2007年12月01日

ナンバー232

23世界は数字で成り立っている。世界の全てが数字で表現できる――なんて、デジタル全盛の昨今、こんな風に想像してどんな世界が描かれるのか、かすかな期待を持つも、実際はかなり古典的で、オカルト世界では有名な「23」を出発点にしたサイコホラー。予告編だけだと世界終末物とか大陰謀論物とかに関連ありげだったけれど、その線もなしで、想像したよりもスケールは小さかった。
「23」に囚われて、あれはどうだ、これはどうだと頭で自然に計算してしまう。「死の番犬」と呼ばれる犬の名はNED。アルファベット順をそのまま数字に置き換えるとNED=14+5+4=23だ。妄想小説の中の部屋は959号室で、足すと23になる。本屋の「599 A NOVEL FATE」も同様、23.主人公を轢きそうになるバスのナンバーも23。これだけ見せられると気が散って、肝心のストーリーについていけなくなりそうになり、結構キツイ。
一番謎だったのは、KING EDWARD HOTELの電飾。よく見ると、HOTELとイタリック部分がチカチカして消えかけ寸前だ。何か意味あるんだろうか、と考えたが、どう計算しても分からない。キング・エドワードは8世までいるからまとめて8を表しているのか、それとも、1世の前にも3人キング・エドワードと名乗る王様がいたから合わせて11なのかとか、イギリス以外にも2人いたので13なのかとか(参照)考えを巡らすも結局よく分からない。
ちなみに現実にこの名を冠したホテルあるじゃないか。現在のそのホテルは1923年に現在の場所に建てられた。
辞書で調べると、
HOTEL-OT=HEL=冥界、黄泉の国
となる。なんとなく、なんとなくだが、仮にそうであってもあんまりウケないだろう。ということで結局この線は謎だ。
結局、「23」への固執は最後で謎が解けるみたいだ。番犬が守っていた墓碑にその秘密がある。死者は10月13日に23歳で殺される。つまり、犯人は、その死者を殺す前から「23」ヲタだったことになり、それが記憶喪失になることにで却って純化したということなのだろうか。
類似の映画に「23」というのがあるらしいが、こっちの方が面白いかも。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by y0780121 at 20:46│Comments(3)TrackBack(14)clip!洋画ナ行 | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50163465
この記事へのトラックバック
 『それは一冊の本からはじまった』  コチラの「ナンバー23」は、ジム・キャリーが数字に執着する男をシリアスに熱演するR-15指定のスリラーで、奇しくもって言うかきっと狙ってでしょうけど、11/23に公開となったのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  本国アメリ...
ナンバー23【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2007年12月01日 21:55
{/round_o/}天地創造   紀元前4004年10月23日 {/round_o/}ジュリアス・シーザー暗殺時の刺し傷23ヶ所 {/round_o/}テンプル騎士団に存在した23人の総長 {/round_o/}ラテン語の構成文字数23 {/round_o/}人間の性を決定付ける、第23番遺伝子 {/round_...
ナンバー23/ THE NUMBER 23【我想一個人映画美的女人blog】at 2007年12月02日 01:33
私は自由な人間だ! 番号なんかで呼ぶな! 公式サイト オカルトジャンルにおける定番ネタとして有名な、23エニグマの謎を題材とした、ジム・キャリー主演、ジョエル・シューマカー監督による、サイコ・ミステリー映画。 だが日本ではあまりメジャーではないオカルト説...
ナンバー23 32点(100点満点中)【(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)】at 2007年12月02日 01:41
23日、新宿で食事会のあと、大江戸線でそのまま豊島園に。 0:30からのスーパーレイトショーで「ナンバー23 」を鑑賞。 ほんとは、「23」日のうちに観たかったんですが、日を超えてしまいました^^; 「UCとしまえん 」は、さすがにこの時間になると、人は少...
ナンバー23 The Number 23【いい加減社長の日記】at 2007年12月02日 07:26
『23』という数字は、西洋では『13』と並んで、凶兆を表す数字なんだそうです。 『23エニグマ』という、『23』という数字が特別且つ特殊な重要性を持つという思想もあるようで。例えば、作家ウィリアム・S・バロウズの著書では、23年間に渡って無事故で航行したというフェリ...
[Review] ナンバー23【Diary of Cyber】at 2007年12月02日 08:52
原題:The Number 23 なぜかゼッケン「34」を思い出した、フライング・テキサンと呼ばれたロードレーサーのケビン・シュワンツが世界チャンピオンになるまで愛用したナンバー・・・ 本日の業務は終了しました、という1分前にイジワルなことに仕事を振られてしま...
映画「ナンバー23」【茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??】at 2007年12月02日 12:49
(原題:THE NUMBER 23) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) "23"という数字の謎に取り憑かれてしまった男の数奇な運命を描いたサスペンス・ミステリ−。 動物管理局に勤めるウォルター・スパロウ(ジム・キャリー)は、自分の誕生日に古本屋で妻のアガサ(...
ナンバー23【ともやの映画大好きっ!】at 2007年12月03日 00:19
「ナンバー23」の試写会に行って来ました。 主演は、コメディのイメージが強いジム・キャリーです。
ナンバー23【アートの片隅で】at 2007年12月06日 19:16
"23"といえばMJが最初に思い出されるねぇ。『ナンバー23』11月"23"日公開。2月3日の誕生日、ウォルターは妻から一冊の本を渡される。「ナンバー23」というその殺人ミステリは、"23"の呪いに取り憑かれた男の話。読みふけるウォルターは気付く。その主人公が自分に似ているこ...
感想/ナンバー23(試写)【EDITOREAL】at 2007年12月06日 20:24
監督:ジョエル・シューマッカー 出演:ジム・キャリー、ヴァージニア・マドセン、ローガン・ラーマン、ダニー・ヒューストン、ローナ・ミトラ、リン・コリンズ 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) 結構素直に映画にのめりこんでいたからだろうか、あ....
ナンバー23−(映画:2007年137本目)−【デコ親父はいつも減量中】at 2007年12月09日 00:10
今週の平日休みはシネコンハシゴの2本立て。 こちらは「109シネマズ川崎」で見た2本目。 ジム・キャリーのシリアス映画なんて見たことあったっけ???
★「ナンバー23」【ひらりん的映画ブログ】at 2008年01月03日 01:45
コメディ俳優ジム・キャリーがシリアスなスリラーに挑戦した作品。 過去にもコメディからの脱却を目指してか、「マン・オン・ザ・ムーン」、「マジェスティック」といったコメディ外作品にも主演している彼だけれど、今回はサスペンス・スリラー。 新しい挑戦ではあるかと...
『ナンバー23』【cinema!cinema!??ミーハー映画・DVDレビュー】at 2008年06月19日 10:14
ジム・キャリーが好きではないのです。 あの過剰な演技がどうも。。。( ^ _ ^; でも私の名前は23にゆかりがあるのです。 一応見ておかなければ。 DVDで鑑賞。 動物管理局に勤めるウォルターは 野良犬を捕まえようとして腕を噛まれ その犬は墓地に逃げてしまう...
ナンバー23【映画、言いたい放題!】at 2008年11月09日 00:53
2007 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ、ためになる 出演:ジム・キャリー、ヴァージニア・マドセン、ローガン・ラーマン、ダニー・ヒューストン 本作は、ミステリーではなく完全なサイコ・サスペンス。妻から「ナンバー23」と...
ナンバー23【あず沙の映画レビュー・ノート】at 2009年02月01日 01:52
この記事へのコメント
んで、筑紫哲也の登場シーンは?
Posted by 滑稽本 at 2007年12月03日 16:32
>筑紫哲也
イニシャルにすると、
Chikushi Tetsuya⇒CT=3+20=23

ガクガクブルブル
Posted by 佐藤秀 at 2007年12月03日 19:34
Σ(・ω・ノ)ノナント
Posted by 滑稽本 at 2007年12月05日 02:03