2007年02月26日

「不都合な真実」がアカデミー賞2部門獲得3

inconvenient truth米アカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画賞に「不都合な真実」が選ばれた。また主題歌賞も同作品の"I Need to Wake Up"(Melissa Etheridge)が選ばれた。[初出1/22]
「こんなに分かりやすく説明しているのに分かってくれない」。アル・ゴアが呟く。映画は人々の思い込みと戦うアル・ゴアの物語でもある。
少年時代のエピソードとして、南アメリカ大陸の東岸とアフリカ大陸西岸の形状が似ているのに気付いた級友が先生に「かつては一緒だったんですか?」と尋ねると、先生は「もちろん、そんなこと有り得ない」と一笑した。その後、少年は薬物中毒になり、先生はブッシュ政権の諮問委員になったとか。
大陸移動説はとうの昔の1912年にアルフレート・ヴェーゲナーに唱えられていたが、当初は学界でも嘲りの対象で、認められ始めたのは1950年代からだ。このエピソードもちょうどその頃で、まだ先生の耳には入っていなかったのだろう。
で、その思い込みをアル・ゴア氏が利用したのは気温と大気中の二酸化炭素濃度のグラフなのだが、これはちょっと寒い。地球温暖化懐疑派にしても、両者の相関性は認めているはずだ。問題はどっちが先かということで鶏と卵の問題だ。懐疑派は気温が先に上昇し、気温が上昇したから海水に溶けていた二酸化炭素が大気中に放出された、氷河期にも地球温暖化はあったと主張する。ゴア氏はこう言えば良かった。「氷河期に産業革命は起きていなかった」と。条件の全く違う温暖化を比較しても無意味だと。
それから北大西洋におけるメキシコ湾の沈下がなくなりつつあることで北極が急激に寒冷化する説も紹介していたが、ちょっとぼかされていた。北極の氷がなくなっていることを紹介した後で、こんな説を紹介すれば、観ている人はワケワカメになる。湾流が遮断されるためには、Lake Agassizのような巨大淡水湖の決壊が必要だが、そんな湖は現代に存在しないとまでは、映画でも言っていた。しかし、その後のフォローはなく、なんとなくグリーンランドの氷河を暗示しているだけ。氷河の崩壊と淡水湖の決壊では、スピードとスケールが違い過ぎる。現実には、メキシコ湾流は温暖化のために沈降海域が北上し、北極海にまで達するだろう、と言っておけばよかった。
その他の点では、文句の付けようもなく分かり易かった。特にゴア氏が巨大スクリーンをはみ出て上昇する近未来の二酸化炭素濃度を描くためにリフトに乗って上昇する姿はいい演出だ。その姿はユーモラスでさえある。
(関連entry1)(関連entry2)
ところで、I Need To Wake Up↓を歌ったMelissa Ethridgeは日本でいえば、加藤登紀子のような存在なのだろうか。

Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by y0780121 at 15:16│Comments(5)TrackBack(11)clip!ドキュメント洋画ナ-ワ | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50123988
この記事へのトラックバック
アカデミー候補入りに「興奮」 映画「主演」のゴア氏 ゴア前米副大統領は23日、同氏が地球環境問題で警鐘を鳴らす姿を撮影したドキュメンタリー映画「不都合な真実」(デービス・グッゲンハイム監督)がアカデミー賞のドキュメンタリー、歌曲の両部門で候補入りしたのを....
「不都合な真実」アカデミー候補入り 動画あり【zara's voice recorder】at 2007年01月24日 10:57
大気中の二酸化炭素濃度の高まりによって、地球温暖化になるというのは、万有引力の法則が普遍的なのと同じ科学的真実なのだが、いまだにこんな基本的なことをかなり知的レベルの高い層までまだ疑っているという状況を見るにつけ、思い込みというのがいかに知的レベルの高低....
それでも地球は温暖化している【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年01月28日 12:34
去年の記録的な豪雪から一転、今年は全国的に真冬だというのに、春先の気温が続き、記録的に雪が降らない。各地のスキー場は雪不足から営業ができない状態だ。 四季がはっきりしている日本は地球の温暖化を敏感に感じる国民だ。 「不都合な真実」は、地球がまさに病気...
地球温暖化の元凶はアメリカの国益?【かきなぐりプレス】at 2007年02月04日 00:11
やっと映画「不都合な真実」を見ました。昨年米国で公開されてから、米国内にとどまら
「不都合な真実」を越えて【サステイナブルなもの -Something Sustainable-】at 2007年02月04日 13:37
近くでは「TOHOシネマズ川崎」でしかやってなかったので、 やっとタイミングが合って、見ることが出来ました。 アメリカ元副大統領アル・ゴアの環境問題講演会のドキュメンタリー。
★「不都合な真実」【ひらりん的映画ブログ】at 2007年02月17日 00:34
考えたくなくとも、「不都合な真実」は、実感として私達の前に迫りつつある。 だいたい「真実」というものは、少なくとも誰かにとっては不都合なものである。だから様々な形で、隠そうとされてしまう。だが今地球に起きている急激な変化は、到底隠しきれるものではない。 ....
映画「不都合な真実」【虎哲徒然日記】at 2007年02月27日 11:01
監督:デイヴィス・グッゲンハイム 出演:アル・ゴア 評価:80点 公式サイト 先日のアカデミー賞で、最優秀長編ドキュメンタリー賞を受賞。 おめでとうございます。 誰もが耳にしたことがある「地球温暖化」 そろそろやばいんじゃないかと感じている「地球....
不都合な真実−(映画:2007年28本目)−【デコ親父はいつも減量中】at 2007年03月03日 14:19
 先週末、京王線府中駅のすぐ南側にあるモール「くるる」の5階にあるシネマコンプレ
映画「不都合な真実」を観て【Kirkの独白】at 2007年03月17日 12:00
 地球温暖化を描いた映画(なのか?)不都合な真実を見てきました。
「不都合な真実」を観てきました【よしなしごと】at 2007年04月04日 03:36
地球は青い方がいい。
不都合な真実【Akira's VOICE】at 2007年07月20日 17:17
公式サイト。M・ナイト・シャマラン監督、マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル、ジョン・レグイザモ、スペンサー・ブレスリン。予告編のさわりや部分部分だけ取り出すと虚仮脅しのB級ホラーなのだけれど、映画全体で観ると「不都合な真実」の超A級ホラー版のようで...
ハプニング〜ホラー版「不都合な真実」【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2008年07月29日 19:59
この記事へのコメント
勉強になりました
お話有難うございました。
Posted by ももたろう at 2007年01月23日 10:11
参考になりました、近日中に見に行こうと思っています・・みんながハチドリのひとしずくになれば少しは温暖化を遅らすことに期待しています。
Posted by なまず at 2007年01月26日 17:02
5
リフトの演出、私も笑いました。

冒頭の自己紹介や、カエルの例え話など、ジョークが多くて楽しいですよね。
Posted by r_shi2006 at 2007年02月27日 07:17
ゴアの映画の前提である「6メートルの海面上昇」

これについてのツッコミは無しですか?
Posted by NNN at 2007年03月28日 23:48
>これについてのツッコミは無しですか?
6mどころか12m上がるという説もあり、かなり保守的ですな。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20040624304.html
IPCCは更に超保守的ですが何か。
Posted by 佐藤秀 at 2007年03月29日 10:35