2008年04月30日

アイム・ノット・ゼア〜イ奄はネ申3

imnt公式サイトトッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェットリチャード・ギアクリスチャン・ベイル。まるで死ぬ瞬間に見るという自分の人生の巻き戻しの夢を映像化したようなボブ・ディランの伝記ドキュメンタリーのようなモキュメンタリーのような。
なぜか夢の入口と出口が「ダージリン急行」だ。そのココロは「列車に飛び乗る」。客車と貨物車の違いはあれど。雰囲気もそこはかとなく似ている。もう一つ「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」がセレブを見る視点から描かれているのに対し、こちらはセレブが見られる視点で描かれていることか。
“I'm not there”(僕はもういない)というタイトルにだまされるな。ボブ・ディランは、実は自分が世界に遍在していると信じているに違いない。そこにいない、ということは、どこにでもいる、ということだろう。ケイト・ブランシェットのロックスター・ジュードに「夢こそ確かなもの」と言わせているけれど、ディランは自分は夢であり、世界で一番確かなもので遍在しているものだ、と傲慢かましているようにも見える。つまり、「イ奄はネ申」意識だ。
実際、この映画はある意味、途轍もない傲慢が支配している。「世界を変えたい」と思うことも「歌で世界が変わるわけない」と言うことも、どちらも選良意識の塊だ。カオス対自分、という対立意識も自分だけはカオスの中にいない、という意識の現われだろう。そう考えると、ジュード(ユダ)がキリスト像の前で減らず口をたたくシーンはなかなかのものだ。
BBC記者とのやりとりも面白い。記者が「あなたは、政治に無関心になったのか、私に無関心になったと思わせたいかのいずれかだ」と言われて切れてしまい、記者をからかう歌まで作ってしまう。「あんたは何もわかっちゃいないのさ」と毒づく。結局、分かっているか分かっていないかが、彼の絶対の価値尺度であることを自白してしまっているのが痛いところ。本音は多分、自分は神だと思われたい、だろう。そこまで思わないと「ファシストを殺すマシン」からボブ・ディランは誕生しなかったはずだ。
6人のマルチ・ディランが登場するが、存在感からいってブランシェットが実質主演。彼女の男形は予告編では違和感あったが、本編観ると全く違和感を感じない。男優でもこうも見事に表現できない艶がある。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログへ

Posted by y0780121 at 21:29│Comments(0)TrackBack(17)clip!洋画ア~サ行 | ★3

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
(原題:I′M NOT THERE) ----この映画って話題になっているよね。 確か、ボブ・ディランをいろんな俳優が演じているんでしょ? 「そう。 なかでもケイト・ブランシェットね。 全米映画批評協会賞を始め、 数多くの助演女優賞を受賞している」 ----へぇ〜っ。女優までディ...
『アイム・ノット・ゼア』【ラムの大通り】at 2008年04月30日 21:44
 『詩人・無法者<アウトロー>・映画スター・革命家・放浪者・ロックスター 全てボブ・ディラン 6人の豪華キャストが演じる、生ける伝説』  コチラの「アイム・ノット・ゼア」は、まさに生ける伝説、っつ〜か生ける神様?ボブ・ディランをモデルにした6人の人物を6人...
アイム・ノット・ゼア【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2008年04月30日 21:50
JUGEMテーマ:映画 あらゆる芸術の中で“詩”というものは言葉の壁がもっとも高いジャンルだと思います。 ボブ・ディランといえば、名前は知っているし、有名な曲は「あぁ、あれね」と思いつく程度に何曲かは知っています。 ただ、彼がこうまで高い評価を得ているのは...
「アイム・ノット・ゼア」 答えは風に舞っている【ハピネス道】at 2008年04月30日 23:07
え〜?リチャード・ギアがボブ・ディラン{/eq_2/} なんて最初聞いた時はびっくりしたけれど、 よくよく聞くと、クリスチャン・ベールやヒース・レジャー、ベン・ウィショーはいいとして 黒人の子供{/eq_1/} 果ては女まで(ケイト・ブラシェット)いるよ{/eq_1/} ぼく...
アイム・ノット・ゼア/I'M NOT THERE【我想一個人映画美的女人blog】at 2008年05月01日 01:21
この映画はボブ・ディランに心酔した人以外には難解すぎる映画だと思います。私なんぞはボブ・ディランといえば様々な分野に影響を与えた偉大なるミュージシャンで、彼の音楽は「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」ぐらししか知りませんでしたので、正直最後までこの映画に面....
『アイム・ノット・ゼア』【めでぃあみっくす】at 2008年05月02日 21:35
{/kaeru_en4/}「大熊象牙」っていうのもなかなか凄い迫力のある名前だな。 {/hiyo_en2/}それより私は象の寓話を思い出したわ。 {/kaeru_en4/}象の寓話? {/hiyo_en2/}目の見えない人が集まって、ある人は象の足だけ触り、ある人は象の鼻だけ触り、ある人は象のしっぽだけ触...
「アイム・ノット・ゼア」:寿三丁目バス停付近の会話【【映画がはねたら、都バスに乗って】】at 2008年05月03日 09:32
詩人、無法者(アウトロー)、映画スター、革命家、放浪者、ロックスター全てボブ・ディラン__ 6人の豪華キャストが演じる、生ける伝説! 1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床の本物のウディに会いに行く。社会派フォーク歌手と....
アイム・ノット・ゼア【パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ】at 2008年05月04日 22:21
I'm Not There(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本: トッド・ヘインズ 出演:クリスチャン・ベイル/ケイト・ブランシェット/マーカス・カール・フランクリン/リチャード・ギア/ヒース・レジャー/ベン・ウィショー/シャルロット・ゲンズブール 詩人・無法者...
アイム・ノット・ゼア【小部屋日記】at 2008年05月05日 23:55
{{{   ***STORY***                 2007年  アメリカ 1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床の本物のウディに会いに行く。社会派フォーク歌手として人気が出たジャックだが、シーンから消えた20年後、...
*アイム・ノット・ゼア*【Cartouche】at 2008年05月06日 14:39
千の風に吹かれて 「そこにー わたしはー いませんー♪」 公式サイト アメリカのカリスマミュージシャン、ボブ・ディランをモチーフとしたオムニバス映画。 監督のトッド・ヘインズは以前にも、『ヴェルヴェット・ゴールドマイン』という映画にて、実在の有名ミュ....
アイム・ノット・ゼア 31点(100点満点中)08-140【(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)】at 2008年05月07日 23:54
JUGEMテーマ:映画 4月27日(日)◆788日目◆ 日曜なのに朝8時前に起きて、 8時半には家を出る。 もう少し寝ていたかったが映画がある。 今年のGWはタイトなスケジュールなんだから、 これくらいは慣れなくては。 9時半に「シネカノン有楽町2丁目」に到着。...
『アイム・ノット・ゼア』【真・映画日記(1)】at 2008年05月09日 00:45
6人のキャストが演じる、それぞれのボブ・ディラン 5月8日、京都シネマにて鑑賞。そういえば、ボブ・ディランは今も健在なのだ!実は私もボブ・ディラン世代?でもファンではなかったが。日本のフォークシンガーにとっては神様のような存在だったので、彼のことを歌に...
アイム・ノット・ゼア♪6人のボブ・ディラン【銅版画制作の日々】at 2008年05月15日 10:49
彼の代表作のひとつ「風に吹かれて」のジャケットのこの写真。これと同じシーンが登場する。ただし、正面からではなく、俯瞰で捉えられている。リチャード・ギア演じるビリーとは当然、ビリー・ザ・キッドのことで、ボブ・ディラン自身が俳優としてペキンパの「ビリー・ザ...
アイム・ノット・ゼア■ボブ・ディラン vs. ジェーン・バーキン【映画と出会う・世界が変わる】at 2008年06月16日 20:25
44.アイム・ノット・ゼア■原題:I'mNotThere■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:136分■字幕:石田素子■鑑賞日:5月1日、シネマライズ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:トッド・へインズ□脚本:オーレン・ムヴァーマン□製...
映画『アイム・ノット・ゼア』を観て【KINTYRE’SDIARY】at 2008年06月22日 14:28
2007 アメリカ 洋画 ドラマ 伝記 作品のイメージ:カッコいい、スゴイ、ためになる 出演:クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、ヒース・レジャー、リチャード・ギア ボブ・ディランの6つの顔を6人の俳優が演じているという風変わりな作品。バイオグラフィー...
アイム・ノット・ゼア【あず沙の映画レビュー・ノート】at 2009年01月29日 16:33
「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」に続く、 「ケイト・ブランシェット特集」の第3弾。 この作品・・・6人の俳優がいろんな人格としての伝説的歌手ボブ・ディランを演じる・・・って趣向。 去年亡くなったヒース・レジャーも、その1人として出演してたのね...
「アイム・ノット・ゼア」【★☆ひらりん的映画ブログ☆★】at 2009年02月12日 03:54
詩人・無法者(アウトロー)・映画スター・革命家・放浪者・ロックスター 全てボブ・ディラン 6人の豪華キャストが演じる、生ける伝説
アイム・ノット・ゼア【Addict allcinema 映画レビュー】at 2009年06月16日 19:24