2007年02月04日

負のGDP急成長(IPCC)と炭素為替

IPCC第四次評価報告書(AR4)のコアは不確かな未来予測よりも現在報告だろう。例えば、Annual fossil carbon dioxide emissions4 increased from an average of 6.4[6.0 to 6.8]GtC per year in the 1990s, to 7.2[6.9 to 7.5]GtC per year in 2000–2005 (2004 and 2005 data are interim estimates).(page2-3)のようなことだろう。化石燃料の炭素排出を負のGDPとするなら、世界の負の経済成長率は90年代に比べ、2000年以降、12.5%という驚異的成長だ。
地球サミットの1992年、京都議定書・COP3の1997年を経ても、減速どころか、猛烈に加速している。仮に1990年の化石燃料期限炭素排出を上記のrangeの下限6.0GtCとし、2005年は、その上限の7.5GtCとすると、この15年間の負のGDP成長率は25%にもなってしまう。ちなみに日本の同時期の負のGDP成長率は約8%で世界に大幅に遅れをとっている。
これを表の世界のGDP44兆$と比較するとどうなるか。一方は価格の付いていない重量だけの炭素である負のGDP、価格そのものの正のGDP。しかし、両者ををリンクして換算することは可能だ。例えば石油価格。石油は炭素も市場価格も含んでいる。
原油1バレル=100ドルとすると、その中に含まれる炭素はいくらか?
原油1バレルのうち重量比で85%が炭素だ。1バレル=0.136トンなので、重量比85%の炭素の量は0.1156トンになる。
一方、原油の価値は主に燃料として決まる。炭素が占めるエネルギーは全体の66%なので、原油1バレル当たりに含まれる炭素の値段は66ドルだ。
つまり炭素0.1156トン=66ドル
という炭素―通貨・為替(Carbon-Money Exchange)レートが成り立つ。
炭素1トン=571ドル
だ。
そうなると2005年の負のGDPは
571ドル×7.5ギガトン(Gt)(75億トン)=4283億ドル
となる。世界は44兆ドルの正のGDPを産み出す代わりに1%のGDPを排出していることになる。実際にはもっと炭素含有量の高い石炭なども含まれているので、この数字は仮のものだが。
今のところ、負のGDPは負=負債にもかかわらず、誰も支払っていない。だから炭素排出は増える一方で大気中には負債の累積債務が雪達磨式にたまる一方だ。そして、もちろん、この累積債務には金利がなく、誰も利子を払っていない。この負債の決済や利払いに比べれば、排出権取引などお手盛りの遊戯のようなものだ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 経済ブログへ

Posted by y0780121 at 17:33│Comments(0)TrackBack(8)clip!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50125654
この記事へのトラックバック
公表されたIPCC 4th Assessment Report:(AR4)Summary for Policymakersを読むのに苦労した。今世紀末(2090-2099)の世界の平均気温はbest estimateベースで1.8-4度上昇すると予測、前回の3rd Assessment(TAR,2001)の2.0-4.5度よりも洗練させて修正したが、拠って立つベースが....
分かりにくいIPCC第四次評価報告書【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年02月04日 18:53
池田信夫 blog:経済学は役に立つか 経済学って大したもんじゃない。「憂鬱な科学」という蔑称に示されるように、それは自然科学のまねをしようとしてできない中途半端な学問である。 確かに歴史的にそうだったかもしれないが、今後はそんな憂鬱に浸っていられなくなるだろう...
自然科学が経済学を模倣する時代へ【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年02月21日 13:57
もう人類は、というか地球は地球温暖化で引き返せないpoint of no returnを超えてしまったかもしれない、というのがウリらしいけれど、少し物足りない。生命は地球内で滅びるか 、地球外に生き延びるかの究極の選択を強いられているという認識がないのだ。
ガイアの復讐〜迫られる究極の選択【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年03月06日 12:57
「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」(武田邦彦著)は、正確に言うとマスコミによる環境報道批判書で、 読むとウソとマコトが乱高下していて、呆れたり、感心したり。取り合えず「第3章 地球温暖化で頻発する故意の誤報」のみに絞って読んでみる。
環境問題はなぜウソがまかり通るのか【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年04月20日 22:11
世の中で言われている二酸化炭素排出者はなぜか国ばかりが強調される。アメリカが世界の二酸化炭素排出の25%を占めている、二酸化炭素排出が急速に増えている中国に削減義務が課せられないのはおかしいのどうのだ。こういう議論は本質的に無意味で、ことによれば害でさえある...
炭素本位制ノート2【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年12月04日 21:43
炭素が言わばマイナスの通貨であることは炭素本位制ノート2 で書いた。では、累積債務額と金利はどうなるんだろうか?
炭素本位制ノート3【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年12月06日 18:16
炭素本位制ノート4〜森林保有は儲かるまで炭素金利をとりあえず1%としておいたが、実際にはどのように決められるべきだろうか。
炭素本位制ノート5〜炭素金利【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年12月13日 19:12
生態系サービス@ウィキペディア 生物・生態系に由来し、人類の利益になる機能(サービス)のこと。「エコロジカルサービス」や「生態系の公益的機能」とも呼ぶ。その経済的価値は、算出法により数字が異なるが、アメリカドルで年平均33兆ドル(振れ幅は16-54兆ドル)と見積もる...
生態系サービス【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2008年07月18日 11:35