2009年05月24日

消されたヘッドライン1

state of play公式サイト。原題:STATE OF PLAY。ケヴィン・マクドナルド監督、ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン。ラッセル・クロウの主演する映画はどうも水が合わない、というか、この作品、やたら人間関係がややこしいだけで、最後に残るのは衰退する新聞の輪転機。なんかお腹一杯に詰め合わせて消化不良で終わっていて頓珍漢な印象だけが残った。
まず、国会議員スティーブン・コリンズ(ベン・アフレック)の秘書兼愛人が地下鉄で事故死の件。ベテラン新聞記者カル(ラッセル・クロウ)は事故現場が監視カメラの数少ない盲点で起きていることから怪しいと睨む。
しかし、愛人が何者かに誘導されなければ、わざわざ盲点の場所で“事故死”することは確率的に有り得ない。少なくとも盲点の場所というだけで怪しむに足る材料ではない。すぐさま監視カメラに映っている怪しそうな人物を探さなければならないが、それは偶然、若手記者デラ(レイチェル・マクアダム)が病院で見かけた人物と同じだったことでやっと明らかになる。これも偶然頼みだ。
また、この時点でこの暗殺者と愛人は関係があること、ひいてはスティーブンと関係がある人物だろうことに気付かねばならない筈。関係なかったら見も知らない怪しげな男に愛人が盲点に誘導されるわけないと思うのだが。実際にはカルが気付くのはスティーブンの湾岸戦争従軍写真を見てからだ。
そもそも、カルとスティーブンソンとは同級生、スティーブンソンは秘書と愛人関係、カルはコリンズ夫人と浮気していて、とか都合よすぎるくらい人間関係が錯綜していることも気に入らない。おまけに冒頭に登場する泥棒少年の友達の少女の友達がカルなんて、友達の友達はアルカイダを思い出して笑ってしまうくらいの都合の良さ。ところで、少年はなんでまた都合よく暗殺者のブリーフケースを盗んでしまったのだろうか。秘書と関係していた、麻薬だけでは説明不足。もし、秘書を守るためだったら、続いて起きる秘書殺しは政治とは全く無関係になるはず。知り合いの少年が殺されたのなら秘書だって動揺し、殺される朝に能天気な携帯送っている場合じゃないと思うのだが。
結局、ややこしいだけで稔りのない作品という感じ。あの院内総務の関与がどこまでだったのかも分からないままだった。「君のようなパフォーマンス型の政治家も必要だ」とスティーブンソンは意味深なこと言われるが、じゃあ、こんなたくさん人殺しして却って藪蛇になるだろうなんてことは分別ある人間なら分かるはず。コリンズ夫妻の行動にリアリティが感じられない。特にカルのお友達の少女まで殺すなんて何考えているんだろう。
陰謀の中身、軍隊の民営企業へのアウトソーシングというのも、さして目新しくない。現実に日本人の傭兵もイラクで戦死しているくらいだから、それほどインパクトない。チェイニー前副大統領の関係企業とイラク復興事業癒着なんて話も周知のこと。ネタとしても政権が変わった今ではいかにも古いという印象しかない。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 19:09│Comments(0)TrackBack(20)clip!洋画クーコ | ★1

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50236898
この記事へのトラックバック
 『そのスクープが、時代を揺るがす。』  コチラの「消されたヘッドライン」は、2003年にイギリスBBCで放送された大ヒットサスペンスドラマをハリウッドで映画化した5/22公開の社会派サスペンスなのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪ちなみにオリジナルのドラマ「ス...
消されたヘッドライン【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2009年05月24日 19:52
イギリスの大人気サスペンスドラマをハリウッドでリメイクした作品。主演ラッセル・クロウをはじめ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレンと実力ある俳優がそろったサスペンスムービー。監督はドキュメンタリー映画の鬼才ケヴィン・マクドナルド。米...
消されたヘッドライン【LOVE Cinemas 調布】at 2009年05月24日 20:34
◆プチレビュー◆巨大な権力にペンの力で挑むポリティカル・サスペンス。終盤、ひねりすぎるのが惜しい。 【70点】 ワシントングローブ紙の敏腕記者カルは、黒人少年の射殺事件と、国会議員コリンズの部下で愛人の女性が突然死した事件に、奇妙な共通点を嗅ぎ取り調べ始め...
映画レビュー「消されたヘッドライン」【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2009年05月24日 23:07
☆仕事が遅番だったので、朝一で観てきました。  ラッセル・クロウの変な髪形(欧米の裁判官のカツラ風)が印象的な作品だ^^;  明日は早番で、朝早いので、短いレビューで終わりますぜ^^;  主人公の新聞記者カルを演じたラッセル・クロウだが、メタボが極まって...
[映画『消されたヘッドライン』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』】at 2009年05月25日 00:15
観ようか、、、観まいか、、、悩んだのよ〜コレ。・・・・・ラッセル・クロウったら、、、太り過ぎじゃないポヨ〜ン いや、、、笑顔はキュートだけどサ【story】ワシントン・グローブ紙の敏腕記者カル(ラッセル・クロウ)は、旧友の国会議員コリンズ(ベン・アフレック...
消されたヘッドライン【★YUKAの気ままな有閑日記★】at 2009年05月25日 13:45
この映画の原作は2003年にイギリスのBBCで放送された全6回のTVシリーズで、英国アカデミー賞などを受賞した大ヒットドラマだそうです。日本でも2008年にNHKのBSで放送されていたらしいけど、うちはスカパーしか加入していないのでこのドラマは知りませんでした。私の...
映画「消されたヘッドライン」の感想です。【MOVIE レビュー】at 2009年05月26日 00:23
監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクアダムス、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン      暴くのか、逃げるのか―。 「ワシントンで起きた二つの事件。 黒人の少年がド
【消されたヘッドライン】【日々のつぶやき】at 2009年05月26日 14:54
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 監督は『ラスト・キング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルドってことで興味あって観てきた{/shootingstar/}  ベン・アフレックも出てたし{/hearts...
消されたヘッドライン / STATE OF PLAY【我想一個人映画美的女人blog】at 2009年05月28日 00:27
{{{   ***STORY***               2009年 アメリカ/イギリス ワシントンD.C.で相次いで起こった二つの事件。ひとつはドラッグ中毒の黒人少年の射殺事件、そしてもうひとつは、気鋭の国会議員コリンズのもとで働く女性職員ソニアが地下鉄に転...
*消されたヘッドライン*【Cartouche】at 2009年05月28日 20:32
暴くのか、逃げるのかーーーー。 それは、ひとりの新聞記者が見た“現代アメリカの最大の闇” 5月25日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ラッセル・クロウ、また一段とでかくなりましたね。そのうえロングヘアーです。少しきもい感じもありますが・・・・。 実はラッセル・...
消されたヘッドライン◆STATE OF PLAY【銅版画制作の日々】at 2009年05月28日 23:32
【 31 -8-】 スタートレック{/m_0058/}がどうしても観たくて{/m_0084/}、で、見に行くなら日曜日になるんで、少しでもお安く{/m_0186/}観るために、公開日{/m_0167/}前日ギリギリで前売り券{/m_0065/}をゲットしてきた。 するとちょうど「消されたヘッドライン」がまもなく...
消されたヘッドライン 戦争とはお金儲けのためのものなのか・・・【労組書記長社労士のブログ】at 2009年05月29日 12:12
更新が、遅れておりますが^^; 先週の土曜日は、レイトショーのはしご。 ほんとは、金曜日の公開日に観たかったんだけど、またしてもミーティングが長引き、間に合わず。 ということで、1本目は、「消されたヘッドライン 」。 ラッセル・クロウ演じるジャーナリストが、...
消されたヘッドライン/State of Play【いい加減社長の日記】at 2009年05月30日 18:05
消されたヘッドライン[State of Play] ストーリー 冒頭、黒人の青年が銃で撃たれて殺される、そこを偶然通りかかったピザの配達人も撃たれて重体。 そして翌日の朝、コリンズ議員の助手のソフィアが謎の死をとげる。 コリンズとソフィアは不倫関係にあったのだ、そしてその...
消されたヘッドライン【犬・ときどき映画】at 2009年05月31日 21:33
それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 発売予定日は2009年11月26日
消されたヘッドライン【Addict allcinema おすすめ映画レビュー】at 2009年11月08日 11:51
英国BBCが製作したTVドラマシリーズ「ステイト・オブ・プレイ??陰謀の構図??」を舞台を米国に移しかえ劇場版としてリメイクした社会派サスペンス「消されたヘッドライン」(2009年、英米、127分、ケヴィン・マクドナルド監督)。この映画は、関連のない2つの事...
「消されたヘッドライン」(STATE OF PLAY)【シネマ・ワンダーランド】at 2009年12月06日 06:23
部下のソニアが地下鉄ホームで事故死したと聞いた国会議員コリンズはマスコミの前で醜態をさらし、彼との不倫関係を悩んでソニアが自殺したのだと大々的に報じられた。 コリンズは友人で地元紙ワシントン・グローブの記者カルに、彼女が自殺するはずはないと主張。 カルは...
消されたヘッドライン【象のロケット】at 2009年12月22日 22:21
消されたヘッドライン 親友の議員がスキャンダルに嵌められた。 新聞記者は事件を追う内に背後に隠された 意外な真相に気付く... 【個人評??.
『消されたヘッドライン』【『映画な日々』 cinema-days】at 2010年06月14日 04:19
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年アメリカ=イギリス映画 監督ケヴィン・マクドナルド ネタバレあり
映画評「消されたヘッドライン」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2010年06月18日 15:18
『消されたヘッドライン』(2009年・監督: ケヴィン・マクドナルド) 2009年に刊行されたキネ旬ムック『オールタイム・ベスト映画遺産200 外国映画篇』 のコラム「ある視点・ジャンル
【映画】消されたヘッドライン【【@らんだむレビューなう!】 Multi Culture Review Blog】at 2011年02月03日 21:18
全く関係ないように見えた2つの事件が重なるとき、軍需産業の絡んだ陰謀、政治家と企業の癒着など、政治の暗部がみえてくる…と思ったような思ってないような作品。 結末のどんでん返しは捻られており、オチがまさかの「事件の裏に国家的な陰謀が隠されていたと思った
消されたヘッドライン【いやいやえん】at 2012年05月15日 09:52