2008年12月27日

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝3

K-20公式サイト。北村想原作、佐藤嗣麻子監督、金城武、松たか子、國村隼、高島礼子、本郷奏多、今井悠貴、益岡徹、鹿賀丈史、仲村トオル。、江戸川乱歩の「怪人二十面相」のパラレル・ワールド版。舞台も「ALWAYS 三丁目の夕日」のスタッフが戦後でなく、戦争なかった場合の1949年のパラレル東京に移動。
1958年にできたはずの東京タワーらしき塔が既に建設され、六本木ヒルズと浅草タワーを折衷したような高層ビルまである。実はこれ、映画に登場するブリューゲルの絵から推測できるように「バベルの塔」らしい。1950年以降のはずのテレビ放送も既にされているという、戦争がなければ多分そうだったろうなあ、というイメージを再現している。ただ、格差社会とことさら断らなくても、当時、というのも変だが、当時は今以上に格差社会だった。華族が登場し、大財閥が登場するが、ところで、昭和天皇はいかにおわしましたのだろうか。
ニコラ・テスラが実際に考案した無線送電システムが登場し、巨大隕石の落下とされるツングースの大爆発がオウム真理教が現実に必死に探した気象兵器、地震兵器の類の実験として登場するのもまた楽しい。ついでに言えば、オウムで有名になった自作自演も。
ただ、由美かおる後継候補に名乗らんばかりの熱演の松たか子操縦する高性能のヘリコプターは微妙な気がする。「当時」でも、ヘリコプターは固定翼と違って難しい技術で、戦争でも朝鮮戦争でやっと登場したくらいだから。けれど、考えてみれば、パラレルワールドでは何もかも許されそうだから、もっと思い切りやってもよかった。「ALWAYS 三丁目の夕日」に出てきた特急「こだま」だって戦争がなければ既に登場していたかもしれない。ただ、ゴジラは戦争がないと生まれる契機が失われているから無理か。というか、その後の核実験によって生まれたのだから。
「もし・・・・だったら」で見てしまったが、ストーリーの方もまずまず。ただ、ちょっと如意ロープに頼りすぎな面があるようで、それからバベルの塔一度爆破されているのに2度もというのも。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログへ

Posted by y0780121 at 09:34│Comments(2)TrackBack(23)clip!邦画A-M | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50202245
この記事へのトラックバック
怪人二十面相をトンデモな方向へと向かわせる物語だが、格差社会が発展したパラレルワールドを舞台にしたのは面白い。サーカスの曲芸師・平吉は、謎の男の罠によって怪人二十面相として捕らえられる。令嬢・葉子とともに無実の罪をはらすため本物の二十面相を追うと、衝撃の....
K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝【映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評】at 2008年12月27日 23:21
「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」は第2次世界大戦が起こらなかったという想定で描かれた帝都を舞台に華族だけを狙う怪人二十面相を追う名探偵明智小五郎が怪人二十面相と間違えられたサーカス芸人を捕まえた事でサーカス芸人が自分の無実を証明するために怪人二十面相を...
「K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝」二十面相の正体を知った先にみた悪と正義の二十面相対決【オールマイティにコメンテート】at 2008年12月27日 23:41
今週の週末レイトショウ第二弾は、 「チネチッタ川崎」で初日の22:20の回。 レイトショウにしてはまあまあの入りで50人くらいかなぁ。
★「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」【★☆ひらりん的映画ブログ☆★】at 2008年12月27日 23:41
第二次世界大戦が起こらなかった時の、もしものパラレルワールドがこの映画の舞台・・の冒頭の説明に期待度が上がった。江戸川乱歩の《明智小五郎》と《怪人二十面相》という、固定観念にまみれたキャラクターを根底
「K-20 怪人二十面相・伝」みた。【たいむのひとりごと】at 2008年12月28日 14:21
太平洋戦争・第2次世界大戦を回避した後の日本が舞台というのは面白い、回避したらどうなるのか説明は少ない、まぁそれが主題の物語ではないけどね?? 第2次世界大戦を回避した後の帝都、なんだか東京タワーみたいなのと羽柴財閥のタワービルが一際高くそそり立つ...
映画「K-20 怪人二十面相・伝」【茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??】at 2008年12月28日 17:56
◆金城武さん(のつもり)金城武さんは、12月20日公開の映画『K-20 怪人二十面相・伝』に遠藤平吉 役で出演しています。先週、東京厚生年金会館にて開催された試写会で観てきました。●導入部のあらすじと感想
K-20 怪人二十面相・伝 (金城武さん)【yanajunのイラスト・まんが道】at 2008年12月29日 00:02
 マントは男を美しくする。 『K-20(TWENTY)/怪人二十面相・伝』 2008年・日本・137分 監督・脚本:佐藤嗣麻子 エグゼクティヴ・プロデューサ??.
『K-20(TWENTY)/怪人二十面相・伝』を観たよ。【【待宵夜話】++徒然夢想++】at 2008年12月29日 00:59
≪ストーリー≫ 1945年の架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生じる日本で、世間を脅かしている強盗がいた。“怪人20面相”と呼ばれるその強盗は、富裕層だけをターゲットとし、美術品や骨董品を魔法のようなテクニックで、次々と盗み出すと...
【劇場映画】 K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 【ナマケモノの穴】at 2008年12月29日 07:06
第二次世界大戦が無かった1949年の日本が舞台。そこそこに、現実の日本風なところがありますが、架空の日本なのでやっぱりどこか違います。華族制度が残っていて、格差社会になっていると言う設定ですが、『格差社会』と言うキーワードは、皮肉な事に現在の日本にも当てはま...
K-20 怪人二十面相・伝(2008年)【勝手に映画評】at 2008年12月29日 16:44
 日本  アクション&アドベンチャー&ミステリー  監督:佐藤嗣麻子  出演:金城武      松たか子      仲村トオル      國村隼 【物語】  1949年、第二次世界大戦を回避した日本の都市、帝都。そこは、19世 紀から続く華族制度により極端な貧富....
K-20 (TWENTY) 怪人二十面相・伝【江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽】at 2008年12月29日 17:57
K-20 怪人二十面相・伝’08:日本 ◆監督・脚本: 佐藤嗣麻子「アンフェアthe movie」◆出演: 金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子  ◆STORY◆1945年の架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生じる日本で、世間を脅かして...
K-20 怪人二十面相・伝【C’est joli〜ここちいい毎日を〜】at 2008年12月30日 00:00
近頃とっても気になる金城さんを目当てに鑑賞(笑)いそいそ【story】1949年、格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥...
K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝【★YUKAの気ままな有閑日記★】at 2008年12月30日 12:30
今年最後のレビューは 試写会で観たこの作品にします。 原作は北村想なんですね。 戯曲はいくつか読んだことありますが、 小説も書いているとは知りませんでした。 試写会場はほぼ満席でした。 極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、 富裕層のみを狙い、美術品...
K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝【映画、言いたい放題!】at 2008年12月31日 00:09
江戸川乱歩の小説でおなじみ、怪人二十面相を巡る痛快サスペンス・アクション。二十面相と彼に人生を狂わされた男の対決が描かれる。監督は「アンフェア」シリーズの脚本を手掛けた佐藤嗣麻子。ストーリーは・・・第二次世界大戦が起こらず、華族制度によって貧富の差が広...
劇場鑑賞「K−20怪人二十面相・伝」【日々“是”精進!】at 2008年12月31日 06:53
元日はファーストデーと言う事もあって、映画「K-20 怪人20面相・伝」を鑑賞しました♪
映画「K-20 怪人20面相・伝」【FREE TIME】at 2009年01月05日 00:53
サントラ 2,500円K-20怪人二十面相・伝これはいいですね。お正月映画にぴったりの面白さでした。先日、地球が静止する日にやられてしまったので特に(苦笑)前半ちょっとテンポの悪さが感じられますが、葉子がストーリーに絡んでくる中盤以降ぐっと面白くなります。後半は...
【感想】K-20怪人二十面相・伝【映画を楽しむ】at 2009年01月06日 11:21
この映画では怪人二十面相の正体は意外な人物である。しかし、それほど意外ではない。未見の方の楽しみの為にこれ以上は書かないでおくが、考えてみれば、そういうこともありうる。しかも、この映画の舞台設定は身分社会であり格差社会である。その正体となった人物は当然...
K−20 怪人二十面相・伝■社会批判映画としての可能性【映画と出会う・世界が変わる】at 2009年01月08日 07:53
☆あんまり乗り気じゃなかったのだが、姪が「これが観たい」と言うので、いつものMOVIX昭島に向かった。  ハリウッドが、アメコミヒーローを昨今の特殊撮影の進歩によって重厚に再生させたように、邦画も「怪人二十面相」を復活させようとしたのが透けて見えた。  ...
[映画『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』を観た^^]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』】at 2009年01月11日 10:15
冬休み中、109シネマズ富谷で2本目に観たのが、「K-20 怪人二十面相・伝」。 <a href="http://minkara.carview.co.jp/userid/122479/blog/738487/" target="_b
K-20 怪人二十面相・伝【欧風】at 2009年01月12日 18:57
 K-20 怪人二十面相・伝を観てきましたが、記事にするのが相変わらず遅くなっちゃいました。
映画:K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝【よしなしごと】at 2009年01月25日 13:52
アクションとドラマに格差がある。
K-20 怪人二十面相・伝【Akira's VOICE】at 2012年05月06日 11:06
荒唐無稽なオハナシと、凝ったCGで作りこんだ、仮想ワールド。やや、オコサマむけティスト(明快さ、オトボケぶり)も御愛嬌? それを、贅沢な俳優陣での熱演、アクションを味わうのが醍醐味な作品と感じました 賛否両論ありそうですが、大きな画面で「頭からっぽにし
K-20 怪人二十面相・伝【のほほん便り】at 2012年05月10日 08:18
JUGEMテーマ:邦画 &nbsp; ひょんなことから、庶民の生活の中に入ってきたお嬢様の羽柴葉子。 &nbsp; 風呂桶を泡だらけにしたり、庶民の家を別宅と言ったり &nbsp; 二十面相に盗まれる前にコソ泥に絵を盗ませようとしたり &nbsp; 現代でいうところの
映画 K-20 怪人二十面相・伝【こみち】at 2014年04月05日 11:40
この記事へのコメント
はじめまして。さきほど地上波TVで、この映画を観ました。
昔の宮崎アニメみたいで楽しめました。
松たか子の回転翼機は
ヘリコプターじゃなく
オートジャイロだと思います。だとしたら
あの時代?でも存在していたものです。
Posted by BJ魔王(仮名) at 2012年05月04日 23:34
ウホーッ、オートジャイロ。見た当時は知らなかった。wikiで調べたらオートジャイロが登場する映画の中に本作が紹介されていました。
ご指摘ありがとうございます。
Posted by 佐藤秀 at 2012年05月04日 23:48