2008年11月26日

1408号室3

1408公式サイト。スティーヴン・キング原作、ミカエル・ハフストローム監督、ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック、トニー・シャルーブ。ニューヨークのドルフィンホテル(Dolphin Hotel)は1910年代創業だが、1408号室の宿泊者は2度と出てこられず、変死または自然死するという。その部屋に心霊スポット作家(ジョン・キューザック)が挑戦するのだけれど。
「ドルフィンホテル」って村上春樹ファンならおなじみの「いるかホテル」を連想するはずだ。しかも村上春樹はスティーヴン・キングのファンで若い頃からペーパーバックを読みまくっていたらしい。ということは、あの「いるかホテル」はキングからの借用、と思いたくなるけれど、「1408号室」の原作は1999年。「いるかホテル」が登場するのは「羊をめぐる冒険」(1982年)、「ダンス・ダンス・ダンス」(1988年)だから、キングが春樹をぱくったことになる。
アメリカでもSteven King steals a Murakami place name...なんて議論されていたが、原作はDolphin Hotelじゃないとか、プロデューサーが使ったとか、キングが春樹に許可をもらったとか書いてある。
けれど、元祖ドルフィンホテルはイギリスのサザンプトンにあるThe Dolphin Hotelのようだ。15世紀からの由緒あるホテルで、英和辞典にも載っていた。日本にも。「いるかホテル」は実在する。、
実は最初にヒントがあって、作家がサーフィンやっている時に、小型飛行機に気を取られて大波に呑まれて海中に沈んでしまう。気が付いたら浜辺で昏睡状態だが、そこまでがブラックアウトしている。ホテル名をドルフィンとしたかったのも、なるほどと思わせてしまう。
そう言えば、終盤でも「カフカのようなホテル」なんて台詞もあって、これは「海辺のカフカ」へのオマージュかなと思ってしまう。「海辺のカフカ」は2002年の作だけれど、映画の雰囲気はよく似ている。
この映画、ルームナンバーだけでなく、酒の製造年とか、時計のデジタル表示とか、やたら数字が出て来るけれど、何をどうしたら「1408」になってしまうのか、あれこれ考えても分からない。作家が言っているように足せば13になるなんて単純なものとは思えないのだけれど。
また作家がサイン会で褒められた “ The Long Road Home”はキングがライフワークとしている「ダーク・タワー」のコミック版らしい。
それにしても明日への希望がいっぱいのカーペンターズの「We've Only Just Begun(愛のプレリュード)」でびっくりさせられるのにびっくりする。それがリセットして振出からやり直せとばかり繰り返し流されるので却って恐怖が募る。あの幸せだった頃に戻りたい、という作家の痛切な思いもあるのだろうけど。カレン・カーペンターは32歳で死んでいるけれど、1×4×8=32、ってまさか。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログへ
We’ve Only Just Begun↓By The Carpenters


Posted by y0780121 at 11:28│Comments(2)TrackBack(23)clip!映画数字 | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50199821
この記事へのトラックバック
 『この部屋はあなたのココロを破壊する』  コチラの「1408号室」は、宿泊した56人全員が死亡したチェックアウト不能の「1408号室」を舞台に繰り広げられる、11/22公開となったノンストップ・パニック・スリラーなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪主演は、ジョン...
1408号室【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2008年11月26日 11:35
(原題:1408) 【2007年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 第21回東京国際映画祭特別招待作品。 スティーブン・キングの短編小説「一四0八号室」を原作にしたスリラー映画。 幽霊ホテルや心霊スポットなど呪われた場所を取材し、執筆して生計を立てているオカルト作...
1408号室【ともやの映画大好きっ!】at 2008年11月26日 11:57
2007年全米公開、この映画、 スティーヴン・キング原作の映画化史上、No1ヒット!なんだって{/atten/} キング原作は衝撃的な結末が賛否巻き起こした『ミスト』が今年公開されたばかり。(mig今年のベスト上位に入る(予定)) でもこちらは何故かなかなか日本での公開が決...
1408号室/1408【我想一個人映画美的女人blog】at 2008年11月26日 12:03
     「1408号室」 (2007年・アメリカ) 原作はスティーブン・キングの短編集「幸運の25セント硬貨」所収の一編。過去に56人もの宿泊客が命を落としたいわくつきのホテルの一室で、オカルト作家が体験する怪異を描いたサスペンス・ホラー。物語の舞台はほとんどが...
1408号室◆キング原作の良質ホラー【好きな映画だけ見ていたい】at 2008年11月26日 12:22
1408(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ミカエル・ハフストローム 出演:ジョン・キューザック/サミュエル・L・ジャクソン/メアリー・マコーマック/トニー・シャルーブ この部屋はあなたのココロを破壊する 1+4+0+8=13 原作はスティーヴン・キングの同名短編ホラ...
1408号室【小部屋日記】at 2008年11月26日 12:45
スティーブン・キング原作の映画化という一抹の不安はあれど、ジョン・キューザックが選んだ脚本ということで見てみましたが、いい意味での悪い意味でもいや〜な映画でした。『ミスト』のようにクリーチャーが出てくる映画ではないのですが、ホラー映画としては十分面白いも....
『1408号室』【めでぃあみっくす】at 2008年11月26日 14:17
幸運の25セント硬貨「1408号室」を鑑賞してきましたスティーブン・キングの短編小説を原作にしたミステリー・ホラー。過去に次々と死者を出し、宿泊することを禁じられている高級ホテルの一室に足を踏み入れた作家が、不可解なな現象に襲われていく。現実と虚構との境...
劇場鑑賞「1408号室」【日々“是”精進!】at 2008年11月26日 15:23
フェイントで鑑賞―【story】アメリカ各地の超常現象などをルポしていた作家のマイク(ジョン・キューザック)のもとに一通のハガキが届く。そこには「NYのドルフィンホテルの1408号室には絶対に入るな―」と書いてあった。好奇心をかき立てられたマイクはホテルに出向き、入...
1408号室【★YUKAの気ままな有閑日記★】at 2008年11月26日 15:24
『1408号室』 2007年(米)監督ミカエル・ハフストローム 幻惑に満たされた狂気が渦巻く部屋で展開される心理的恐怖の連続。主人公同様、観る者を混乱の渦へと突き落とし、我々に、ラストへの落胆を利用した予想もしない結末を見せつけるのだから斬新。 「1408...
『1408号室』【映画批評ってどんなモンダイ!】at 2008年11月26日 18:01
恐怖のお仕置き部屋。  
1408号室【Akira's VOICE】at 2008年11月26日 18:05
ONE ROOM 【Story】 呪われた場所を取材し、執筆することで生計を立てている作家マイク(ジョン・キューザック)は、ある朝海岸でドルフィンヮ..
1408号室【Memoirs_of_dai】at 2008年11月26日 21:13
公式サイト プラデラレビュー スティーブン・キングの超短編をかなーり引き延ばしているため、少々間延びする部分もあるが、オバケ屋敷映画として充分にイライラビックリドッキリ出来て楽しめる。 向こうの窓に人が → 手を振ると反応? → よく見ると自分と同じ動き ...
1408号室 ★★★★【(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)】at 2008年11月26日 21:29
妄想系スリラーだが、自分の心の深淵を見る場所というテーマがスティーヴン・キングらしい。娘の死から立ち直れないオカルト作家のマイクは、NYのホテルを取材。客が次々に自殺を遂げることで有名な謎の1408号室に、支配人の警告を振り切って宿泊する。幽霊を信じないマイ....
1408号室【映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評】at 2008年11月26日 23:28
今週の平日休みは、 TOHOシネマズの「1ケ月フリーパスポート」は使い切ったけど、 まだまだ鑑賞ポイントが貯まってるので、 それを使ってタダ観をしました。 本作は、数多くの作品が映画化されてるスティーヴン・キングの原作。 全米では彼の作品の中でもトップクラス...
★「1408号室」【★☆ひらりん的映画ブログ☆★】at 2008年11月27日 03:43
スティーヴン・キングの短編小説を映画化 「1408号室」を早速観てきました 物語は神の存在
1408号室 を観たゾ【ヤジャの奇妙な独り言】at 2008年11月27日 22:59
 アメリカ  ホラー&サスペンス  監督:ミカエル・ハフストローム  出演:ジョン・キューザック      サミュエル・L・ジャクソン      メアリー・マコーマック      トニー・シャルーブ 【物語】  超常現象を一切信じないマイク・エンズリンは、....
1408号室【江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽】at 2008年11月29日 20:54
1408 (2007年) 監督:ミカエル・ハフストローム 出演:ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック オカルト調査の為、宿泊者は必ず死ぬという部屋に入った作家が体験する恐怖を描いたホラー 「ミスト」のステーブン・キング原作ということで...
1408号室【Movies 1-800】at 2008年12月08日 01:13
ジョリー外れたんで シネマイクスピアリに避難 「1408号室」観てきたんですの この作品は ホラーなのか サスペンスなのか よくワカラン・・・ てか 眠すぎて 序盤 覚えてませんが( ̄▽ ̄;) 窓 ないじゃん! 18歩で辿り着か....
「1408号室」鑑賞@シネマイクスピアリ【たっちゃんの「虹を翔る黙示録DX」】at 2008年12月13日 12:36
スティーヴン・キング原作のオカルトホラーということで観たかった作品をやっと観てきました。観てきたのは新宿ミラノ3。 平日の昼間の回だった割にはそこそこ入っていたかなーという印象。 ******************** 巨匠スティーヴン・キングの短編ホラーをジョン・キュ...
『1408号室』【cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー】at 2008年12月18日 22:18
 この謎を知り、生きて帰れる者はいるのか? 京都での上映はないと半ば諦めていた「1408号室」が何と!京都みなみ会館での上映が実現されました。2月7日、早速鑑賞!原作はあのホラーの巨匠、スティーヴン・キングの短編小説「一四〇八号室」(新潮文庫刊)「幸運の...
1408号室◆ジョン・キューザックがホラーに挑む!【銅版画制作の日々】at 2009年02月10日 23:55
米国人気モダン・ホラー作家、スティーヴン・キングの短編小説(「幸運の25セント硬貨」新潮文庫所収)を映画化したホラー・パニック・ムービー「1408号室」(2007年、米、ミカエル・ハフストローム監督作品、104分)。この映画は、幽霊や超常現象を一切信じな...
「1408号室」(1408)【シネマ・ワンダーランド】at 2009年06月07日 16:24
1408号室 超常現象を信じないオカルト作家が ホテルの一室で体験する未曾有の世界。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) ”モダヮ..
『1408号室』【『映画な日々』 cinema-days】at 2009年10月24日 17:55
92.1408号室■原題:1408■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:104分■字幕:栗原とみ子■鑑賞日:11月22日、渋谷東急(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)□監督:ミ...
映画『1408号室』を観て【KINTYRE’SDIARY】at 2010年12月29日 12:01
この記事へのコメント
>カレン・カーペンターは32歳で死んでいるけれど、1×4×8=32

なるほど〜と思いましたが、「1408」なので0をかけちゃうとこの計算式の答えも0になっちゃいますよね。
それは全て消えてなくなる?ということですかね?
Posted by にゃむばなな at 2008年11月26日 21:14
↑0を掛けないのはゴツゴウ主義でスミマセン。
Posted by 佐藤秀 at 2008年11月26日 21:36