2008年04月18日

つぐない4

atonment1公式サイト。イアン・マキューアン原作、ジョー・ライト監督、ジェームズ・マカヴォイキーラ・ナイトレイ。「つぐない」をテーマにした映画としては、「君のためなら千回でも」があるけれど、あちらはかなり身勝手な贖罪であったのに対し、こちらは償い自体が叶わぬものとなり、もう夢の中でつぐなうしかないという心の清算の色彩が強い。
見終えると、どこまでがブライオニーの創作なのか分からなくなる。出だしからして、ブライオニーの創作シーンで始まり、その後もタイプライターの音が通奏低音として響き続ける。
atonment2溺死に対する夢のようなこだわりは何なのだろう。13歳のブライオニー(シーアシャ・ローナン)がロビー(ジェームズ・マカヴォイ)への思いから、わざと川で溺れる振りをする。姉のセシーリア(キーラ・ナイトレイ)が壷の欠片を拾うために噴水に潜る。そのセシーリアは最後に地下壕で溺死する。そのセシーリアの溺死さえ現実なのか、成人したブライオニー(ロモーラ・ガライ)、あるいは老作家になったブライオニー(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)の創作なのか判然としない。
恐らく、最初のブライオニーの溺れと淡い恋心が結びついた至福の体験が忘れ難く尾を引き、恋敵の姉の噴水への潜水を誤解させ、最終的に地下壕で溺死させたのではないか。残酷な復讐のようにも見えるが、自分が体験した至福と同じ死に方で姉を弔うというブライオニーなりの弔い方なのかもしれない。けれど、映画ではこれが「事実」ということになっている。
これら象徴的シーンに限らず、「水」はどこか「幸福」を象徴しているようだ。プールサイドのセシーリアの美しさ、風呂桶に入りながら、天窓越に軍用機が飛び去るのを眺めるロビー。逆に行軍で耐えられないような喉の渇きに苦しむロビーは不幸な運命を暗示しているようでもある。
atonment3手紙の誤解はどこか「春の雪」の手法を思わせるが、誤解はブライオニーの側だけにあり、2人がこんな程度で壊れるほど幼くはない。実はロビーが戯れに書いた手紙自体がブライオニーが書いた偽装手紙じゃないかとさえ思える。ブライオニーだって、ずぶぬれになった下着から透けて見えるセシーリアのそれをしっかり目撃しているのだ。そもそもあの程度の誤解でお詫びの手紙など大人のロビーが書くものかどうか。
そして決定的となるレイプの目撃。あのシチュエーション自体が観る者を戸惑わせる。皆が必死に双子の兄弟を探している時にやれるものなのかどうか。かなり無理な設定なのはイギリスの邸宅の広さを日本人が想像できないだけなのか。しかし、ブライオニーが誤解しても、家族全員が誤解するのは無理筋だろう。
ラストの岬の家。それはセシーリアがロビーに送る絵葉書の写真なのだが、これもブライオニーの創作。このシーンがまた同じヴァネッサ・レッドグレイヴが演じているとあって、どうしても「いつか眠りにつく前に」と重なってしまう。岬のある家は終末と合うようだ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログへ

Posted by y0780121 at 14:27│Comments(4)TrackBack(33)clip!洋画タ-ツ | ★4

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50183603
この記事へのトラックバック
監督:ジョー・ライト CAST:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞、...
『つぐない』【Sweet*Days**】at 2008年04月18日 16:52
□作品オフィシャルサイト 「つぐない」□監督 ジョー・ライト □原作 イアン・マキューアン「贖罪(新潮社刊)」 □脚本 クリストファー・ハンプトン □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレンダ...
『つぐない』【京の昼寝〜♪】at 2008年04月18日 17:19
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 原題 ATONEMENT 原作 イアン・マキューアン『贖罪』 上映時間 123分 製作国 イギリス 監督 ジョー・ライト 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカヴ...
つぐない【to Heart】at 2008年04月18日 17:31
「プライドと偏見」のジョー・ライト監督が再びキーラをヒロインに起用しイギリスのイアン・マキューアンのベストセラー小説「贖罪」を映画化した作品です。「シルク」はハズレな予感があってスルーしちゃったから私にとっては久しぶりのキーラ・ナイトレイ作品です。 出....
つぐない/ キーラ・ナイトレイ【カノンな日々】at 2008年04月18日 18:43
ATONEMENT一生をかけて償わなければならない罪があった。命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 上映時間123分製作国イギリス公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/04/12ジャンルドラマ/戦争/ロマンス映倫PG-12【解説】英国を代表する作家の一人、イアン・マキュー...
★つぐない(2007)★【CinemaCollection】at 2008年04月18日 23:05
今週公開作は・・・ 「フィクサー」「王妃の紋章」「ブラックサイト」「ヒットマン」など・・・ 見たい作品が目白押しだけど・・・ やはり、キーラ・ナイトレイが出てる本作を初日のレイトショウで。
★「つぐない」【ひらりん的映画ブログ】at 2008年04月19日 02:27
映画「つぐない」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ブレンダ・ブレシン、他 *監督:ジョー・ライト 感想・評価・批評 等、....
「つぐない」レビュー【映画レビュー トラックバックセンター】at 2008年04月19日 07:13
"つぐない"といえば、テレサ・テンですが、、、 って世代がバレるか{/dododo/} こちらの作品、 今年のアカデミー賞作品賞のノミネートに、ゴールデングローブ賞作品賞受賞{/hakushu/} トロント映画祭でも高評だったし、その地味なタイトルとは裏腹に、期待が高まるのは仕...
つぐない/ Atonement【我想一個人映画美的女人blog】at 2008年04月25日 23:55
アカデミー賞7部門にノミネートされアカデミー作曲賞獲得、 キーラ・ナイトレイ出演作なのに、CMも少なくひっそり公開されているのは何故なのでしょう? 知り合いのYさんに関内の横浜シネマリンのチケットを頂き、 調べてみたら「つぐない」上映中!ということでダッシ...
つぐない【映画の話でコーヒーブレイク】at 2008年04月26日 02:09
 『一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。』  コチラの「つぐない」は、ブッカー賞作家イアン・マキューアンの「贖罪」を映画化した4/12公開となったPG-12指定の大河ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  ...
つぐない【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2008年04月27日 18:17
'08.04.19 『つぐない』@テアトルタイムズスクエア 「第二次大戦中のイギリス。政府高官の娘ブライオニーは小説を書くのが好きな夢見がちな少女。家政婦の息子ロビーと密かに愛し合う美しい姉セシーリア。ブライオニーは2人の仲を衝撃的な形で知ってしまう。そして彼女...
『つぐない』【・*・ etoile ・*・】at 2008年04月27日 23:39
キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ主演の『つぐない』を新宿テアトルタイムズスクエアで観てきました。いやー、音楽に魅了された2時間強。 1935年のイングランド。政府官僚のジャック・タリスの屋敷では、末娘のブライオニーが休暇で帰省する兄と友人のために自...
『つぐない』【cinema!cinema!??ミーハー映画・DVDレビュー】at 2008年04月30日 00:04
思い込みの嘘は自分を苦しめる。  
つぐない【Akira's VOICE】at 2008年04月30日 12:08
タイプライターを叩く音を効果的に用いた音楽、13歳の少女の無垢なるゆえに犯した一つの過ちによって引き裂かれた恋人たち、そしてその過ちに生涯苦しみ続ける一人の女性の半生。上映中2時間椅子が軋む雑音さえこの映画に対して失礼だと思えるくらいに美しく、切なく、そし....
『つぐない』【めでぃあみっくす】at 2008年05月04日 11:51
「クェスはね、シャアにおまんこ舐められたいと思ってるの! シャアはねクエスのおまんこ舐めたいのよ! 」 公式サイト イギリスの作家イアン・マキューアンの小説『贖罪』を、やはりイギリス文学の映画化である『プライドと偏見』のジョー・ライト監督により映画化。キー...
つぐない 90点(100点満点中)【(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)】at 2008年05月04日 21:07
   ★★★★☆  Ian McEwanの小説「Atonement」(2001年、『贖罪』)の映画化。 第二次世界大戦下のヨーロッパを舞台に 運命に翻弄される男女を描いた文芸作品。 原題は「Atonement」。  1930年代のイギリス、裕福なTallis家の長女Cecilia(Keira Knightley)は...
映画「つぐない」(2007年、英)【富久亭日乗】at 2008年05月05日 10:45
監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ブレンダ・ブレシン 評価:95点 公式サイト (ネタバレあります) 多感な少女のついた嘘が、愛し合う男女の仲...
つぐない−(映画:2008年38本目)−【デコ親父はいつも減量中】at 2008年05月06日 00:44
[[attached(1,center)]] 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。 政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と想いを通わせ合うようになる。 しかしながら、小説家を目指す多感な妹、...
つぐない【サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画】at 2008年05月06日 01:46
≪ストーリー≫ 第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライ...
【劇場映画】 つぐない【ナマケモノの穴】at 2008年05月06日 20:03
なんと言っても映画「つぐない」は、キーラ・ナイトレイありきの作品です。どう考えても「つぐない」のヒロインは、キーラ・ナイトレイ以外は考えられません。キーラの美しさを前面に打ち出した、哀しくも切ないヒロインですから。スカーレット・ヨハンソンに置き換えて
キーラ・ナイトレイの「つぐない」を観た!【とんとん・にっき】at 2008年05月09日 00:00
☆「つぐない」 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレンダ・ブレシン、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、パトリック・ケネディ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュノ・テンプル 1930...
「つぐない」観てきました♪【りんたろうの☆きときと日記☆】at 2008年05月25日 23:23
 一生をかけて、償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた・・・・・。   5月9日、「ハンティング・パーティ」 鑑賞後、「つぐない」を鑑賞しました。こちらは、女性客が9割くらい占めていました。やはり女性に人気があるようです。...
つぐない:幼き少女の証言によって、二人の人生は狂う!!【銅版画制作の日々】at 2008年05月27日 22:38
40.つぐない■原題:Atonement■製作年・国:2007年、イギリス■上映時間:124分■字幕:関美冬■鑑賞日:4月20日、テアトルタイムズスクエア(新宿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ジョー・ライト□脚本:クリストファー・ハンプトン□原作:イ...
映画『つぐない』を観て〜アカデミー賞受賞作品【KINTYRE’SDIARY】at 2008年05月28日 21:34
脚本ゼミのお友達で作る映画を観る会で 女性メンバーの支持を得て、 今回はこの作品に決まりました。(^^) 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。 政府官僚の長女セシーリアは、 兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビーと 心を通わせ合うようになる。 しかし、 ...
つぐない【映画、言いたい放題!】at 2008年06月23日 23:02
To A Visual Stimulus 【Story】 1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブライオニー(シーアシャ・ローナン)は、ある週末、姉のセギ..
つぐない【Memoirs_of_dai】at 2008年10月14日 00:12
{/kaeru_fine/} 最近「楽市楽座」のコマーシャルにスザンヌが出演しているのを発見{/ee_3/}したピロEKです。 実は今日の「つぐない」の記事、随分前に9割方書き終えていたのですが(「ハンコック」よりも前に)、鑑賞順でまず「ハンコック」の記事をアップ。で、その後は...
【映画】つぐない…昼メロだなんて誤解していて申し訳ないm(__)m【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at 2008年11月12日 23:32
第1作「プライドと偏見」(2005年)で世界の注目を集めた英国若手監督ジョー・ライト(1972年??)が07年、2作目としてイアン・マキューアンの小説「贖罪(しょくざい)」を映画化した大河ロマンス「つぐない」(英、123分、ユニバーサル映画配給)。この映画...
「つぐない」【シネマ・ワンダーランド】at 2008年11月30日 21:39
13歳の暑い夏の日。少女が見たもの。贖えない罪。
つぐない【悠雅的生活】at 2008年12月04日 18:15
2007 イギリス 洋画 ドラマ ラブロマンス 作品のイメージ:感動、切ない 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シーアシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ 心に沁み入る作品。映像も相当素晴らしい。美しい英国の風景、ピアノが 奏でる哀しい音楽、そして...
つぐない【あず沙の映画レビュー・ノート】at 2009年01月29日 13:02
ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。運命に翻弄...
mini review 08355「つぐない」★★★★★★★★☆☆【サーカスな日々】at 2009年02月15日 06:16
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 劇場鑑賞時に発作発生 ▼感想 事実を伝えることが本当のつぐない ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使...
【DVD】つぐない【新!やさぐれ日記】at 2009年07月23日 21:49
一生をかけて償わなければならない罪があった。
つぐない【Addict allcinema 映画レビュー】at 2009年07月31日 16:13
「世界名作映画」ラブロマンス篇のベスト10は下記の通り。映画の世界では、ラブロマンスとは古くて新しいテーマである。古くはメロドラマ的な作品が数多かったが、近年ではもっと割り切ったドライなものが多数を占めている。男と女の関係は基本的に、未来永劫不変なの
「世界名作映画」ベスト10ラブロマンス篇【シネマ・ワンダーランド】at 2014年05月30日 22:28
この記事へのコメント
こんにちは。
TBありがとうございます。
水がキーワードということには思い及びませんでした。
川、噴水、溺死等々、確かにすべて水がらみですね。
水が幸福の象徴で、のどの渇きに苦しむロビーには不幸の運命・・・なるほど〜と唸りました。
これは普遍的なものでしょうか?
水に恵まれた日本人にはこういう発想はないかも、文化の違いでしょうか?
Posted by ryoko at 2008年04月26日 19:46
ううん、文化の違いというより、たぶんブライオニーの個人的な最初の体験から来ているんだと思います。最初の甘い体験は忘れがたいというか、三つ子の魂百までというか・・・。
Posted by 佐藤秀 at 2008年04月26日 20:48
TBありがとう。

<水>の指摘は、面白いと思います。
僕も、ブライオニーの想像(妄想)ではじまり、想像(贖罪)で終わる作品なのかな、と思いました。

創作は、すべて、いくつかの現実ないし仮想現実が、重層的に、組み合わさっているのだと思います。
Posted by kimion20002000 at 2009年02月22日 23:13
そうですね。本当はキーラ・ナイトレイが主演のはずだったのにいつの間にかブライオニー中心で展開するのも創作は必ず作者を中心に展開させるというエゴなのでしょうか。
Posted by 佐藤秀 at 2009年02月22日 23:32