主人公として、パン屋から召集された一日本兵、西郷という人物が設定され....
映画「硫黄島からの手紙」【虎哲徒然日記】at 2007年01月13日 15:13
「硫黄島からの手紙」についてのレビューをトラックバックで・集しています。 *出演:渡辺謙、二宮和・、伊原孫志、加瀬亮、中村獅童、他 *監督:クリント・イーストウッド 感想・評価・批評 等、レビューを卒む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽....
「硫黄島からの手紙」レビュー【映画レビュー トラックバックセンター】at 2007年01月13日 16:33
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 評価:72点 公式サイト (ネタバレあります) 何が凄いって、これだけ日本人がワラワラと出てくる映画が洋画であって、監督がクリント・イースト....
硫黄島からの手紙−(映画:2007年7本目)−【デコ親父はいつも減量中】at 2007年01月20日 09:06
     ―「散るぞ悲しき」と「硫黄島からの手紙」― 先日、梯久美子「散るぞ悲しき」について、読後感想を書いたら、何人かの方から、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」を見るように勧められました。 そこで、先日書いたイオン浦和美園SCの中にある...
映画「硫黄島からの手紙」を見ました!【団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)】at 2007年01月26日 20:30
じつはあまり積極的に見たい映画ではなかったのですが、家族が見たいというので一緒に行ってきました。 見ていて、そこかしこに何か妙な違和感はあるのですが、それがなんだかよく分からないまま見終わり、結論を言えばまあ見て....
硫黄島からの手紙【シニカル・ヒストリー・タワー】at 2007年01月29日 22:50
世界が忘れてはいけない島がある   ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  『硫黄島からの手紙』  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。 アメ...
『硫黄島からの手紙』【京の昼寝〜♪】at 2007年02月14日 23:48
知覧特攻平和会館に 行ったのはもう10年前くらいか。周囲は茶畑。この知覧の特攻基地に絡む映画としては高倉健の「ホタル」以来。今度は鳥濱トメさんを菩薩と仰った都知事さん総指揮・脚本、実はこれが石原慎太郎畢生のライフワークなのかもしれない。岸恵子さま、お元気な....
俺は、君のためにこそ死ににいく【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年05月21日 21:59
 『アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―』  コチラの「硫黄島からの手紙」は、「父親たちの星条旗」に続く「硫黄島」2部作の第2弾、日本側の視点で硫黄島の戦いを描いた作品です。  決して届く事のない手紙をこの島で戦った日本兵たちが、家族に宛てて書き....
硫黄島からの手紙【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2007年07月31日 23:52
 『アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―』  コチラの「硫黄島からの手紙」は、「父親たちの星条旗」に続く「硫黄島」2部作の第2弾、日本側の視点で硫黄島の戦いを描いた作品です。  決して届く事のない手紙をこの島で戦った日本兵たちが、家族に宛てて書き....
硫黄島からの手紙【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2007年08月01日 02:24
世界が忘れてはいけない島がある。 【関連記事】 「父親たちの星条旗」
硫黄島からの手紙【Addict allcinema 映画レビュー】at 2009年08月06日 16:49
この記事のサブタイトルは「父親たちの星条旗」の記事の続きという意味で“…俄かイーストウッドファンなピロEK(その2)”とするはずでしたが、他に思い浮かんだのでやめました(で、上記タイトルに変更){/ase/} さて、先ずは近況報告から。 今週の夜勤は昨日の金曜...
【映画】硫黄島からの手紙…外国人に作れて何故日本人には作れないの!?【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at 2009年10月22日 12:55
[硫黄島からの手紙] ブログ村キーワード硫黄島からの手紙(原題:LETTERS FROM IWO JIMA)キャッチコピー:世界が忘れてはいけない島がある。日本から見た「硫黄島」製作国:アメリカ製作年:...
硫黄島からの手紙/LETTERS FROM IWO JIMA(映画/DVD)【映画を感じて考える??大作、カルトムービー問わず映画批評】at 2010年01月30日 19:33
この記事へのコメント
こんにちは♪
いつもありがとうございます。
硫黄島に行かれたことがあるんですね。
映画にはほぼ満足していますが、暑さと空腹感が伝わってきにくかったと思います。
Posted by ミチ at 2007年01月12日 23:44
>空腹感

そ、そうですね。みんな最後まで元気そうでしたしね。なるほど。
Posted by 佐藤秀 at 2007年01月12日 23:59
ことばのハシバシに知性を感じるのですが、最近読んだ本を2〜3冊教えてください。
Posted by やまだ at 2007年01月14日 20:59
>最近読んだ本を2〜3冊教えてください。

実は最近本読んでなくて覚えてないんです。なんか面白そうな本ないですかね?
Posted by 佐藤秀 at 2007年01月14日 21:21
4
初めまして、亀さんです!
TB,ありがとうございました!
私達のブログは、団塊の世代の還暦オトコ3人でやっています。3人の共通テーマが一定していませんが、時々覗くと面白いと思います。
また覗いてコメントしてください!
Posted by 亀さん at 2007年01月26日 22:22