2008年02月23日

いつか眠りにつく前に(Evening)4

evening英語タイトルEvening、スーザン・マイノット原作、ラホス・コルタイ監督、ヴァネッサ・レッドグレーブクレア・デインズパトリック・ウィルソンメリル・ストリープ。親子二代のシーンが交互し、似たような顔の人が出て来て混乱する。
老いたアン(ヴァネッサ・レッドグレーブ)と長女コンスタンス(ナターシャ・リチャードソン)は実の親子。オマケにコンスタンスは若い時のアン(クレア・デインズ)に良く似ていて紛らわしい。
それから老人ライラ(メリル・ストリープ)とライラの母親(グレン・クローズ)がこれまた良く似ている。ストリープが1人2役かと思った。クローズはわざとストリープに似ようとしている風だ。
evening2オマケに、若いライラ役はストリープの実娘メイミー・ガマーで親子で2人1役。ちょっと配役に懲り過ぎ感あり。ガマーは河合奈保子かと思ってしまう。
雰囲気としては、以前見たベティ・デイヴィスの「八月の鯨」に似ているような。やはり海岸の家が舞台で、若かりし頃の回想だ。確か渡し舟を漕ぐ青年がいて、その人は2人が老人となった今も同じ渡し舟の仕事をしていて2人を乗せるのに感動した。とはいえよく覚えていない。記憶違いでなければ、そうだった。
evening1その役はハリス(パトリック・ウィルソン)なのかもしれない。帆掛け舟でアンを誘惑するシーンでそのことを思い出した。家政婦の倅役で、真面目で一番モテる男。アル中のライラの弟が気の毒なくらいだ。
ちなみに、コアのメッセージは「人生に過ちはない」ということ。1回きりの人生だから過ちなどと嘆いても意味がないということだろう。特に人生が終了する時点で。
原題が示すように夕暮れの海で終わる。薄暮や薄暗がりの映像が美しい。あくがれいづる魂の象徴にホタルが舞うというのは日本だけかと思っていたら、そうでもないらしい。Jan A. P. Kaczmarekの音楽がなんともよく、映像とよくマッチして素晴らしい。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログへ

Posted by y0780121 at 21:33│Comments(0)TrackBack(22)clip!洋画イ | ★4

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
◆プチレビュー◆死を目前にした母が胸に秘めていたのは娘たちが知らない悲恋。豪華キャストで描くしっとりとした女性映画だ。 【65点】  人生の最期を迎えた老婦人アン。母の枕元の二人の娘が聞いたのは、自分たちが知らない男性の名前だった。夢とも現実ともつかない意...
映画レビュー「いつか眠りにつく前に」【映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評】at 2008年02月24日 00:32
 『すべての女性の人生が、 美しい一瞬を持っている。』  コチラの「いつか眠りにつく前に」は、スーザン・マイノットのベストセラー同名小説を豪華女優陣の競演で映画化した2/23となった感動作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  死の床に伏したアン(ヴァ....
いつか眠りにつく前に【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2008年02月24日 18:28
監督:ラホス・コルタイ  CAST:ヴァネッサ・レッドグレーブ、クレア・デインズ、トニー・コレット パトリック・ウィルソン 他 死...
『いつか眠りにつく前に』【Sweet*Days**】at 2008年02月24日 20:19
Evening(2007/アメリカ)【試写会】 監督:ラホス・コルタイ 出演:クレア・デインズ/ヴァネッサ・レッドグレイヴ/メリル・ストリープ/グレン・クローズ/トニ・コレット/ナターシャ・リチャードソン/パトリック・ウィルソン/ヒュー・ダンシー あなたが最期に呼ぶ...
いつか眠りにつく前に【小部屋日記】at 2008年02月24日 22:27
『悲しみを呑み込んで、女は母になる』 / (ネタバレの可能性あり) 死の床にある老母が、うわごとで何度も口にする「ハリス」という謎の男の名前。そして「ハリスと私がバディを殺した……」という思いがけない言葉に戸惑いを隠せない二人の娘。次女は知られざる母親の素顔...
いつか眠りにつく前に【I N T R O】at 2008年02月28日 00:33
何もかも懐かしい…。 公式サイト アメリカの作家スーザン・マイノットの小説『EVENING』を、ジュゼッペ・トルナトーレ作品などの欧州映画の撮影監督を務めてきたラホス・コルタイ監督により映画化。今回の日本公開を機に、原作も日本語版が刊行された。 現代と50年前...
いつか眠りにつく前に 32点(100点満点中)08-060【(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)】at 2008年02月28日 01:07
監督:ラホス・コルタイ 出演:クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、メリル・ストリープ、トニ・コレット、グレン・クローズ、ナターシャ・リチャードソン、メイミー・ガマー 「間もなく永遠の眠りにつくアンを、枕もとで見守る二人の娘。アンは娘達の知ら
【いつか眠りにつく前に】【日々のつぶやき】at 2008年02月28日 11:10
死の床で自身の人生を振り返るひとりの女性を中心に人間模様を描いた作品です。
思い出は美しすぎて。『いつか眠りにつく前に』【水曜日のシネマ日記】at 2008年02月28日 23:21
アン役ヴァネッサ・レッドグレーヴの娘役を実の娘ナターシャ・リチャードソンが、ライラ役メリル・ストリープの40年前を実の娘のメイミー・ガマーが演じ、二組の母娘共演を果たした本作。感動作だということだが・・・【story】死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグ...
いつか眠りにつく前に【★YUKAの気ままな有閑日記★】at 2008年02月29日 09:14
原題:Evening いつか眠りにつく前に、人生に過ちなんてなかった、と開き直る気持ちはよく分かる・・後悔は先に立たず、人生は長いようで短い、夢と希望を繋ぐものは・・ イブニング、輝くように美しい、まるで絵に描いたような、いや、絵にも描けない美しさという...
映画「いつか眠りにつく前に」【茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??】at 2008年03月01日 19:00
□作品オフィシャルサイト 「いつか眠りにつく前に」□監督 ラホス・コルタイ □原作・脚本 スーザン・マイノット □脚本 マイケル・カニンガム □キャスト クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、メリル・ストリープ、トニ・コレット、パトリック・ウィルソン...
『いつか眠りにつく前に』【京の昼寝〜♪】at 2008年03月11日 12:43
JUGEMテーマ:映画 (1から) 「シネマロサ」2階の劇場を出て、 今度は地下の劇場で『いつか眠りにつく前に』を見る。 病床の60代の母親アンが娘二人に「ハリス」という男性の名をうわごとのように口にする。娘のコリーとニーナは母からそんな男性の名前を聞く...
真・映画日記(2)『いつか眠りにつく前に』【          】at 2008年03月11日 17:46
 死の床にある母が語った物語は、娘たちが知らない40年前の愛の記憶     2月26日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。キャストの顔ぶれは、凄い親子で共演という女優さんもいます。その一人がメリル・ストリープのお嬢さん、メイミー・ガマー。メリル演じるライ...
いつか眠りにつく前に☆母の隠された40年前の愛【銅版画制作の日々】at 2008年03月23日 00:27
公式サイト。伊坂幸太郎原作、筧昌也監督、金城武、小西真奈美、富司純子。不幸な運命を生きる自分を唯一理解し、愛してくれた男性を人生の最後まで拠り所にした女性の半生を描いた悲恋――と表現するよりも、死神を介してカムフラージュしなければ、その悲しみは伝わらない....
Sweet Rain 死神の精度【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2008年03月28日 12:18
25.いつか眠りにつく前に■原題:Evening■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:117分■鑑賞日:3月1日、武蔵野館(新宿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ラホス・コルタイ□脚本・原作・製作総指揮:スーザン・マイノット□脚本・製作総指揮...
映画『いつか眠りにつく前に』を観て【KINTYRE’SDIARY】at 2008年04月03日 23:47
公式サイト。イアン・マキューアン原作、ジョー・ライト監督、ジェームズ・マカヴォイ、キーラ・ナイトレイ。「つぐない」をテーマにした映画としては、「君のためなら千回でも」があるけれど、あちらはかなり身勝手な贖罪であったのに対し、こちらはもう夢の中でつぐなうし....
つぐない【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2008年04月18日 14:28
現代と50年代をまたぐ物語。死期迫る病床の主人公アンにヴァネッサ・レッドグレイヴその親友ライラにメリル・ストリープ50年代と若き日のアンをクレア・デインズ。若き日ライラはメリル・ストリープの実の娘メイミー・ガマーアンの長女にヴァネッサ・レッドグレイヴの実の...
いつか眠りにつく前に■メリル・ストリープの一人勝ち【映画と出会う・世界が変わる】at 2008年04月24日 08:04
病に倒れ、人生の最期を迎えようとしていたアン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)。長女のコンスタンス (ナターシャ・リチャードソン)と次女のニナ(トニ・コレット)に見守られる彼女は、混濁する意識の中、 “ハリス”(パトリック・ウィルソン)という男性の名を何度も口...
「いつか眠りにつく前に」【心の栄養♪映画と英語のジョーク】at 2008年10月15日 23:25
わたしたちは、それぞれ、すべきことをした
いつか眠りにつく前に【悠雅的生活】at 2008年11月27日 23:36
2007 アメリカ 洋画 ドラマ 作品のイメージ:感動、切ない 出演:クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、メリル・ストリープ、グレン・クローズ、トニ・コレット 郷愁に満ちた、そして深い感慨を覚える作品。二人の娘に見守られながら最期のときを迎えようとし...
いつか眠りにつく前に【あず沙の映画レビュー・ノート】at 2009年02月10日 21:41
あらすじ死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を2人の娘たちが見守る中、熱にうなされたアンは娘たちの知らない男性の名前を何度も口にする。そんな中、アンの記憶は1950年代のある出来事へとさかのぼっていく。親友の結婚式のため、海辺の町を訪れ...
『いつか眠りにつく前に』'07・米・独【虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ】at 2009年02月19日 06:58
{{{   ***STORY***              2007年  アメリカ 重い病に倒れた老女アンは、2人の娘と夜勤の看護婦に見守られ、自宅のベッドで静かに人生の最期を迎えようとしていた。混濁する意識の中で、アンは娘たちが聞いたこともない「ハリス」とい...
*いつか眠りにつく前に*【Cartouche】at 2009年08月26日 23:31