2009年09月10日

ヤンキースにまだ三千本安打打者がいない意外

ジーター ゲーリッグ氏の球団最多安打記録に並ぶ(AFP) ニューヨーク・ヤンキース(New York Yankees)のデレク・ジーター(Derek Jeter)が9日、タンパベイ・レイズ(Tampa Bay Rays)戦で故ルー・ゲーリッグ(Lou Gehrig(氏の持つ球団最多安打記録(2721本)に並んだ。
意外なことに、伝統あるニューヨーク・ヤンキースにはまだ3000本安打打った打者がいないのだ。多分、ジーターが第1号か。
この記録はあくまでヤンキースの選手としての記録なので生涯記録じゃない。ちなみに日本で唯一の3000本安打記録を持つ張本勲氏も東映、巨人などとチームを移籍しているので単独チームで3000本安打を達成した選手は一人もいない。
MLB Career Batting Leaders hitsを見ると、3000本安打打っている選手は26人。その中に一番のスター軍団チームのヤンキースの選手がいないのは不思議ですらある。
ジーターだってまだメジャー歴代53位。ちなみにイチローは257位。
あのベーブ・ルースは生涯2873安打打っているが、そのうち355安打はレッドソックス時代などに打っているので差し引き2518安打。
あのジョー・ディマジオだって2214安打で歴代163位に過ぎない。ディマジオは第二次大戦中、3年間プレーをしてないが、仮にそういう不幸がなかったとしても3000本には届かなかったろう。
一つにはスター選手でも1チームで野球生涯を全うする選手はあまりいないということ。ディマジオやジーターもその例外なんだろう。二人に共通するのはハンサムで格好良く、絶大な人気があること。それがヤンキースで生涯を全うする意外な秘訣なのかもしれない。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 ニュースブログへ

Posted by y0780121 at 20:18│Comments(0)TrackBack(0)clip!秀スポ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50261522