2008年08月07日

スカイ・クロラ The Sky Crawlers5

skycrawlwes公式サイト森博嗣原作、押井守監督。普通に考えて「キルドレ」とは“Killed Children”の略あるいは合成語なのだろうか。「殺された子供たち」、というかあらかじめ存在しなかった子供たちとでもいうのか。
映像の雰囲気は昔読んだ村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」に似てなくもないか。「世界の終り」は二次元的に交互に二つの世界が進行するけれど、「スカイ・クロラ」の場合は、もうひとつの世界は隠されていて見えないというか、でも絶対あるという雰囲気だけが伝わってくるというか。
キルドレは、空中戦で死なない限り永遠の命を、永遠の若さを与えられている。名前の由来と違うじゃないかという向きもあるかもしれないが、大体において死=永遠だ。主人公たちが20歳までに死んで輪廻転生を繰り返す三島由紀夫の「豊饒の海」に見られる永遠の若さへの渇望さえ思い起こさせる。死ぬときはいつも大空という約束された栄光の死なんて三島由紀夫が生きていてこの映画を観たら随喜の涙流して絶賛しそうな気もする。
たくさんのキルドレがティーチャーという「大人」の敵側というかライバル社側のエースパイロットに殺される。しかし、殺されて死ぬシーンというか死体は映らない。冒頭の戦闘で、血しぶきらしき描写はあるが。陸上に墜落しても死体はなぜか映らない。最後の大決戦の時も、爆撃機の機銃掃射士が被弾したはずだが、まるで撃たれるやディリートされたかのように映像から瞬間的に消えたように思えた。
つまり、この世界自体がまるで会社同士のオンラインゲーム内にあるわけで、しかもゲーム自体が自生していて再生する。大体主舞台の前線基地にしても、小規模で大爆撃に遭って使い物にならないくらい破壊されてしかるべきなのに、まるで何事もなかったかのように再生されている。ティーチャーに撃墜された同僚は読売新聞を折り畳む癖もそっくりにいつの間にか再生されている。そして、主人公の函南優一もエンドロールの後に再生されるようなのだが。
現実を背景にして見れば、実現された「完全な平和」とは戦後日本そのものを表しているように思え、絶対に撃墜できないティーチャーってアメリカのことなんだろう、ということになってしまう。年を取らない少年たちはダグラス・マッカーサーの「日本人の精神年齢が12歳程度」という失言ぽい発言とどこかで結びついているようでもある。
最後にティーチャー撃墜の希望を賭ける優一は、戦時中の特攻隊の再生で、繰り返し繰り返し反米感情が高まりながらも「完全な平和」が保たれている退屈な秩序の破壊・・・つまり、まあそういうことだろうか。赤木智弘氏の「希望は戦争」ともどこか共鳴している趣がある。一生フリーターのままで終えそうな人生に対する不安というのは永遠に年を取らない少年たちが抱えているものと重ならないか。
ところで、あの読売新聞、妙に見出しまでがリアル。しかも、別のシーンで「THE DAILY YOMIURI」まで登場させている。さすがにテレビは日本テレビじゃなかったが、いくら読売グループの製作とはいえ、度が過ぎる。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログへ

Posted by y0780121 at 21:06│Comments(1)TrackBack(18)clip!アニメ邦画アーサ | ★5

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50192701
この記事へのトラックバック
押井守監督が是非若い世代に見てもらいたい映画として公開前から宣伝されていたこの作品。押井作品らしく叙事詩的な内容の為どれだけ若い世代に受け入れられるか、理解してもらえるかは未定ですが、キルドレと呼ばれる永遠に大人にならない主人公たちを通して描かれていた「....
『スカイ・クロラ』【めでぃあみっくす】at 2008年08月07日 21:32
◆プチレビュー◆伝えたいのは希望。難解さを排除したストーリーは、押井アニメ初心者にもおすすめだ。 【85点】  思春期のままで永遠に生き続ける子供“キルドレ”により、ショーとしての戦争が行われる時代。戦闘機のパイロットで、新しく前線基地に赴任してきたユーイ...
映画レビュー「スカイ・クロラ」【映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評】at 2008年08月07日 23:30
茨の空で生きる。  
スカイ・クロラ【Akira's VOICE】at 2008年08月08日 10:43
 「スカイ・クロラ」@ワーナーブラザース映画試写室 映画の話 永遠に生きることを宿命づけられた“キルドレ”と呼ばれる子どもたちが暮らす、もう一つの現代で、彼らは“ショーとしての戦争”で戦闘機に乗って戦っていた。戦うことで生を実感する日々を送る中、元エー...
映画「スカイ・クロラ」を試写室を鑑賞【masalaの辛口映画館】at 2008年08月08日 15:51
予告編から「巨大オルゴールは、押井守のお家芸だな。」とか思っていたけれど、よく考えてみるとエンドレスであるオルゴールは、この物語を象徴したアイテムだったんだなーって思った。原作には登場しないオルゴール
「スカイ・クロラ」みた。【たいむのひとりごと】at 2008年08月08日 17:32
     「スカイ・クロラ」 (2008年・日本) 子どものころから空が好きで、よく屋上に出ては雲を眺めていたっけ。たえまなく移り変わる光の色はあまりにも神々しくて、あそこにはきっと崇高な何かがあるとわけもなく信じた。航空機、なかでも戦闘機の美しさに魅了されて...
スカイ・クロラ◆終わらない生の「だるさ」の物語【好きな映画だけ見ていたい】at 2008年08月08日 17:33
{/kaeru_en4/}東京にもまだ昔ながらの銭湯があるんだな。 {/hiyo_en2/}そういえば、子どものころ、ときどき銭湯に行ってたのを思い出すわ。 {/kaeru_en4/}「スカイ・クロラ」の少年たちみたいにか? {/hiyo_en2/}は?「スカイ・クロラ」の少年たちって、銭湯になんか行って...
「スカイ・クロラ」:千歳三丁目バス停付近の会話【【映画がはねたら、都バスに乗って】】at 2008年08月08日 23:18
JUGEMテーマ:映画 7月24日(木)◆876日目◆ 午前中、少し曇ったので雨が降るかと思いきや、 いつもどおりのカンカン照り。 まいるねぇ。 午後5時40分に終業。 御成門から三田線に乗り、日比谷へ。 この日は「よみうりホール」での『スカイ・クロラ The ...
真・映画日記『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』【CHEAP THRILL】at 2008年08月10日 06:43
「スカイ・クロラ」のジャパンプレミアで国際フォーラムに行って来ました。 座席は中央通路付近でしたが一番端の方でがっかりしていたのですが、なんとすぐ後ろの扉からキャストが登場するというある意味ラッキーな場所でした。 少し遅れ気味で、やっと音楽が流れ始めると...
「スカイ・クロラ」ジャパンプレミア【アートの片隅で】at 2008年08月10日 18:57
僕は、大人にならないんだ
スカイ・クロラ【悠雅的生活】at 2008年08月14日 21:21
ショーとしての戦争が行われる、仮初めの平和の時代。永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは、新たに兎離州基地に配属となった。過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめて
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』@新宿ミラノ座【映画な日々。読書な日々。】at 2008年08月16日 00:33
脚本ゼミの友人で作っている映画を観る会。 最近はなかなか良いペースで開催されている。 本当は「崖の上のポニョ 」を観る予定だったのですが、 私が先に観てしまい、 アニメつながりということでこの作品になりました。( ^ _ ^; 永遠に生きることを宿命づけら...
スカイ・クロラ【映画、言いたい放題!】at 2008年08月29日 00:23
押井守監督最新作、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』観て来ました。 少し前に書いた10ジャンルNo.1映画バトン!で、アニメのNo.1に『イノセンギ..
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(2008/押井守)【愛すべき映画たち】at 2008年08月30日 13:21
2008年8月2日 レイトショーにてかなり強引に鑑賞 押井守監督作品は「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」 からの大ファン と言ってもここ十年くらいは避けていた 基本的に人が人を殺す部分が描かれる場面が多い作品はスルーする。 ...
スカイ・クロラ【すれっからし塾講師のシネマライフ】at 2008年08月31日 21:13
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:押井守 演出:西久保利彦 原作:森博嗣 脚本:伊藤ちひろ 脚本監修:行定勲 企業によって、ショーとしての戦争が行われている世界。草薙水素が司令を務める前線基地に、戦闘機パイロット函南優一が赴任してくる。...
スカイ・クロラ The Sky Crawlers<ネタバレ感想>【お萌えば遠くに来たもんだ!】at 2008年09月04日 00:22
{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/} まぁ色々あったこの数週間もちょびっと落ち着いて{/face_yoka/}普通の週末を迎えているピロEKです{/face_yoka/} まずは、ここんところブログに書き損ねていた近況(?)報告、思い出しながらダラダラと綴ってみます{/ase/} 少し前(2週ぐ...
【映画】スカイ・クロラ The Sky Crawlers…の記事&新型インフルエンザとか【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at 2009年06月09日 21:02
監督自ら、若い人たちに生きる意味を見出して欲しいとの 大きなテーマを掲げていた。 若い人たちが、この映画を鑑賞して生きる意味を 感じとる事ができるのだろうか?
No.186 スカイ・クロラ The Sky Crawlers【気ままな映画生活】at 2009年07月12日 10:58
あらすじ永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは新たに兎離州基地に配属となった。過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめていた・・・。感想『マトリックス』に影響を与...
『スカイ・クロラ TheSkyCrawlers』'08・日【虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ】at 2009年09月22日 08:15
この記事へのコメント
佐藤秀さん、「ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!」の管理人です。
コメントありがとうございます。
TBURL、ブログの再構築にて表示するようになりました。ご迷惑おかけしました。
もしよろしかったら、TBお願いいたします。

”キルドレ”という名前は、殺されるための子供っていう感じもしますね。
Posted by よゆぽん at 2008年08月24日 11:06