2008年06月22日

西の魔女が死んだ2

twotwid公式サイト梨木香歩原作。長崎俊一監督、サチ・パーカー、高橋真悠、りょう、大森南朋高橋克実木村祐一。八ヶ岳山麓の別荘地らしき所に一人暮らしするおばあちゃん(サチ・パーカー)はイギリス人の祖母で未亡人。ちなみに個人名はない。
この映画でまともな名前付けられている親族はまい(高橋真悠)だけ。逆に家族は名無しでも通じ合わなければならないということが暗示されているような。
魔女がイギリス人でなく日本人じゃまずかったのか。日本人じゃ却って不自然というのもあれだ。こんなおばあちゃんは今の日本では、イギリス人でなくとも異邦人ということらしい。「魔女」もまた今では有り得なさそうな人のメタファー。そこはかとなく、スローフード、スローライフぽいところがやや気になるが、まいの不登校とおばあちゃんのライフスタイルが微妙に重なる。
おばあちゃんだって、社会拒否して自給自足に近い生活しているんじゃないか。パソコン、携帯はおろかテレビ、ラジオもなさげ。登校拒否したまいよりも、まいを「再教育」するおばあちゃんの方が寂しげだ。「自分で決める」のが生き方とはいえ、それは自分と対立する世界に対してであり、まいが転校するすると自分で決めると動揺する。つまり、2人は似たもの同士。だから“I know.”は「考えるまでもない、自分で決めることすらない」自明なことという意味だ。
まいにはならず者にしか見えないけれど、おばあちゃんが気を許すげんじ(木村祐一)の登場シーンがまた凄い。肩や上腕の筋肉のアップで、全体の姿がなかなかつかめないところは「クローバーフィールド」や「ミスト」の怪物と同じ扱いかよ。けれど、怪物のように描かれることで、げんじもまた社会から拒否された人間として描かれているのが分かる。おばあちゃんが気を使ってよくすることも了解される。
おばあちゃんが死んで日本人として一番違和感あるのは死者の顔にかぶせる白布を「こっちにはこんな慣習ないのに」と白布を取り払うママの台詞。全てが真逆になっているような。本当の異邦人はおばあちゃんでなくママの方だ。
おばあちゃんが死んでも魂は残ると信じているなんて台詞聞くと、パーカーのお母さんで「アウト・オン・ア・リム」の著書もあり、生まれ変わりや東洋思想などニューエイジ系に傾倒する女優のシャーリー・マクレーンの影響もあるのかと思える。なぜか西洋風の天国とは感じられない。
それにしても、おばあちゃんの家まで行く道路の立派さよ。あれ、かなり興醒めで、ロケ地の山梨県北杜市・清里の別荘地帯も日本の田舎というより西欧風だ。ややこしい異界だ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログへ

Posted by y0780121 at 11:45│Comments(0)TrackBack(24)clip!邦画ナ、ニ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50189311
この記事へのトラックバック
おばあちゃんの知恵袋という言葉が浮かぶ優しい映画だ。“西の魔女”と呼ぶ英国人の祖母と、不登校になった少女が過ごしたひと夏の思い出を描く。魔女の力とは、何でも自分で考えて自分で決めること。少女の変化が綺麗事に見えなくもないが、それでも作品に好感が持てるのは....
西の魔女が死んだ【映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評】at 2008年06月22日 13:18
----これって鈴木香歩原作、 100万部を超えるベストセラーの 映画化だよね。 シャーリー・マクレーンの娘が出ているんでしょ。 「うん。サチ・パーカーね。 2歳から12歳まで日本に住んでいたというだけあって、 その言葉は流暢。 でも、それも含めて感心したのは、 この映画...
『西の魔女が死んだ』【ラムの大通り】at 2008年06月22日 21:35
 おばあちゃん、大好き!
西の魔女が死んだ【悠雅的生活】at 2008年06月22日 23:36
この五月に死んだ父親は小さな畑を残した。畑仕事が趣味の一つだった彼は、最期の日々にいろいろ種付けをして、半年の間に食べきれないほどのキャベツやら、ブロッコリーやら、いろんな花を実らせた。死んだときには白い紫蘭が満開だった。(この花の名前がずっとわからな...
小さな畑あるいは「西の魔女が死んだ」【再出発日記】at 2008年06月23日 02:13
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/9f40425f4a44d1434e7ff6531104f919 の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。 普通...
西の魔女が死んだ【いい加減社長の日記】at 2008年06月23日 08:43
【 西の魔女が死んだ】2008年6月21日(土)公開 監督 : 長崎俊一 ...
「 西の魔女が死んだ(2008) 」【MoonDreamWorks★Fc2】at 2008年06月23日 21:29
登校拒否になった少女と祖母の物語です。
学校では教えてくれない大切な事。『西の魔女が死んだ』【水曜日のシネマ日記】at 2008年06月23日 23:29
{{{   ***STORY*** 中学生になったばかりのまいは学校へ行くのが嫌になり、ママの提案でおばあちゃんのもとでひと夏を過ごすことになる。魔女の血筋を引くというおばあちゃんの暮らしは自給自足。野菜やハーブを育て、昔ながらの知恵を活かしながらの生活は、...
*西の魔女が死んだ*【Cartouche】at 2008年06月24日 22:41
「西の魔女が死んだ」は梨木香歩原作の小説「西の魔女が死んだ」を映画化した作品で、登校拒否になった少女が1ヶ月間田舎の住む祖母の家で暮らす1ヶ月間で自分を見つめ直していく姿を描いたストーリーである。登校拒否が色々問題視されるが、その根本的な問題を正面からぶ....
「西の魔女が死んだ」拒否反応を克服して知った生きる術と魔女の答え【オールマイティにコメンテート】at 2008年06月25日 22:46
西の魔女から東の魔女まで素敵な夢を届けます 公式サイト 梨木香歩の同名児童文学を映画化。 イギリス人の老婆が一人で日本の山奥に住んでいる、との、現実感の薄いシチュエーションだからこそ浮かぶ、良い意味でリアリティの欠落したビジョンという、原作を読んで生....
西の魔女が死んだ 45点(100点満点中)08-210【(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)】at 2008年06月26日 00:03
「西の魔女が死んだ」の舞台挨拶試写会に行って来ました。 会場の明治安田生命ホールには、友人が先に並んでくれていたので、マスコミ席の後ろに座る事が出来ました。 MCの伊藤さとりさんは舞台挨拶で頻繁に見掛けるのですが、とても感じの良いMCで、仕事が多いのも納得し...
「西の魔女が死んだ」舞台挨拶試写会【アートの片隅で】at 2008年06月26日 09:58
“西の魔女と呼ばれるおばあちゃんと少女との、驚きと愛に溢れたかけがえのない時間が始る。おいしいワイルドストロベリー・ジャムの作り方、ゆっくり眠れるおまじない、人は死んだらどうなるのか、そして、秘密のメッセージとは・・・”魔女修行“が教えてくれたたくさん...
西の魔女が死んだ【パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ】at 2008年06月27日 22:21
☆悪い映画じゃないんだけど、 なんか、小学校の時、学年で視聴覚室に集められて見た映画のような、純文部省推奨作品的な潔癖感が感じられる作品だった。 ・・・学校で孤立し、登校拒否に陥った主人公の娘(高橋真悠)が、祖父の死後、山間の山小屋で一人住む、英国人だっ...
[映画『西の魔女が死んだ』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』】at 2008年06月28日 10:59
いつかしら 心の病 抜け出せる  実は、この原作、梨木香歩さんの、文庫で読んだことあります。が、どんなお話だったか、殆ど覚えていません。女の子と魔女らしきお祖母ちゃんの交流ということくらいしか。  それよりも読み進めるのに非常に難儀したことを覚えてい...
西の魔女が死んだ【空想俳人日記】at 2008年06月29日 05:47
中学生になったばかりのまいは学校へ行くのが嫌になり、ママの提案でおばあちゃんのもとでひと夏を過ごすことになる。魔女の血筋を引くというおばあちゃんの暮らしは自給自足。野菜やハーブを育て、昔ながらの知恵を活かしながらの生活は、まいにとって新鮮に感じられた。課
『西の魔女が死んだ』試写会鑑賞【映画な日々。読書な日々。】at 2008年06月30日 00:27
■動機 りょう ■感想 「魔女」が支配する緩やかに流れる優しい時間 ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 中学生になったばかりのまい(高橋真悠)は登校拒否になり、大好きなおばあちゃん(サチ・パーカー)の住む田舎で過ごすことになる。日本に長年住む...
【映画】西の魔女が死んだ【新!やさぐれ日記】at 2008年07月01日 23:19
■動機 りょう ■感想 「魔女」が支配する緩やかに流れる優しい時間 ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 中学生になったばかりのまい(高橋真悠)は登校拒否になり、大好きなおばあちゃん(サチ・パーカー)の住む田舎で過ごすことになる。日本に長年住む...
【映画】西の魔女が死んだ【新!やさぐれ日記】at 2008年07月12日 13:15
今回M男さんの映画評論は「西の魔女が死んだ」
西の魔女が死んだ【大津留公彦のブログ2】at 2008年07月14日 16:55
満 足 度:★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:長崎俊一 キャスト:サチ・パーカー       高橋真悠       りょう       大森南朋       高橋克実       木村祐一、他 ■内容■  中学生になったばかり...
西の魔女が死んだ【★試写会中毒★】at 2008年07月14日 20:58
 ぴあ満足度ランキングで1位となった、感動必須の西の魔女が死んだを観てきました。
満足度ランキング1位 西の魔女が死んだ を観てきました。【よしなしごと】at 2008年07月21日 14:44
この週末は夜勤明け以外では久しぶりの二連休で割とゆったりと過ごせております{/face_nika/} 昨日{/kaeru_fine/}はちょっとした買い物に行った後、昼寝{/kaeru_night/} でインターネット{/pc2/}と実に有意義({/eq_1/})な{/face_ase2/}…いや最近こういうゆったり感に欠け...
【映画】西の魔女が死んだ…映画の評価高。ストーリーの評価は微妙。【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at 2009年03月12日 13:07
ニシノマジョカラヒガシノマジョヘメッセージ・・・死んだらどうなるの、そうねぇ死んだことがないから分からないわ、静かにハートウォーミングな魂脱出の物語・・・ おばあちゃんと過ごした1ヶ月余りのこと・・・集団よりも孤立を選び登校拒否に陥った中学1年生の...
映画「西の魔女が死んだ」【茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??】at 2009年05月10日 12:49
あらすじ「魔女が倒れた。もうダメみたい」中学3年生になった少女・まい(高橋真悠)に突然の知らせが届く。魔女とはイギリス人の祖母のこと。まいはママ(りょう)の運転する車で、おばあちゃん(サチ・パーカー)の家へ向かう。2年ほど前、学校に行くのが苦痛になって...
『西の魔女が死んだ』'08・日【虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ】at 2009年05月30日 13:26
バリアフリー映画というのをご存知でしょうか? 目の不自由な方には音声ガイド、耳の不自由な方には日本語字幕がついていて、みんなで楽しむことができる映画です。 音声ガイドといのうは、テレビの副音声の...
映画「西の魔女が死んだ」 バリアフリー映画で鑑賞【事務屋の日記】at 2009年09月17日 10:59