2007年03月04日

映画「パフューム」と三島由紀夫4

perfume0「パフューム ある人殺しの物語」を見て、なぜかしら三島由紀夫の「仮面の告白」を思い出してしまった。のっけから主人公グルヌイユが魚のはらわたにまみれた悪臭の中で産み落とされた場面を見せられると、「生れたときの光景を見たことがある」(「仮面の告白」)という有名な章句を思い出さずにおれない。
perfume仮面の告白彼が天性の香りを嗅ぎ分ける才能を身に付けたのはまさにこの生まれた場所の悪臭に尽きる。その悪臭は、「仮面の告白」に出て来る「汚穢屋」に通じる「悲劇的なもの」を感じさせる。言葉にまみれて育った三島が言葉の才能を得たように。
グルヌイユが果物売りの少女の香りに魅せられ心ならずも殺害したのは「仮面の告白」の主人公が園子に接吻しても何も感じず、結ばれなかったこととよく似ている。実は同性愛という仮面をかぶらざるを得ないほど人生に臆病だったのだ。
グルヌイユ自身の体臭がないというのも、三島自身の空虚、「仮面」の内側の空虚とよく似ている。洞窟で寝泊りした時、ここには香りが感じれないので安寧する姿は、むしろ痛ましい。女の香りの保存法を追求するというのは三島の「絶対」と「永遠の美」と通じている。
ラストでグルヌイユも少女を思い出し、涙を流すのは、あの時、なぜ彼女を普通に愛せなかったのかという己の運命への呪いだ。perfume3
グルヌイユのその後の人生は、嗅覚でしか女性に愛を表現できない呪われた者の殺人遍歴だ。最初の少女の最高の代役が貴族の生娘というのも皇室に嫁ぐ聡子に恋焦がれる「春の雪」とよく似ている。
ドラマはシリアスに進むが、いざ処刑になった途端、一気にコミカルな滑稽さに変調するのはなんてことか。あの場面、三島の市ヶ谷でのバルコニー演説のパロディかよ、なんて思ってしまう。まあ、原作者Patrick Süskindはドイツ人だから、ヒトラーのパロディなのかもしれないが。グルヌイユも生まれた場所に戻り、民衆に食われて果てるのだが、少年時代の生々しい記憶である二・二六事件の世界に戻ってパロディを演じて割腹自殺した三島に似ているんだよなあ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by y0780121 at 21:33│Comments(0)TrackBack(14)clip!洋画パ | ★4

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50128923
この記事へのトラックバック
CAST:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 他 STORY:18世紀フランス。魚市場で産み落とされ孤児になったジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は幼い頃から鋭い嗅覚を持っていた。ある日ジャン=バティストは、美しい女性の...
『パフューム ??ある人殺しの物語??』【Sweet* Days】at 2007年03月04日 22:09
18世紀のパリ。ひとりの男がみつけた、究極の香り・・・
パフューム ある人殺しの物語【悠雅的生活】at 2007年03月04日 22:26
血の流れない「ハンニバル」  香りの生存証明。
パフューム/ある人殺しの物語【Akira's VOICE】at 2007年03月05日 14:20
スクリーンに香りを映した映画。天才調香師が生み出したのは、許されざる“天国の香り”_ 舞台は18世紀パリ。一人の天才が誕生する。名をジャン=パティスト・グルヌイユ。彼に神が唯一与えたのは、あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚だった。ある時偶然出会った女の...
パフューム ある人殺しの物語【パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ】at 2007年03月06日 14:17
    「パフューム -ある人殺しの物語-」 (2006年・ドイツ)   監督・共同脚本・音楽: トム・ティクヴァ   共同脚本: ベルント・アイヒンガー/アンドリュー・バーキン   出演: ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド       アラン・リックマン/ダステ...
パフューム -ある人殺しの物語-◆愛の異端者の罪と罰【好きな映画だけ見ていたい】at 2007年03月08日 20:11
世界がひれ伏す香りとは?MOVX京都にて鑑賞、18世紀のフランスが舞台。類稀なる才能を持つひとりの孤児がいた。彼の名はジャン=パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、何キロ先の匂いを嗅ぎ分けるという驚異の嗅覚彼の出生も凄いものがある。パリの魚市場で産み落とさ...
パフューム/ある人殺しの物語(*_*;その香りに、世界はひれ伏す。【銅版画制作の日々】at 2007年03月09日 00:05
★★★☆  ある天才調香師が、究極の香水を調合するまでの、数奇な運命を描いた作品である。 彼は天才というより、超人的臭覚を持つミュータントといったほうがよいかもしれない。そして悪臭漂う吐きだめ地獄から這い上がり、恍惚の香を求める狂気の男でもあった。    
パフューム ある人殺しの物語【ケントのたそがれ劇場】at 2007年03月11日 18:57
Perfume: The Story of a Murderer(2006/ドイツ) 【劇場公開】 監督・脚本・音楽: トム・ティクヴァ 出演: ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン /アラン・リックマン /レイチェル・ハード=ウッド /アンドレス・エレーラ /サイモン・チャンドラー /デヴィッ...
パフューム ある人殺しの物語【小部屋日記】at 2007年03月11日 23:49
今週は見たいものがいろいろあったのでシネコン2軒はしご。 こちらは、久しぶりの「109シネマズ川崎」での鑑賞。 年末のポイント倍増期間に、結構見たから、今回は無料鑑賞。 (駐車券のサービスは受けられないから、結局出費は一緒なんだけど)。
★「パフューム ある人殺しの物語」【ひらりん的映画ブログ】at 2007年03月15日 23:27
監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン、ダスティン・ホフマン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) ダスティン・ホフマンが香りの調合士役に選ばれたのはやはりあの大きな鼻のせいだろうか。...
パフューム 〜ある人殺しの物語〜−(映画:2007年36本目)−【デコ親父はいつも減量中】at 2007年03月23日 23:56
'07.03.17 『パフューム』@TOHOシネマズ錦糸町(olinas) これ見たかった。「パリの魚市場で魚のはらわたの上に産み落とされたジャン・バティスト・グルヌイユは、人並み外れた嗅覚の持ち主だった。調香師になった彼は究極の香りを求めるあまり・・・」という話で、要する...
『パフューム』【・*・ etoile ・*・】at 2007年03月28日 02:10
監督 トム・ティクヴァ 主演 ベン・ウィショー 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画 147分 サスペンス 採点★★★★ 嗅覚っていうのは視覚や聴覚よりも記憶に直結されているのか、旅先で撮った何十枚という写真を見るよりも、久々に開けた旅行バッグから香る僅かな残り香...
パフューム ある人殺しの物語 (Perfume: The Story of a Murderer)【Subterranean サブタレイニアン】at 2007年03月30日 16:36
 『それは、昨日まで人だったもの。 究極の香りが誘う未曾有の衝撃に、世界はひれ伏す。』  コチラの「パフューム ある人殺しの物語」は、パトリック・ジュースキントの世界的ベストセラー小説の映画化で、3/3公開になったPG-12指定のサスペンス映画なんですが、早速観...
パフューム ある人殺しの物語【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2007年07月31日 21:43
究極の香りが誘う未曾有の衝撃に,世界はひれ伏す
パフューム 〜ある人殺しの物語〜【Addict allcinema おすすめ映画レビュー】at 2009年10月06日 13:41