2008年07月23日

ジャージの二人3

ジャージノ二人公式サイト長嶋有原作、中村義洋監督。堺雅人、鮎川誠、水野美紀大楠道代、田中あさみ、ダンカン。気温35℃と20℃の断絶。避暑をするにはこれほどの映画はない。ミニストップはソフトクリーム、氷菓類がとみに充実していることだし。監督もそれを知ってか、ミニストップを基点にしている。
本番の舞台は群馬県の高原地帯の別荘。群馬の高原が舞台と言えば小栗康平監督の「眠る男」を思い出す。もう12年前の作品だ。
今度の作品も眠ってはいないけれど、何もしない、する気が起きない、という点でどこか通じるところがある。シーナ&ザ・ロケッツの鮎川誠演じる父なんて特にそうだ。
浅間山山麓の高原キャベツ畑で手を掲げる少女。それを手を振っていると勘違いしてしまうところがこの何もしない物語の象徴シーン。携帯が通じる場所はここだけらしいが、会話の通じなさ、会話の不在を大自然をバックに美し過ぎるぐらいに描写している。
あいさつには来るけれど「中でお茶でも」と何度誘っても決して入ろうとしない別荘のご近所のおばさん。魔女じゃないかって父に言われるのだけれど、「西の魔女」じゃあるまいし。だけど、何気にか雰囲気が似ている。原作は読んでないが、この人、原作にもいたのだろうか。
イノシシ注意とか看板あって、息子もたびたび道に迷って恐怖を味わう。これも息子の心象風景を表すための仕掛けなんだろうけれど、現実にはイノシシよりクマ出没注意でもっと怖いと思う。イノシシだけでなく死の恐怖はさりげなくちりばめられていて、突然、ピアノ教師が死んだり、愛犬に癌細胞らしきものが出るとか。
ピアノは置いてあるのにビデオデッキがないとはこれいかに。父の教育方針、ではないだろう。ピアノはいいがややこしい機器は嫌でもないだろう。単に父が買おうと思いつかなかっただけというか。父は1年後、携帯を買っているところを見ると、そんなぬるさを感じる。「ジャイアントなんたら」と同じノリだ。ちなみにジャイアント馬場も軽井沢に別荘持っていた。
避暑地の出来事」のように避暑地では必ずロマンスが起きるというのが定番だったけれど、いまや避暑地は現実逃避、避難場所となった感が強い。もう出会いの場ではなくなった。
ジャージは、つまるところ人生のリセット、あるいはリセットを偽装した現実逃避か。妻だけ別荘のを使わないところがアレだ。娘も。女性にはこういう感じに拒否感あるのだろうか。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログへ

Posted by y0780121 at 22:15│Comments(4)TrackBack(10)clip!邦画ザ行 | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50191705
この記事へのトラックバック
浮世離れたした父子のゆるい姿に不思議と癒される。互いに私生活に問題を抱えた父と息子が、ダサい山荘で過ごす夏の日々をスケッチする物語だ。古着のジャージに身を包み、自分をみつめる場所は、携帯も圏外の別世界。前に進むためには、何もしない時間と空間が必要と教えて....
ジャージの二人【映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評】at 2008年07月23日 22:38
圏外から電波良好へ 【Story】 仕事を辞めたばかりの息子(堺雅人)が、グラビアカメラマンの父親(鮎川誠)に誘われ避暑地の山荘へやっの..
ジャージの二人【Memoirs_of_dai】at 2008年07月23日 23:27
□作品オフィシャルサイト 「ジャージの二人」□監督・脚本 中村義洋 □原作 長嶋有 □キャスト 堺雅人、鮎川誠、水野美紀、田中あさみ、ダンカン、大楠道代 ■鑑賞日 7月19日(土)■劇場 角川シネマ新宿■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>...
『ジャージの二人』【京の昼寝〜♪】at 2008年07月26日 08:50
いま日本で一番ノリにノッテルと言えそうな堺雅人さんの主演作品です。大河ドラマ『篤姫』では徳川家定役で主役の座を一時期奪ってしまった感があるくらいの存在感を発揮してましたね。原作は『サイドカーに犬』の長嶋有さんで監督が『アヒルと鴨のコインロッカー』中村義洋....
ジャージの二人/堺雅人、鮎川誠【カノンな日々】at 2008年07月26日 21:47
芥川賞・大江健三郎賞受賞作家、長嶋有の同名小説を、『チーム・バチスタの栄光』の中村義洋監督が映画化した脱力系ストーリー。互いに私生活に問題を抱え、どこかヘンテコな父と息子が繰り広げる山荘でのスローライフを描く。ジャージ姿で夏休みをのんびりと過ごす親子を、...
mini review 08322「ジャージのふたり」★★★★★☆☆☆☆☆【サーカスな日々】at 2008年08月17日 19:18
ある夏の日、仕事を辞めた息子・32歳は、グラビアカメラマンをしている父親・54歳に誘われて、山里の別荘にやってきた。お互い日常生活に問題を抱えていて、ちょっと現実逃避のつもりの二人は、亡き祖母が集めていた古着のジャージを着て、のんびりと過ごそうと腹を決める。
『ジャージの二人』@角川シネマ新宿【映画な日々。読書な日々。】at 2008年08月31日 15:24
▼動機 予告編をみて面白そうだと思った ▼感想 感想を書きながら面白さに気づくおかしさ ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 仕事を辞めたばかりの息子(堺雅人)が、グラビアカメラマンの父親(鮎川誠)に誘われ避暑地の山荘へやってくる。息子は妻の不...
【映画】ジャージの二人【新!やさぐれ日記】at 2008年11月03日 09:52
昨日、八戸フォーラムに映画観に行って、1本目に観たのが、「252 生存者あり」。 2本目に観たのが<a href="http://www.ja-zi2.jp/
ジャージの二人【欧風】at 2008年12月10日 06:46
ジャージの二人 監督: 中村義洋    出演: 堺雅人、鮎川誠、水野美紀、田中あさみ、大楠道代、ダンカン 公開: 2008年7月 日本映??..
【ジャージの二人】ジャージ貸します。【映画@見取り八段】at 2010年04月03日 23:04
 山里の山荘にやって来た父(鮎川誠)と息子(堺雅人)。  父親が母親と離婚したこともあり、ずっと音信不通だったふたりの関係はどこか他人行儀。  そして始まる山荘でのゆる〜い生活。 ★この作品では<劇的>なことは起こらない。  描かれることは、<小学校の名前の...
ジャージの二人 物語からの解放【平成エンタメ研究所】at 2010年04月04日 09:43
この記事へのコメント
TBありがとうございました★

確かに言われてみれば、避暑地でばあちゃんの集めたジャージを使った男2人は現実逃避をしていますし、女2人は現実逃避をしていませんでしたね。
これ以外にも犬のなつき方なんかでも人間間の距離のようなものを表現していたように思いました。そう考えると結構色々ありそうですよね。
Posted by dai at 2008年07月23日 23:33
>犬のなつき方なんかでも人間間の距離のようなものを表現していたように思いました。

おおぅと、それには気付きませんでした。
Posted by 佐藤秀 at 2008年07月23日 23:58
TBありがとう。
別荘というのは、あくまでも非日常のもので、男(こども)のものですね。女性は、自分で支配する空間(つまり自宅)の方が、落ち着けるんじゃないですかね。
Posted by kimion20002000 at 2008年08月18日 00:40
↑大体、あの2人そのものが慢性的に非日常的な感じがするんですけど。
Posted by 佐藤秀 at 2008年08月18日 01:01