2007年05月01日

バベル(BABEL)2

babelバベルの塔は旧約聖書によると、神が人間の自己神格化の傲慢を憎しみ人々の言葉を混乱させて罰したとのこと。転じて言葉が輻輳してワケワカメな状態になるさま。そしてこの映画も実に見事にワケワカメで、カオス的だ。これも全て、北京の蝶ではなく、東京の弾のせいだ。
一発の弾丸がモロッコの砂漠を行くツアーバスに命中する。猟銃は東京に住む男のものだ。最初、普通に元赤軍兵士かと思ったら関係なさげだ。ところで、モロッコにハンティングに行く日本人っているんだろうか? 何を狙いに行くんだろう? 猟銃そんな簡単にプレゼントできるんか?
私もモロッコは一応行ったことあるけれど、狙う獲物が思い当たらない。この男、アンタアホヤーだろ。ちなみにモロッコで「アンタアホヤー」と言ったらいたく喜ばれ、握手を求められる。
メキシコ・・・。必要だったかな。そう疑問を感じると、東京だってどうでもよさげに見えるので、疑問は禁句だ。要するに弾丸のせいだ。
ただの悪戯(極めて不自然な)による事故がテロ騒動に発展し、警視庁まで動くという大騒動なのだが、なぜか撃たれたアメリカ人妻も、その子供たちも奇跡的に助かる。大体瀕死の重傷のはずの妻と抱擁するなんて・・・。まるでイラクからの生還みたいなことになるなんて不条理だ。結局、死ぬのは皆モロッコ人というのも不条理だ。なぜか菊地凛子が丸裸で捜査員に迫る。これも不条理だ。バベル⇒不条理⇒カオスと進化した感じだ。
同じ北アフリカを舞台にした「異邦人」のムルソーは殺害動機を「太陽のせいだ」と答えたけれど、太陽のせいで死にそうになるのはメキシコ国境の砂漠だ。あくまで弾のせいだ。
ほかにも同じモロッコが舞台の「シェルタリング・スカイ」とか砂漠が舞台の「パリ、テキサス」とかイメージ重なる映画は結構ある。さすがに「モロッコ」までは行かないけれど。
この作品の良さは映画と観客の間もBABELにしていることだろう。照明の点滅で体調不良起こすのも心配だが、???の連続に眩暈を起こすことも避けたいものだ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by y0780121 at 21:08│Comments(2)TrackBack(27)clip!洋画バ、ビ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50134783
この記事へのトラックバック
映画「バベル」に関するトラックバックを募集しています。
映画「バベル」【映画専用トラックバックセンター】at 2007年05月01日 22:07
今年のGWのイチオシの超話題作といえばやっぱりこの「バベル」でしょ、でしょ。私の好きな旧約聖書の伝説をモチーフにした作品で、こんなに話題になるずっと以前に「バベル」という映画が公開されると知ったときそのタイトルだけどときめきました(笑)。 出演はその他に....
バベル/ブラッド・ピット【カノンな日々】at 2007年05月01日 22:37
私たちは、いまだ、つながることができずにいる。     ■監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ■脚本 ギジェルモ・アリアガ ■キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子  □オフィ...
『バベル』【京の昼寝〜♪】at 2007年05月01日 23:34
GW前半3連休の昨日、映画「バベル」を鑑賞。
映画「バベル」【FREE TIME】at 2007年05月02日 00:14
繋がらない心。繋がる思い。
バベル【悠雅的生活】at 2007年05月02日 00:34
「バベル」(PG-12指定)はモロッコで起きた銃撃事件を機に世界の4つの出来事が動き出し、その悲劇が1つに繋がるストーリーである。内容的には4つの出来事が1つに繋がっている事を示したストーリーであり、それぞれ言葉が違い、法も、生活習慣も違う中で1つの世界が描かれ...
「バベル」国と言葉と法の壁を越えた事件の壮大な人間ドラマストーリー【オールマイティにコメンテート】at 2007年05月02日 05:25
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イリニャトゥ CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊池凛子 他 ゴールデングローブ最優秀作品賞受賞 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞 アカデミー助演女優賞他ノミネート STORY:夫婦の絆を取り戻そうとモロッコを旅し...
『バベル』【Sweet* Days】at 2007年05月02日 07:47
アレハンドロ・ゴンサレス・イ二ャリトゥ監督の『21グラム』を鑑賞した時に、重苦しい気分を味わったので、本作も覚悟して鑑賞した(笑)*アカデミー賞6部門7ノミネート、作曲賞受賞、助演女優賞ノミネート(菊地凛子)*カンヌ国際映画祭・最優秀監督賞受賞*ゴールデング...
バベル【★YUKAの気ままな有閑日記★】at 2007年05月02日 08:14
浜田「ロデーム! ロデーム!」 公式サイト これまでにも『21グラム』など、テーマ性の強い寓話的作品を作っている、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の最新作。 モロッコを舞台に、山羊飼いで生計を立てている一家の、おそらくは小学校(に行っていれば)...
バベル 70点(100点満点中)【(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)】at 2007年05月02日 08:21
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。
バベル【Akira's VOICE】at 2007年05月02日 10:23
バベルの塔 築く狸の 皮算用   この映画「面白いの?」と問われれば「面白くない」と応えてしまう。「ふうん」。そうじゃないんだ、そういうことじゃないんだ、それだけのことじゃないんだ。そう心の中が焦っている、続きを言わねば、それで終わってしまう。でも
バベル【空想俳人日記】at 2007年05月02日 12:01
    「バベル」 (2006年・メキシコ)   監督・製作・原案:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ   脚本・原案:ギジェルモ・アリアガ   出演:ブラッド・ピット/ケイト・ブランシェット/アドリアナ・バラッサ      ガエル・ガルシア・ベルナル/役所広司/...
バベル◆コミュニケーションの本質に迫る力作【好きな映画だけ見ていたい】at 2007年05月02日 17:04
年に4、5本の娯楽映画しか観ない僕なので、気の効いた感想は書けませんが、 事前に情報を知らないと、どんな印象を持つ映画なのか、ありのままを 書いてみたいと思います(ネタバレ勿論あります)。 結論としては、観たくないシーンも、何箇所かありましたが、 非常に面白...
菊地凛子さんの似顔絵。映画「バベル BABEL」【「ボブ吉」デビューへの道。】at 2007年05月04日 17:07
バブル崩れど バベル健在   そう言えば「バブルへGO!!」という映画がありましたが、このコーナーは、それや映画「バベル」の感想レビューではございません。「バベル」の映画レビューはこちら でございます。  で、ここでは「バベル」を観たことで思い出したる...
バベルへGO!!【空想俳人日記】at 2007年05月04日 17:55
原題:Babel 我々は十分賢くなったので、"塔を建て、天に届かせよう・・・"、そして主は町と塔を見て、言われた"彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう"・・・ アフリカ(モロッコ)、アメリカ(ロス、メキシコ)そしてアジア(...
映画「バベル」【茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??】at 2007年05月05日 01:59
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。
★「バベル」【ひらりん的映画ブログ】at 2007年05月16日 03:59
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、役所広司、菊地凛子、二階堂智、ガエル・ガルシア・ベルナル、アドリアナ・バラーザ 評価:71点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェットと菊....
バベル−(映画:2007年58本目)−【デコ親父はいつも減量中】at 2007年05月19日 19:05
モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、言語、人種....
映画「バベル」(2006年・米)【どうせ誰も見てませんからっ☆★】at 2007年05月20日 19:37
「バベル」ブロガー試写会 GAGA試写室で鑑賞 ミッドタウンの34Fからの景観は赤坂の今まで見えなかったところがみえて面白かった! TBS付近の再開発がどんどん進んでいるので来年はまた違った感じになりそうです。そんなすばらしいところにお引越しをしたGAGAの試写室...
「バベル」【てんびんthe LIFE】at 2007年05月20日 22:05
  言葉が通じない。心も伝わらない。思いはどこにも届かない。 なるほど遥昔は、言葉はひとつだったんだ人間は神に近づこうとして、天まで届く塔を建てようとしたから、神の怒りをかうことに・・・・。そのおかげで、言葉は乱され、世界はバラバラになってしまった。ーー...
BABEL 人間は皆、何処かで繋がっているのだ!【銅版画制作の日々】at 2007年05月21日 01:26
 公開前はいろいろな意味で評判だったけれど、いざふたを開けると反応は微妙な映画、バベルを見てきました。
話題作 バベル 観てきました。【よしなしごと】at 2007年06月09日 23:57
映画「バベル」、2回目の鑑賞を目論んでたんですが、時間が合わず、 残念ながら今週上映が終了してしまいました。 「期待外れだった。」「よくわからなかった。」という感想も、 数多く見られたんですが、僕は、時間が経てば経つほど。 確かめたい事が膨らんできてたんで...
ブラッド・ピットの似顔絵。「バベル BABEL」【「ボブ吉」デビューへの道。】at 2007年06月14日 00:35
 『私たちは、いまだ、つながることができずにいる―。 届け、心。』  コチラの「バベル」は、旧約聖書の"バベルの塔"をモチーフに、モロッコで放たれた一発の銃弾が世界中に影響を及ぼす様を描いている4/28公開になったPG-12指定のヒューマン・ドラマなのですが、早速...
バベル【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2007年07月29日 23:45
解説: モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、言...
mini review 07075「バベル」★★★★★★★☆☆☆【サーカスな日々】at 2007年09月23日 03:54
あらすじモロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされな...
『バベル』'06・米【虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ】at 2008年01月03日 22:00
監督、アレハンドロ=ゴンサレス=イニャリトゥ。脚本・原案、ギジェルモ・アリアガ。
映画『バベル』(お薦め度★★)【erabu】at 2009年02月20日 13:02
【関連記事】 バベル(ブラッド・ピット) 壁紙
神は、人を、分けた。「バベル」【Addict allcinema おすすめ映画レビュー】at 2011年10月13日 01:08
この記事へのコメント
なるほど、この映画の狙いは
観客をもバベルの塔状態にさせることでしたか。

ぜひ元気な時に観に行きたいものです(^^)
Posted by まき at 2007年05月02日 08:16
5
おはようございます。

むむむっ!な映画タイトルで、不肖のように商売シアターではなくて、「家庭シアター(どっちかつーとぼんびーテレビ)+半年遅れのDVD派」には、ネタバレは読みたくなくないので(半年後の鑑賞のため・・・笑)、スルーしようかと迷ったのでありますが、結局読んでみたのが正解?であります(笑)。

> バベル⇒不条理⇒カオスと進化
> 、???の連続に眩暈を起こすことも避けたいものだ

ここいらへんに、佐藤さんの評価が端的に現れているような気のする親爺めは・・・このDVDはご購入リストから外れることになりました(汗)。

あっ、確か明日、「父親たちの星条旗」がDVDリリースであります、はい(これは買うつもりの汗・・・ただし特典ディスクなしの安い方)。
Posted by 時評親爺 at 2007年05月02日 08:49