2007年11月15日

日本企業で「地球の輪」

キヤノン、トッキを買収へ・有機ELを内製化(日経) キヤノンは13日、ジャスダック上場で新型ディスプレーである有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)の製造装置を手がけるトッキを買収すると発表した。買収額は約76億円で、年内に子会社化する方針。2010年にもデジタルカメラなど自社製品に搭載する有機ELパネルを内製化する。
薄型ディスプレー用有機ELパネルばかり注目されているが、より夢のあるのはトッキが開発している有機薄膜太陽電池でなかろうか。
トッキは有機薄膜太陽電池の製造装置の世界的メーカー。保護膜などを含めた厚さは数ミリという世界一の薄さで、軽くて柔軟性にも富む。現在、ヒマラヤ登山などでもベース基地にこの携帯太陽電池が使われている。将来的には73センチ×92センチのパネルを開発するというが、ここまで来ると、もっとスケールの大きな使用法もある。
この有機薄膜太陽電池そのものを赤道上空の高度約35,786kmに帯のように展開して一周させ、帯そのものを静止衛星にしてしまう。
(地球の赤道面での直径12756km+静止衛星の高度35786km×2)×π=26.5万km
の距離に有機薄膜太陽電池を展開すれば「地球の輪」になる。幅は取り合えず運搬手段のスペースシャトルの大きさから考えて5mくらいか。面積は1325平方キロ。1平方メートル当たり平均100ワットとすると、うち半分が太陽に常に曝されているとして、66250メガワットにもなる。実際には宇宙空間なので10万メガワットくらいは期待できそう。世界の太陽電池の総発電量は1000メガワット程度なので、その100倍に相当する。日本の総発電量は約10億メガワットに比べればわずかだけれど、他にもメリットがある。
この薄膜太陽電池の帯の裏側にこれまで打ち上げられた静止衛星をドッキングさせれば、静止衛星は永久のエネルギー源が得られる。静止衛星軌道は微妙にゆらぐために時折エンジン噴射で機動を調整しなければならないが、ドッキングによってその手間は省ける。
余剰の電力はところどころに結び目を付けてそこからレーザー光線で地上に受けさせて地上で使う。
更に太陽電池パネル自体が日傘効果になり、地球温暖化防止に貢献する。少なくともスペース・サンシェードよりは実用的だ。
しかも、これで終わりでなく、横に拡張し、やがて幅100mにもなれば、出力は20倍、温暖化防止も20倍になる。幅が1キロにもなれば、200倍。200万メガワットだ。
問題は現在のスペースシャトルでは、高度35786kmまでははるかに及ばない600kmまでがせいぜいだ。これぐらいの超高度まで荷物を持ち上げてくれる新型スペースシャトルが必要だろう。ま、静止衛星に拘らず、もっと低空に「地球の輪」を巻けば、発電量は減るだろうが、より経済的で地球温暖化抑止効果も減らない。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 経済ブログへ

Posted by y0780121 at 14:54│Comments(2)TrackBack(2)clip!

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
165434 2007年、日本が対米追従路線から反転する画期的な時代へ突入   猛獣王S ( 30代 営業 ) 07/11/17 PM09 『日米首脳会談の笑顔の裏』(BenjaminFulford)リンクより転載します。 ---------------------------------------------------------------- 昨日行...
2007年、日本が対米追従路線から反転する画期的な時代へ突入【サラリーマン活力再生】at 2007年11月17日 22:03
栗本鉄工所が強度改ざん――高速道路橋の型枠データを40年間(日経) 高速道路橋建設に使う鉄製円筒型枠の肉厚を基準よりも最大で0.4ミリ薄くして出荷したうえ、強度試験データを約40年間も改ざんしていたことが21日、分かった。「直ちに道路の安全性に影響はない」という。 ....
栗本鉄工所もTOB?【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年11月22日 18:19
この記事へのコメント
スペースデブリってご存知ですか?静止軌道には密集してますね。
それに、宇宙放射線に曝される環境下では、太陽電池の寿命はせいぜい5年ですけど、その度に交換するのですか?
Posted by geostationary at 2007年11月16日 05:37
↑そのうちなんとかなーるだーろー♪
Posted by 佐藤秀 at 2007年11月16日 16:35