2010年02月20日

パレード5

parade1公式サイト。吉田修一原作、行定勲監督、藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介。ヘリの音がする冒頭は明らかに「地獄の黙示録」の故意の引用だろう。ただし行先はジャングルの闇の奥ではなく伊豆高原。東京都世田谷区の中古マンション。ルームシェアする2人の男、2人の女+未成年の男。そこにはまるで奇跡のような若者の濃密なコミュニティが成立しているヒューマン・ホラーとも言うべき作品。
「上辺だけの付き合いなんだね」と新入りの未成年サトル(林遣都)は琴美(貫地谷しほり)に言うが、もちろんそんなことはない。サトル自身、本気で言っていないことは、直樹(藤原竜也)に対しては「大丈夫ですよ。どうせみんな知っているでしょうから」と言っていることからも窺える。これは直樹の「世界はマルチユニバースだ。客観的な自分なんてどこにも存在しない」に対する回答でもあるのだけれども。
何を知っているかはあまりにも重いので、そんな重いことを語らずにシェアしていることはこのルームメートたちが表向き以上に濃厚な人間の絆を既に築いている証左ではないだろうか。「上辺だけ」の「ネットの掲示板やチャットのような」関係など大ウソだ。
部屋のドアには鍵もないのでプライバシーはないに等しい。どころか琴美が妊娠しても相手よりまずルームメートの良介(小出恵介)に相談する。「上辺だけの付き合い」などどこにもない今時珍しいほど濃厚なコミュニティなのだ。
parade2不幸な幼少期を送った未来(香里奈)に至っては、見つかるとまずいビデオを平然と机の上に置いたまま。その未来が優しく、住所不定のサトルを怪しみながらも抱擁する。怪しむとは近所で通り魔が頻発していることなのだけれど、通り魔を本当に怖がっているのか、そっちの方が怪しいくらいだ。未来役の香里奈はメガネ付けている時と付けていない時で性格を使い分けているような雰囲気。
極めつけは直樹だろう。不審な行動をするサトルを尾行するのだが、「上辺だけ」の関係ならこんな面倒なことする訳ない。未来の“秘密のビデオ”を上書きして琴美の恋人が出演しているくだらないドラマを録画しているのを見つける(本当はもっと大きい秘密もあるのだけれど)のだが、直樹はサトルの“秘密”を暴露するどころかサトルにアルバイトを斡旋してやる優しさを持つ。「それぞれの生活に深く関わらない」という触れ込みとは逆に深く関り合っているのだ。
実はこのルームメートたちの共同体が成立しているのはそれぞれの“秘密”の共有なのだ。通常の世間では相手の秘密を知ることは、相手の弱味に付け込んで相手をコントロールすることになりがちだが、彼らは“秘密”を知ることで逆に相手に優しく振舞うのだ。それは、ある意味、反社会性を帯びることにもなるのだが。
唯一共有された“秘密”を持っていないと思われる直樹の“秘密”を知ったサトルがなぜ「大丈夫ですよ。どうせみんな知っているでしょうから」と言うのがこれで了解される。「みんな知っている」ことは隣室の怪しげな姓名判断所で良介が自分ではなく直樹の姓名判断をしてもらっていることからも伺える。
ラストはその“秘密”共有の完成儀式のようなものだ。冒頭で始まった「先輩が伊豆高原に月末に行かないかと言っている」という話はラストまで生きていて、みんなが直樹を見つめながら「直樹も行くんでしょう」と尋ねるのが最後の台詞となる。伊豆高原に行くというのは「秘密を共有しよう」という意味と重ねられているのだろう。
ちょっと長すぎる沈黙で終わるが、その後の台詞を推測すれば、「行くよ」だろうか。
ちなみに通り魔犯人を3人から選ぶとすれば性欲処理からも推測できそうだ。サトルはマスターベーションしていた。良介はストーカー相手とセックスしていた。残るは・・・いかにも性欲処理的な犯罪ではある。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 19:16│Comments(4)TrackBack(19)clip!邦画パ行 | ★5

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50346599
この記事へのトラックバック
視線 【Story】 映画会社勤務の直輝(藤原竜也)、イラストレーター志望の未来(香里奈)、フリーターの琴美(貫地谷しほり)、大学生の良??.
パレード【Memoirs_of_dai】at 2010年02月20日 19:28
吉田修一の同名小説を映画化。監督・脚本は『世界の中心で、愛をさけぶ』、『クローズド・ノート』の行定勲。出演は『カイジ 人生逆転ゲーム』の藤原竜也、ドラマ『リアル・クローズ』の香里奈、『スウィングガールズ』の貫地谷しほり、『風が強く吹いている』の小出恵介と...
パレード【パレード: LOVE Cinemas 調布】at 2010年02月20日 19:33
表面的な人間関係で満足しながら、都内のマンションで共同生活を送る若者たちの日々を描く青春群像ドラマ。吉田修一による第15回山本周五郎賞受賞作の原作を基に、『世界の中心で、愛をさけぶ』『遠くの空に消えた』の行定勲監督が映像化した。『DEATH NOTE デスノート』シリ...
パレード【シネマDVD・映画情報館】at 2010年02月20日 22:16
劇場版 パレード オリジナルサウンドトラック◆プチレビュー◆都市生活に巣食うモラトリアムという透明の闇。若手実力派俳優5人のキャスティングが絶妙だ。 【70点】 都内のマンションでルームシェアする、直輝、未来、琴美、良介。彼らは色恋抜きの関係を保ち、怠惰で平...
映画レビュー「パレード」【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2010年02月20日 23:43
観てきました。 <新宿バルト9> 監督:行定勲 原作:吉田修一『パレード』(幻冬舎刊) 脚本:行定勲 監督補:大野伸介 都内のマンションでルームシェアしている4人の男女。彼らはその居心地の良い居場所を壊さないように、それぞれの生活に深く関わらないように...
パレード<初日舞台挨拶>【お萌えば遠くに来たもんだ!】at 2010年02月21日 14:17
コレは今の若者の日本の 縮図!?っとは言いたくない〜(涙)
パレード【★ Shaberiba 】at 2010年02月21日 21:46
原作は、第15回山本周五郎受賞作である、吉田修一の青春群像劇「パレード」(幻冬舎文庫)。主演、直輝を演じるのは映画・舞台を中心に活躍し、本格的実力派俳優として高い評価を得...
パレード【やっぱり邦画好き…】at 2010年02月22日 14:44
{{{   ***STORY***               2010年  日本 「上辺だけの付き合い、それくらいが丁度いい」都内の2LDKマンションに暮らす男女四人の若者達。映画会社勤務の直輝、イラストレーターの未来、フリーターの琴美、大学生の良介。それぞれが不...
*パレード*【Cartouche】at 2010年02月23日 19:20
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート&r...
小出恵介の誕生日と重なって舞台挨拶へは行けなかったので、香里奈の誕生日に見てきた『パレード』【|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο】at 2010年02月23日 22:20
  吉田修一の原作を映画化。 監督・脚本は行定勲。 本を読みました。 シェアハウスの住人達、 動く彼、彼女を見たくて 映画館に足を運びました。 映画ではどのようにして、 彼等の危うい関係を伝えるのか? とても興味がありました。 もちろん本の方が彼等の心理状態は...
パレード【花ごよみ】at 2010年02月25日 17:22
(2010年:ショウゲート/監督:行定 勲) 第15回山本周五郎賞を受賞した、吉田修一の同名小説を、「GO」や、先ごろ公開の「今度は愛妻家」等で知られる行定勲監督が映画化。 映画配給会社に勤める直樹(
「パレード」【お楽しみはココからだ?? 映画をもっと楽しむ方法】at 2010年02月27日 20:59
今日観てきた映画「パレード」 公式サイト⇒http://www.parade-movie.com/ 自分、吉田修一氏の原作は未読です。 というより吉田氏の作品自体、まだ読んだことが無いし… そして行定監督の作品を観るのも初めて。 だってオッサンが「世界の中心で愛をさけぶ」は観れない...
行定勲監督 「パレード」【映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?】at 2010年02月28日 21:58
  □作品オフィシャルサイト 「パレード」□監督・脚本 行定 勲 □原作 吉田修一□キャスト 藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林 遣都、小出恵介、竹財輝之助、野波麻帆、中村ゆり ■鑑賞日 2月21日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★...
『パレード』【京の昼寝〜♪】at 2010年02月28日 23:27
ベルリン国際映画祭で、国際批評家連盟賞受賞を受賞! 先日鑑賞した「今度は愛妻家」の行定勲監督の最新作です。賞をゲットしたということで、ちょっと気になり観に行って参りました。 原作は吉田修一の同名小説。この作品で吉田は第15回山本周五郎賞を受賞しているそうで...
パレード【銅版画制作の日々】at 2010年03月01日 00:28
映画会社勤務の直樹と大学3年の良介は男部屋、イラストレーター兼雑貨店店員の未来とフリーターの琴美は女部屋。 都内の2LDLマンションで共同生活を送る4人の部屋に、男娼をしているという正体不明の少年サトルが居座り始める。 近隣では女性を狙った連続暴行事件が起こっ...
パレード【象のロケット】at 2010年03月03日 23:43
 『パレード』を渋谷シネクイントで見てきました。  予告編を見て興味をおぼえ、また監督の行定勲氏による前作『今度は愛妻家』が素晴らしかったこともあり、こちらもぜひ見てみようという気になりました。 (1)一見したところでは、今度の映画も、監督の前作と同じように...
パレード【映画的・絵画的・音楽的】at 2010年03月14日 07:21
パレード 都内のマンションでルームシェアする四人の男女。 近辺で女性の連続暴行事件が発生する... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:吉田修一  読後の感想
『パレード』【『映画な日々』 cinema-days】at 2011年05月04日 10:52
「今度は愛妻家」  「パレード」 
愛妻家パレード【Akira's VOICE】at 2011年11月22日 10:57
かなり賛否両論で、評価する方は、とても褒めてたので興味を覚え、観てみました。今をときめくキャスティングが魅力的。金髪の林遣都もインパクトありました。それぞれのキャラがたっていて、ルームシェアする若者達という設定。その距離感が「チャットのような場」と言って
パレード【のほほん便り】at 2014年11月18日 15:34
この記事へのコメント
確かに答えは一つでしょうね。それも否はあり得ないという…。
Posted by KLY at 2010年02月20日 20:19
その確かそうな答えをしないまま終わるのが余韻なんでしょうね。後は観る人の判断で、というか。
Posted by 佐藤秀 at 2010年02月20日 21:50
こんばんは
あ・もしかしたら私、間違えていたかも・・
確かにあの無視したような感じは”やさしさ”
だったのかもしれません。
こちらの記事の方が納得いきます。
Posted by Cartouche at 2010年02月23日 19:22
そんなに簡単に納得されても・・・。優しさと恐怖が背合わせになっている感じで、一つだけの結論で収まらないところがこの映画の良さなのかもですね。
Posted by 佐藤秀 at 2010年02月23日 19:46