2009年11月17日

ゼロの焦点(2009)2

zero公式サイト。松本清張原作、犬童一心監督、広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎、西島秀俊、鹿賀丈史。松本清張の名作とされながら、ディテイルはかなり杜撰というか、不自然だ。
イントロに出て来る学徒動員の古いフィルムとどう関係するのかよく分からない。恐らく鵜原憲一(西島秀俊)の戦中体験なのだろうけれど、彼が戦中どんな体験をしたかは謎のまま。とにかく生き残ったというだけで、背中の傷跡の説明もなし。そもそも、あの傷跡、戦中のものなら、もう10年以上経ているのだから、もうちょっと生々しさが消えているはずだ。まるでつい数年前に負った火傷の跡みたいだ。実はあれは戦傷ではなく焼かれた煉瓦でヤキ入れられたのではないかとさえ思えてくる。つまり、結構その前に脅されていたとか。
そして西島演じるあの孤独そうな表情の割に実体はそれほど奥深いわけでもない。思慮深そうでいて、易々と女に騙されて殺されるほど間抜けに見えないのだが。そうは言っても、最近でも睡眠薬飲まされて簡単に女に殺されてしまう男がいることは半世紀前とさして変わらないのだけれど。あれじゃ西島の不気味な孤独感がもったいない。
耐火煉瓦会社社長室田儀作(鹿賀丈史)の言動もよく分からない。妻佐知子(中谷美紀)に「選挙ごっこ」と揶揄するが、佐知子が応援している女性市長候補が泡沫候補ならいざ知らず、映画を観る限りかなりの確率で当選の可能性があった。なら、利に聡い社長が女性市長誕生の場合を想定して一応有力なコネクション作りの布石を打たないのは不自然でさえある。
全く分からないのは佐知子が憲一のために田沼久子(木村多江)を雇う必要があったのかということ。佐知子は憲一がこの世からいなくなって初めて憲一が願っていたのが久子であることを知る。久子もまた憲一と同様、佐知子の過去の絶対知って欲しくない秘密を知っているのだ。なのに、秘密が明かされかねない危険人物をなぜそばに置く間抜けなことしたのか。過去の友情だとしたら、その後の行動と平仄が合わない。普通なら、偶然に驚き、すぐさま消しにかかるはずだ。
その佐知子と久子の友情だが、これがまたどこまでが偶然なのか、どこまでが必然なのか不明瞭。たまたま憲一と久子が偶然再会したのなら、もう一つの偶然は極めて不自然だ。久子と町でばったり、仕事先で佐知子とばったりなんて出来すぎで有り得ないだろう。
この問題を解決するのは、どっちの偶然が先かで変わってくるだろう。久子との再会が前なら、佐知子が後で憲一と久子の関係を知り、そうなると就職を斡旋して欲しい人が久子だと見抜けるはずだ。とすると、あの置手紙を見る意味がなくなって破綻する。
その逆の場合。佐知子は憲一が久子と再会するように仕組んだことになる。ということは佐知子は久子が金沢市近隣に住んでいることを知っていたことになる。友情が続いていたことになるが、でも、なぜ自分だけ裕福になって久子を放っておいたのか。憲一に頼まれなくても友情があるなら就職を何とかしてやれたはずだ。
しかし、その仮定はやはり自分の過去の秘密を知られたくない、という絶対的原則に反するのでやはり破綻する。
そもそも、佐知子は婦人の権利向上運動に参画している身である。そのことと過去にパンパンをやっていたことを隠したいという心理がどうしてもしっくり合わない。そんなに意識が高いのなら、過去にパンパンをやっていたことなど些細なこととと思い、そうした偏見に果敢に戦っていたはずだ。そんな人がなぜ大切な友人を消さねばならないのか、どうしても承服しかねる。 だとすれば、佐知子の婦人の権利向上活動も所詮は世の空気を読んでの見栄であり、一種の金持ちの道楽にしか見えない。そうなると松本清張の社会的背景のある悲劇も破綻してしまい、ラストの現代を見つめる佐知子の絵そのものが空々しく見える。
松本清張は神棚に置かれる巨匠扱いされているが、実際には頭の中の観念上の社会問題がまずあり、そこから人物像を形作るのでどうしても現実感とチグハグな人物になってしまう感じがする。
名女優2人に囲まれた広末涼子は世間知らずでひたむきな女性禎子を意外によく演じ、決してひけを取っていなかった。
トリビア的には、鶴来駅の列車だけは現代の車両を使っている。それに海岸の北陸本線に汽車を走らせているが、なぜか電化されて架線が見える。あの当時はまだ電化されていなかった。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 21:56│Comments(2)TrackBack(33)clip!邦画ザ行 | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50300035
この記事へのトラックバック
松本清張生誕100年記念作品。新婚間もない夫が謎の失踪、手がかりを求めて夫を追う新妻に襲い掛かる連続殺人の謎――、同名の傑作小説の映画化だ。出演はアカデミー賞作品賞『おくりびと』の広末涼子、『嫌われ松子の一生』の中谷美紀、『ぐるりのこと。』の木村多江の豪...
ゼロの焦点【LOVE Cinemas 調布】at 2009年11月17日 23:08
昭和のにおいが全くしない映画でした。それゆえに謎解きの先に見えてくる、戦後という時代が生み出す重みも感じなければ、その時代を描いたがゆえの面白味もありませんでした。 別に『沈まぬ太陽』と比べる訳ではありませんが、見終わった後の感想としては「今更なぜこの作....
『ゼロの焦点』【めでぃあみっくす】at 2009年11月17日 23:47
ゼロの焦点オリジナル・サウンドトラック「ゼロの焦点」を鑑賞してきました松本清張の傑作ミステリーを豪華女優陣の競演で映画化した松本清張生誕100年記念作品。敗戦直後の混乱期を経て復興へと向かう昭和30年代初頭の日本を舞台に、結婚間もない夫の謎の失踪を発端...
劇場鑑賞「ゼロの焦点」【日々“是”精進!】at 2009年11月18日 06:28
史上空前のミステリーブームといわれる近年、松本清張の原作が次々と映像化され、好評を博している。そして清張生誕100年を迎える本年、「砂の器」「点と線」に並び称される不朽の名...
ゼロの焦点【やっぱり邦画好き…】at 2009年11月18日 06:37
断崖に柵を!  
ゼロの焦点【Akira's VOICE】at 2009年11月18日 10:47
2009年に生誕100年を迎える社会派ミステリーの巨匠・松本清張。初期の傑作を映画化した本作は、原作にはない新たな要素が加わっている。昭和30年代、禎子は、見合いで鵜原憲一と結婚。しかし式から7日後に、夫は仕事の引継ぎに向かった前任地の金沢で行方不明に。禎子は夫を...
ゼロの焦点【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2009年11月18日 11:46
2009年 東宝 鑑賞@松江SATY東宝 131分 原作 松本清張 監督・脚本 犬堂一心 出演 広末涼子 中谷美紀 木村多江 もう、松本清張に何ということをしてくれたのかというのが第一印象。 大勢の60代以上のお客もそう思ったに違いない。 犬堂氏の生れていない50年代の東...
【映画】ゼロの焦点【しづのをだまき】at 2009年11月18日 12:07
監督:犬童一心 出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊   愛する人のすべてを知っていますか? 「禎子と憲一は見合い結婚したばかりだったが、憲一は式の直後から以前の勤務地だった金沢へ引継ぎの業務で向かったまま行方不明になってしまった。 夫
【ゼロの焦点】【日々のつぶやき】at 2009年11月18日 12:50
松本清張生誕100年を記念した映画ということで、原作はかれこれ50年も前に発表されているもの。社会派推理小説の作風が特徴である松本作品だが、この作品も”当時”の社会情勢が反映された内容となっている。公
「ゼロの焦点」(試写会)みた。【たいむのひとりごと】at 2009年11月18日 16:41
◆広末涼子さん(のつもり) ◆中谷美紀さん(のつもり) ◆木村多江さん(のつもり) 映画『ゼロの焦点』に広末涼子さんは鵜原禎子 役で、中谷美紀さんは室田佐知子 役で、木村多江さんは田沼久子 役で出演しています。原作は松本清張さんの長編推理小説です。1961年にも野村芳太...
ゼロの焦点 (広末涼子&中谷美紀&木村多江)【yanajunのイラスト・まんが道】at 2009年11月18日 16:59
映画『ゼロの焦点』を本日初日に観て来ました。 採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。ホントは45点くらいかな。 前の記事『映画「ゼロの焦点」の予告篇が劇場で上映中』で書いた程の期待作だったが、期待し過ぎた分だけ正直期待外れ。やはり日本映画は有料2時間ドラマだ...
映画「ゼロの焦点」感想と採点 ※ネタバレあります【ディレクターの目線blog】at 2009年11月18日 18:18
昭和33年12月。 結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため以前の勤務地である金沢に戻った夫・鵜原憲一は、そのまま帰ってこなかった。 見合いで結婚したばかりで、夫の過去をほとんど知らない禎子は北陸・金沢へ向かう。 憲一が懇意にしていた得意先の会社へ案内され、社長...
ゼロの焦点【象のロケット】at 2009年11月18日 19:36
映画「ゼロの焦点」を鑑賞。
映画「ゼロの焦点」【FREE TIME】at 2009年11月18日 20:57
■製作年:2009年 ■配給:東宝 ■監督:犬童一心 ■主演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、加賀丈史、他 公開されたばかりの松本清張原作の映画「ゼロの焦点」を見ました。小説は既に読んでいるし、1961年に野村芳太郎監督によって映画化された作品や他に...
昭和の黒い霧・松本清張NO.44・・・映画「ゼロの焦点」(主演:広末涼子)【飾釦】at 2009年11月18日 22:18
【 56 -13- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日は社労士試験、合格発表の日だ、みんなはどうやったのだろうか?自分が試験監督したあの人はどうやったのか?【今年の合格率は7.6%(前年7.5%)】  で、自分はまたまた映画の日、昨日は無料パスポートではなくて試写会にて...
ゼロの焦点 ε-(;ーωーA フゥゥム【労組書記長社労士のブログ】at 2009年11月18日 23:50
2009年 東宝 鑑賞@松江SATY東宝 131分 原作 松本清張 監督・脚本 犬堂一心 出演 広末涼子 中谷美紀 木村多江 もう、松本清張に何ということをしてくれたのかというのが第一印象。 松江の60代以上が大半の観客たちもそう思ったに違いない。 犬堂氏の生れていない...
【映画】ゼロの焦点【しづのをだまき】at 2009年11月19日 11:13
☆面白かった。  『ALWAYS』以降、日本のVFX技術は、作品の中で、本当に違和感なく、物語の回想シーンの戦後直後から、昭和30年代までの風景を見事に再現している。  その中で、割とオーソドックスなシナリオで役者が熱演している。  これまでの邦画(日本...
[映画『ゼロの焦点』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2009年11月20日 09:04
2009年11月14日(土) 20:10?? TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『ゼロの焦点』公式サイト フリーパス鑑賞13本目。 松本清張生誕100年記念作品だそうだ。松本清張の小説は、「点と線」しか読んだことが無い。 松本清張と言え...
ゼロの焦点【ダイターンクラッシュ!!】at 2009年11月20日 10:19
常に社会の暗部と人間の本質を鋭く描いた作品を発表し、日本の文学史に社会派推理小説という一大ジャンルを築き上げた巨匠・松本清張の代表作を映画化。監督は『眉山』『グーグーだって猫である』など、幅広いジャンルの作品を発表し、日本のみならず海外からも注目される犬...
ゼロの焦点【シネマDVD・映画情報館】at 2009年11月20日 10:57
松本清張の小説を映画化した作品。昭和30年代の日本を舞台に描かれたサスペンスドラマです。
男の気持ちが一番ミステリー。『ゼロの焦点』【水曜日のシネマ日記】at 2009年11月20日 12:54
                              「ゼロの焦点」 原作 松本清張「ゼロの焦点」 監督 犬童一心 脚本 犬童一心・中園健司 広末涼子・中谷美紀・木村多江、アカデミー賞女優三人が共演するミステリー大作であります! この作品は、本を映画化...
「ゼロの焦点」【ひきばっちの映画でどうだ!!】at 2009年11月23日 11:24
{{{   ***STORY***            2009年  日本 禎子は新婚七日目に、社用で金沢へ旅立つ夫・鵜原憲一を上野駅まで送っていった。それが、禎子が夫の姿を見た最後になってしまった。憲一はある広告社の金沢出張所長だったが、結婚を機会に東京本社...
*ゼロの焦点*【Cartouche】at 2009年11月23日 20:51
ゼロの焦点 監督: 犬童一心    出演: 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、崎本大海 公開: 2009年11月 原作は松本渮..
【ゼロの焦点】夢に届かない女たち【映画@見取り八段】at 2009年11月25日 23:19
「ゼロの焦点」は松本清張原作の「ゼロの焦点」を映画化した作品で、お見合い結婚したばかりの夫が突然失踪して、妻となった女性が夫の赴任地だった金沢へと向かいそこで出会う人たちが次々と殺されて事件に巻き込まれるストーリーである。昭和30年代前半という時代と事件....
「ゼロの焦点」過去を知られたさきに発生した人生隠蔽殺人事件【オールマイティにコメンテート】at 2009年11月26日 00:23
 □作品オフィシャルサイト 「ゼロの焦点」□監督・脚本 犬童一心 □原作 松本清張 □脚本 中園健司 □キャスト 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎■鑑賞日 11月22日(土)■劇場 チ...
『ゼロの焦点』【京の昼寝〜♪】at 2009年11月29日 10:10
 愛する人のすべてを知っていますか? フリ―パスポート鑑賞第7弾目は邦画「ゼロの焦点」(6本目はクリスマスキャロル3D版鑑賞しました)ヴィヨンの妻以来の邦画です。そう言えば広末さん、ヴィヨンの妻にも登場していましたね。今回は凄いです!主役ですよ。 今年で...
ゼロの焦点(2009)【銅版画制作の日々】at 2009年12月05日 22:49
 「ゼロの焦点」を渋東シネタワーで見ました。  かなり前のことになりますが、世田谷文学館で開催された「生誕百年 松本清張」展に行ったことや、また北野武が主演したTVドラマ「点と線」を見たこともあって、評判はともかくこの映画は見てみようと思っていました。 ...
ゼロの焦点【映画的・絵画的・音楽的】at 2009年12月06日 06:00
禎子は新婚七日目に、社用で金沢へ旅立つ夫・鵜原憲一を上野駅まで送っていった。それが、禎子が夫の姿を見た最後になってしまった。憲一はの..
ゼロの焦点【単館系】at 2009年12月16日 00:15
『ゼロの焦点』 【製作年度】2009年 【製作国】日本 【監督】犬童一心 【出演】広末涼子/中谷美紀/木村多江/杉本哲太/崎本大海/鮮.
ゼロの焦点【こわいものみたさ】at 2010年06月20日 15:17
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・犬童一心 ネタバレあり
映画評「ゼロの焦点」(2009年版)【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2010年10月18日 15:53
あらすじ仕事の引継ぎのため、金沢に戻った鵜原憲一が失踪。彼の足跡をたどって、妻・禎子は金沢を訪れ・・・。感想松本清張生誕100年記念作品この原作の映画化は2度目で、何度...
『ゼロの焦点』'09・日【虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...】at 2010年11月06日 22:35
今が旬の女優達で見る、松本清張ワールド。果敢に昭和に挑戦した社会派サスペンス、犬童一心監督の世界… お見合い結婚して、新婚まもない夫が失踪。彼を追って北陸を旅するうち、見えてきたモノは… 平成美人達が織りなす、終戦まもない過酷な時代と、女達の哀しみ…
ゼロの焦点【のほほん便り】at 2011年03月07日 14:24
5月4日 感想192作目 ゼロの焦点 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10879958429/a8440a53
別館の予備(感想192作目 ゼロの焦点)【スポーツ瓦版】at 2011年05月04日 12:55
この記事へのコメント
うーん、いつもよりは良くやっていたとは思いますが、根本的に広末さんは下手糞だと思ってます。
Posted by KLY at 2009年11月17日 23:26
時代が変われば変わってしまう考えがあれば、時代が変わっても変わらないものもある。

そこらへんを犬童監督にはもっと丁寧に描いてほしかったです。
Posted by にゃむばなな at 2009年11月17日 23:45