2008年08月11日

アクロス・ザ・ユニバース3

atu公式サイト。ジュリー・テイモア監督。タイトル自体も、ジュード(ジム・スタージェス)とルーシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)と主演の2人の名前までビートルズの名曲で固めたビートルズ・ミュージカル。デイナ・ヒュークス、マーティン・ルーサー・マッコイ、ボノ、エディ・イザード、サルマ・ハエック、ジョー・コッカー、T.V.カーピオ。
リバプール出身のジュード役のジム・スタージェスの顔が何とはなしにポール・マッカートニーを意識しているようで雰囲気が似ている。ジュードが働く造船所で、給料を渡す役の年配の職員が「若いとき、64歳までここで働くとは思ってなかった」とぼやくのが意外とこの物語のスターターのような気がする。このままでは何も変わらない、revolutionだ、evolutionだ。けれど、結局、Nothing's gonna change my worldで、自分自身の個性が一番大切ということで、その意味ではchangeはない。
1960年代当時のサイケデリック・アートやLSDによるトリップなどが映像で描かれ、ベトナム反戦が描かれ、ビートルズがふんだんに使われて美しいタイムカプセルのよう。というか、当時、世界に最も影響を与えたのはビートルズなのだから、ビートルズの楽曲をつなぎ合わせればそのまんま当時の若者の物語になってしまうところが凄いところ。
ジュリー・テイモアジュリー・テイモア監督(mezzotintさんからいただいた⇒)は、笑顔がジェニファー・コネリー似の美人監督。本当にビートルズの楽曲だけでオリジナルに構成したという。
個人的にお気に入りは東洋系のプルーデンス(これも曲名Dear Prudenceより)役のT.V.カーピオ。女優兼歌手でブロードウェーにも進出しているとか。浅尾美和風のかわいさを持った顔で“I Want To Hold Your Hand”をチアガール姿で歌い始めるところが印象的でお気に入りシーンだ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログへ
I Want To Hold Your Hand↓


Posted by y0780121 at 22:16│Comments(3)TrackBack(19)clip!洋画ア~サ行 | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50192956
この記事へのトラックバック
ビートルズ好きにはたまらない演出 【Story】 イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、まだ見ぬ父を捜しにアメリ??.
アクロス・ザ・ユニバース【Memoirs_of_dai】at 2008年08月11日 22:32
{/m_0146/}All You Need Is Love{/ee_3/} 愛こそはすべてー。愛がなくちゃね{/m_0136/} 中学生になった頃、洋楽を聴き始めたのはビートルズが最初だった気がするー。 この映画は、ミュ−ジカルの「ライオンキング」、オペラ「魔笛」、映画「フリーダ」の女性演出家、ジュ...
アクロス・ザ・ユニバース/ACROSS THE UNIVERSE【我想一個人映画美的女人blog】at 2008年08月11日 22:49
ミュージカルが苦手な人もこんな風に歌がドラマに溶け込んでいれば大丈夫。60年代、リバプール出身の青年ジュードは、父を探して渡った米国でルーシーと恋に落ちる。既成の曲だけを使うジュークボックス・ミュージカルだが、全編をビートルズの名曲で構成する贅沢さ。しかも....
アクロス・ザ・ユニバース【映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評】at 2008年08月11日 23:22
(原題:Across the Universe) ----これってビートルズの曲だけを使って作られたミュージカルなんだよね。 大胆というより、難しそうな気がするけど。 先に曲ありきってわけだし…。 「ぼくもそこが心配だったんだけどね。 だって、歌うのは本人たちとは別の人。 結局はカ...
『アクロス・ザ・ユニバース』【ラムの大通り】at 2008年08月12日 00:59
原題:Across the Universe 誰か僕の話を聞いてくれないか・・女の子の話さ・・"GIRL"で掴みはOK、ほとんどは知らない曲だけど"Hey Jude"から"She Loves You"まで盛り上がる・・・ ガールの女の子はちょっといけない小悪魔的な女...
映画「アクロス・ザ・ユニバース」【茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??】at 2008年08月16日 01:35
監督:ジュリー・テイモア CAST:ジム・スタージェス、エヴァン・レイチェルウッド 他 1960年代、リバプールから父親を捜しに??.
『アクロス・ザ・ユニバース』【Sweet*Days**】at 2008年08月16日 19:22
JUGEMテーマ:映画 7月19日(土) 871日目 この日の流れ 朝5時すぎ「t.k.night」終了前に「ロサ会館」を出る→朝7時半に帰宅→3時間半寝る→11時半外出→午後1時半前 ニッポン放送に到着→地下2階「イマジンスタジオ」にて『アクロス・ザ・ユニバース』の試...
真・映画日記(1)『アクロス・ザ・ユニバース』【CHEAP THRILL】at 2008年08月17日 03:47
1960年代、イギリス・リバプールから父を探しにアメリカへやってきたジュードはその再会に失望する。 エネルギッシュなカウンター・カルチャー・ミュージシャン達との新しい生活、新しい恋、友人のベトナム出兵、反戦を訴える学生たち…。 時代の波に翻弄される若者たちの...
アクロス・ザ・ユニバース【象のロケット】at 2008年08月18日 07:08
 『All You Need Is Love 愛こそはすべて』  コチラの「アクロス・ザ・ユニバース」は、ビートルズの曲だけで構成された8/9公開のミュージカル映画なのですが、やっぱりミュージカル映画好きとしてはハズせません!観て来ちゃいましたよ〜♪監督は、「ライオンキング」...
アクロス・ザ・ユニバース【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2008年08月29日 20:37
今週の平日休みは、「川崎チネチッタ」で。 ミュージカルも、ビートルズも意外と好きなひらりん。 とは言っても、ビートルズ世代よりは、だいぶ若いんだけど。
★「アクロス・ザ・ユニバース」【★☆ひらりん的映画ブログ☆★】at 2008年08月30日 03:51
(2008年・レボルーション・スタジオ/監督:ジュリー・テイモア) 「ライオン・キング」でブロードウェイ・ミュージカルに新風を巻き起こした女流演出家、ジュリー・テイモア監督による、
「 アクロス・ザ・ユニバース」【お楽しみはココからだ?? 映画をもっと楽しむ方法】at 2008年09月01日 01:29
Across the Universe (2007年) 監督:ジュリー・テイモア 出演:エヴァン・レイチェル・ウッド、ジム・スタージェス、ジョー・アンダーソン 60年代、ニューヨークのとあるアパートに集まった者たちの人間模様をビートルズの名曲に乗せて描くミュージカル劇。 物語の軸となる...
アクロス・ザ・ユニバース【Movies 1-800】at 2008年09月06日 21:07
    何故か?パンフレットの赤がでません(>_<)   9月8日、MOVX京都にて鑑賞。今週末で上映終了なので、急いで観て来ました。音楽劇です。ビートルズのがいいです。でも、私はビートルズ世代ではありません。ビートルズ解散後、彼らの存在を知りました。ちょ...
アクロス・ザ・ユニバース ビートルズのメロディーに乗せて〜〜♪【銅版画制作の日々】at 2008年09月13日 09:55
監督:ジュリー・テイモア 出演:エヴァン・レイチェル・ウッド、ジム・スタージェス、ジョー・アンダーソン、ディナ・ヒュークス 評価:90点 ビートルズの曲を33曲使って作り上げた豪勢なミュージカル映画。 時代設定もそのまま60年代。リバプールからNYへやって....
アクロス・ザ・ユニバース−(映画:2008年56本目)−【デコ親父はいつも減量中】at 2008年10月02日 01:10
原題:ACROSS THE UNIVERSE 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:131分 監督:ジュリー・テイモア 原作:―― 脚本:ディック・クレメヮ..
アクロス・ザ・ユニバース【スワロが映画を見た】at 2008年10月22日 20:33
1960年代、英国リバプールの造船所で働くジュード(ジム・スタージェス)は、米兵だったという まだ見ぬ父に会うため米国へと渡る。しかしプリンストン大学で管理人として働く父親は 存在すら知らなかった息子の訪問に戸惑う。ひょんなことから学生のマックス(ジョー・アンダ...
「アクロス・ザ・ユニバース」【心の栄養♪映画と英語のジョーク】at 2008年12月27日 09:53
全編33曲のビートルズ・ナンバーから構成する異色の青春ミュージカル映画「アクロス・ザ・ユニバース」(2007年、米、131分、コロンビア映画配給)。かつて、同じくビートルズのカヴァー曲を取り入れたドラマ、ショーン・ペン主演の「アイ・アム・サム」があったが...
「アクロス・ザ・ユニバース」【シネマ・ワンダーランド】at 2009年01月13日 22:11
   = 『アクロス・ザ・ユニバース』  (2007) = イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、まだ見ぬ父を捜しにアメリカへ。 父の働くプリンストン大学へ出向いた彼は、そこで陽気な学生マックス(ジョー・アンダーソン)と出会い、意気...
アクロス・ザ・ユニバース【サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村】at 2009年12月12日 23:40
「アクロス・ザ・ユニバース - ACROSS THE UNIVERSE -」 感想 すばらしい!!!! ビートルズの名曲、33曲をストーリー化したミュージカル映??.
アクロス・ザ・ユニバース - ACROSS THE UNIVERSE -【むーびーふぁんたすてぃっく】at 2010年03月10日 17:37
この記事へのコメント
こんばんは★
TBありがとうございました。

>ビートルズの楽曲をつなぎ合わせればそのまんま当時の若者の物語になってしまうところが凄い。

これは本当にスゴイですよね!!最後の展開は読めるとしても、脚本の巧さを十二分に堪能できました。
私もチアガールのシーンは結構気に入りましたw
Posted by dai at 2008年08月11日 22:39
>最後の展開

All you need is loveで終了と思ったら、lucy in the sky with diamondsでしたね。
Posted by 佐藤秀 at 2008年08月11日 23:06
佐藤秀さまへ
今晩は☆★
ジュリー監督のお写真、気にいられたようですね。
どうぞコピーして下さい。いつもTBのみで失礼
しております。今後とも宜しくですm(__)m
Posted by mezzotint at 2008年09月13日 22:04