2007年08月16日

白い恋人たちに罪はあるのか

白い恋人たち石屋製菓の「白い恋人」はこの記録映画のタイトルから取られたという。ジャン・クロード・キリーやペギー・フレミングが事実上の主役。1972年の札幌五輪ではジャネット・リンが「札幌の恋人」と呼ばれていたような。1976年発売開始だから、この二つの合せ技かも。
けれど、 期限改ざん常態化 社長も事実把握 「白い恋人」96年から 石屋製菓(北海道新聞) 同社は社内規定で「白い恋人」の賞味期限を「四カ月」と設定していたが、一九九六年に商品保存が効く特殊な包装フィルムを導入してから「商品は一年間、最低でも六カ月は持つ」と認識・・・本社工場の製造ラインを無期限で停止し、店頭の全商品を回収する方針を明らかにした。
というのは分からない。被害者ゼロなんだから、操業停止はの理由は報道による需要落ち込み以外考えられない。
包装の良さは証明されたようなものだから、安全性は十分確認されている。体験的に見ても、あの包装はスグレモノで、1ヶ月や2ヶ月延長してもどうということない。
CCW大体、今年に入ってチョコレートの原料になる国際カカオ相場は急騰している。最近になって世界的信用収縮懸念から相場は下げているようだが、中国などの富裕層の需要で上昇トレンドであることには変わりない。おまけに最近までの円安で二重パンチだったろう。需要逼迫のおり、この会社には今こそモッタイナイ精神を発揮してもらいたいものだ。
賞味期限延ばせるのなら、デフォルトで6ヶ月で何が悪い。これも技術の成果だろう。もったいないことするよ。
ただでさえ北海道の牛乳はだぶついているのに、製造休止となると、畜産農家には更に打撃だろう。このメーカーは北海道産の原料にこだわっていたというからなおさらだ。
農水省によると菓子の賞味期限改ざんは、日本農林規格(JAS)法の加工食品品質表示基準に違反する可能性があるそうだが、「改竄」でなく、「改定」にしてしまって何かまずいことでもあるんだろうか。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 経済ブログへ

Posted by y0780121 at 20:34│Comments(0)TrackBack(4)clip!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50145971
この記事へのトラックバック
「白い恋人」石屋製菓、出荷済み全商品回収へ チョコレート菓子「白い恋人」の賞味期限偽装などが発覚した北海道の大手菓子メーカー「石屋製菓」の石水勲社長は16日、札幌市内で記者会見し、19日までとしていた自主休業期間を延長するとともに、出荷したすべての商品を...
賞味期限改ざん10年以上前から 石屋製菓【zara's voice recorder】at 2007年08月16日 21:05
改ざんは10年、社長も把握 「白い恋人」の賞味期限(共同通信) - goo ニュース 北海道の代表的な土産「白い恋人」の賞味期限を製造元の石屋製菓(札幌市)が改ざんし、アイスクリームなどから食中毒の原因となる菌を検出しながら隠ぺいした問題で、石屋製菓の石水勲社長は1...
「白い恋人」の賞味期限偽装表示【あれこれ随想記 】at 2007年08月16日 23:29
わたくしはいつも土産物店で不思議に感じておりますのが「要冷蔵」だとか「冷暗所で保存してください」とか「なるべく涼しいところにおいてね」のような注意書きがしてあるにも拘わらず、陽光を全身に浴びまくっている「名物なんとか饅頭」といった類の品質管理でございます....
駄菓子屋のイカと白い恋人【非日乗的日乗inowe社長blog】at 2007年08月19日 21:58
北海道を代表する銘菓が・・・。
「白い恋人」などが回収【多数に埋もれる日記】at 2007年08月20日 06:43