2009年06月12日

ザ・スピリット2

the spirit公式サイト。フランク・ミラー監督、ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソン、エヴァ・メンデス、サラ・ポールソン、スタナ・カティック。原作のアメコミの画質をそのまま映像化したような作品。原題:The spiritは亡霊の意味。セントラル・シティに正義の亡霊と悪の化け物クローンが対決するのだが、これも原作のアメコミをそのまま引き写したのか、出て来る女性がどれもこれも美人すぎる。
女泥棒のサレス(エヴァ・メンデス)なんていかにもそうだ。絵に描いたようなノックアウト女。外科医のエレン(サラ・ポールソン)も、新米婦警(スタナ・カティック)も、誰も彼女もが美人すぎる。市議会もきっと美人すぎる市議だろう。女優としては一番大物の、オクトパス(サミュエル・L・ジャクソン)の腹心シルケン役のスカーレット・ヨハンソンが一番ブスい感じに見えるから不思議だ。この人、眼鏡でもかけないとワルに見えないから仕方ないか。およそ非美人は登場しないのだ。
男どもの悪党オクトパスというのは、文字通りにタコのように海中をすいすい泳ぐ。オマケに絶対に日本語の蛸入道からヒント得たような風貌。ハラキリも出るし、アジトは日本趣味丸出しで、どこか外国にありそうな高級日本料理店の風情だから、きっとそうだろう。
それにしても日本料理と関連付けると、この映画が不思議と見えて来る。
配下のクローン人間もタコの足みたいなもんで、切り取られても再生可能。本人自身も基本的に再生可能。オマケにスッポンの生血を飲むようなことが万能化への道なのだから。
タコの足は切り取ってもしばらくクネクネ動いているが、本当に切り取られたタコの足みたいな出来損ないのクローンまで出て来る。
製作スタッフは魚の活け造りが好きなのだろうか。
ヨハンソンがラストでオクトパスの生きた刺身を拾って引き上げるから、恐らく続編も作る予定なのだろう。もし、次回作ができたら、恐らく万能細胞のようなものまで登場するかもしれない。
なぜか主役のスピリット(ガブリエル・マクト)は目立たない。本当に亡霊のような存在だ。格好は「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 」のようだが、そのどこか頼りなさげなところは、「ダークナイト The Dark Knight」のバットマンを踏襲しているようにも見える。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 20:35│Comments(2)TrackBack(14)clip!洋画ザ | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50241069
この記事へのトラックバック
 『最大の敵こそ、真実。』  コチラの「ザ・スピリット」は、ウィル・アイズナーの傑作コミックを「シン・シティ」や「300 スリーハンドレッド」の原作者フランク・ミラーが「シン・シティ」に続いて、脚本と監督を手掛けた6/6公開のアメコミ・ヒーローものなのですが、...
ザ・スピリット【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2009年06月12日 20:50
またしてもアメコミ原作の実写化作品。更に『シン・シティ』、『300』の原作者であるフランク・ミラーが自ら監督。主演は『ママの遺したラヴソング』のガブリエル・マクト。共演は『ジャンパー』、『アイアンマン』のサミュエル・L・ジャクソン。しかし私の目当ては、大...
ザ・スピリット【LOVE Cinemas 調布】at 2009年06月12日 22:46
この作品が目指すのは、ひたすらスタイリッシュな映像を作ること。強いコントラストのモノクロの中、パート・カラーの赤が怪しげだ。物語は、覆面とスニーカーのヒーロー・スピリットが、愛する街を守るため、宿敵のオクトパスと死闘を繰り広げるというもの。主人公の個性は....
ザ・スピリット【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2009年06月12日 23:58
The Spirit (2008年) 監督:フランク・ミラー 出演:ガブリエル・マクト、エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンソン、サミュエル・L・ジャクソン アメコミ界の重鎮ウィル・アイズナーが40??50年代に描いた傑作コミックの映画化で、不死身のヒーロー“スピリット”と宿敵...
ザ・スピリット【Movies 1-800】at 2009年06月13日 00:44
最大の敵こそ、真実。 6月12日、MOVX京都にて鑑賞。このところ鑑賞した作品があまり良くない。この作品も今一評判はそれほど良くなそうな話でした。ところで、フランク・ミラーってコミックライター兼アーティストであり、監督なんですね。知らなかった(汗)彼の作品は...
ザ・スピリット★☆【銅版画制作の日々】at 2009年06月13日 17:15
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で。 キムタクの出てる「アイ・カム〜」でも良かったんだけど、 やっぱりスカちゃんモノが優先なひらりん。
★「ザ・スピリット」【★☆ひらりん的映画ブログ☆★】at 2009年06月13日 23:34
敵キャラ濃過ぎて主役が目立たん 【Story】 殺害されるも奇跡的に甦った刑事デニー・コルト(ガブリエル・マクト)は、以来マスクで顔を隠しの..
ザ・スピリット【Memoirs_of_dai】at 2009年06月15日 21:14
アメコミ界の巨匠ウィル・アイズナー原作の同名グラフィック・ノベルを『シン・シティ』『300 <スリーハンドレッド>』の原作者フランク・ミラーが実写映画化。死からよみがえり、愛する街を守るために犯罪組織と戦う仮面のヒーローを『グッド・シェパード』のガブリエル・...
mini review 09416「ザ・スピリット」★★★★★★★★☆☆【サーカスな日々】at 2009年10月30日 02:02
この映像の色合いと、雰囲気は良かったんですが・・
「ザ・スピリット」【心の栄養♪映画と英語のジョーク】at 2009年11月19日 09:46
死の淵から甦った元刑事のデニー・コルトは、「決して死なない」自分が何者なのかわからないまま、セントラル・シティを守る男“スピリット”として、人々が寝静まった街でひとり犯罪と戦っている。 彼の宿敵は凶悪な犯罪者オクトパス。 ある夜オクトパスと一緒にいた世界...
ザ・スピリット【象のロケット】at 2009年12月15日 22:17
連休も最終日に突入しちゃいました{/down/}{/face_hekomu/} すでに昨日{/kaeru_fine/}の事ですが、2010年5月4日(火曜日・祝日)は息子が関東に戻る日。 お昼の新幹線{/m_0032/}に乗るという事なので小倉駅まで送り&見送りに行きました。 …なだけの1日だったんですよね。...
【映画】ザ・スピリット…映像は上出来。次は脚本強化に努めてね。【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at 2010年05月07日 15:03
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督フランク・ミラー ネタバレあり
映画評「ザ・スピリット」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2010年07月03日 15:23
あらすじ愛する街セントラル・シティを守るために犯罪者たちと戦う仮面のヒーロー、スピリット。ある夜、怪しげな取引の通報を受けて現場に向かった彼は宿敵オクトパスと死闘を繰り...
『ザ・スピリット』'08・米【虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...】at 2010年07月18日 20:27
『 ザ・スピリット 』 (2008)  監  督 :フランク・ミラーキャ スト :ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソン、 エヴァ・メンデス、ジェイミー・キング、サラ・...
『ザ・スピリット』 映画レビュー【さも観たかのような映画レビュー】at 2010年11月23日 15:53
この記事へのコメント
ああ、そうです。どこかで見たようなと思ってたら
K20でした…。主人公の影の薄さときたら、自らの
衣装の真紅のネクタイのインパクトにすら負けてるって。(苦笑)
豪華女優陣に目当てで観たのでそれはそれで楽しませてもらいましたが、もし続編があったらこのままじゃ2度目はちょっと…。
Posted by KLY at 2009年06月12日 22:50
私もスカちゃん目当てでありやした。
Posted by 佐藤秀 at 2009年06月12日 23:24