2008年06月26日

「緊密に連携」〜北朝鮮問題における政治用語

NHKオンライン:首相 今後も米と緊密に連携 アメリカとはこれまでも緊密に連携を取ってきたが、今後も緊密に連携を取っていく。それが非核化につながるし、拉致問題の解決に向けて道を開くことになる。
NHKオンライン:政府 米などと連携し申告検証 外務省の斎木アジア大洋州局長は、アメリカ代表のヒル国務次官補と26日夜、京都市内のホテルで会談しており、アメリカなどと緊密に連携し、申告内容が正確なものであるかどうか厳密に検証していくことを確認したいとしています。
申し合わせたかのように緊密に連携緊密に連携なのは、日本政府内だけじゃないのか、とそこはかとなく思う今日この頃。
北朝鮮 "緊密に連携"でぐるると、63900件あった。道理で聞き飽きた台詞だと思った。
今後の緊密に連携は「米朝国交正常化」⇒緊密に連携⇒「日朝国交正常化」だろう。
その結果、小泉純一郎「拉致問題解決なくして国交正常化なし」⇒福田康夫「国交正常化なくして拉致問題解決なし」と見事な歴史的変換となる。
この流れに逆らうと困ったことになる。先日、安倍晋三首相の失脚プロセス&福田康夫あっという間に首相就任を書いたけれど、お隣の韓国でも、圧倒的人気で就任したばかりの李明博大統領が、米国産牛肉輸入再開問題で、一気に支持率が下がり窮地に立たされているけれど、これも北朝鮮と米国の和解と無関係ではないと思っている。あの急反転ぶりはあまりに異常で、韓国版安倍首相になる可能性があると思う。米国には歓迎すべきことなのに、なぜかそのことで窮地に立たされたのは、北朝鮮による情報工作並びに米国の譲歩があったとしか思えない。まるで北朝鮮テロ支援国家指定解除の障害物は全て取り除く、という、本物の米朝緊密に連携があったかの如しだ。
こういう政治用語は以前にも書いた覚えがあり、アメリカ側も「忘れない」と今回も北朝鮮がらみで言っていた。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 ニュースブログへ

Posted by y0780121 at 22:24│Comments(0)TrackBack(2)clip!言葉 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
いつまでもトラの威を借りることはできないということでしょう。北朝鮮が6か国協議の議長国の中国に核申告をしたことで、かねてから言われて??.
これからが本当の勝負です!!(北朝鮮の核申告でアメリカ、テロ指定解除を表明)【現代徒然草】at 2008年06月27日 20:41
5月の全国消費者物価、1.5%上昇 8カ月連続アップ(日経) NY原油、最高値更新 142ドル台に上昇(同) 全部、動かざること山の如しの日銀のせいだ。
「緊密に連携」日銀版【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2008年06月27日 22:30