2010年03月05日

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々2

percyjackson公式サイト。原題:PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF。クリス・コロンバス監督、ローガン・ラーマン、ブランドン・T・ジャクソン、アレクサンドラ・ダダリオ、ジェイク・アベル、ユマ・サーマン、ロザリオ・ドーソン、キャサリン・キーナー、ピアース・ブロスナン、ケヴィン・マクキッド、ショーン・ビーン、メリーナ・カナカレデス。“ I understand a fury in your words. But not the words.”「お前の怒りは分かるが言葉は分からない」の意味を先生が尋ねるも、パーシー(ローガン・ラーマン)は分からない、ところから始まる。
シェークスピアのオセロが妻デズデモーナに吐いた言葉らしいのだけれど、一体、本編に何の関係があるのかよう分からん。普通に考えれ、感情と言葉による理屈の違いなのか。
オセロはデズデモーナの貞操を疑ってデズデモーナを殺すのだけれど、後でイアーゴの姦計だと分かり自殺するが、本編に置き換えれば、雷撃を盗まれたとパーシーは疑われるが、実はこれも姦計だったとことが分かる、ということで本編の予告編みたいな先生の質問だったのかも。
それからもう一つ。“This is a pen.”というパーシーの台詞。ペンはまさかの時に使うよう授かった武器なのだけれど、ペンは文字を書くためにあるのだから、言葉が武器だということか。人を傷つけるのも説得させるのも言葉。まあ、そういうことなのか。
では雷撃というのは実はfury、怒り、人を仲違いさせるものということだろうか。実際、雷撃を巡って世界は危機を迎える。ちなみに本当の盗人ルーク(Luke)(ジェイク・アベル)というのは光度を表すルクス(lux)と関係ありそう。
理屈ばかり考えてもどうにもならない。そんなことよりも、ツッコミどころ。
・美人過ぎるメドゥーサ(ユマ・サーマン)。
と言っても、その美貌を見ることは死を意味する。見ればどうしたって目を見ることになり、石にされてしまう。実際、物凄い美人を見ると、見とれて石みたいになるのだろうから美人過ぎて当然なのかも。
・真珠がちっとも真珠らしくない。
あれ、どうみてもエメラルドのような宝石にしか見えない。
・ベガスのロータス
ギリシャ神話のロートスの引用。食べると家や故郷のことを忘れ、夢見心地になるという果実。そのままじゃん。
・雷撃がなぜ「スターウォーズ」のライト・セーバーぽいのか。
ちょっと工夫が足りないのではないのか。核弾頭でも出てくるのかと期待したが。
・ラストがなぜハリウッドなのか。
オリンポスはここかと思えば、地下が地獄への門。その地獄ときたら、まるでハリウッドがこれまで作って来たあまたのディザスター・ムービーの世界のようであり、所謂地獄とは様相が違っている。
・本当のラスト
再び美人過ぎる人(この人活躍し過ぎ)。最後に石になる人って、実は観ている我々なのかもしれない。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 21:56│Comments(4)TrackBack(18)clip!洋画パ行 | ★2

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50404621
この記事へのトラックバック
全米でベストセラーとなった「パーシー・ジャクソン」シリーズの映画化。監督は「ハリー・ポッター」シリーズの第1作と第2作で監督を務めたクリス・コロンバス。オリンポスの神々と人間の間にできたデミゴッドと呼ばれる少年たちの大冒険の旅を描く。主演は『3時10分決...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々【パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々: LOVE Cinemas 調布】at 2010年03月05日 22:01
現代のNYにギリシャの神々が現れる奇想天外なファンタジー。落ちこぼれの高校生パーシー・ジャクソンは、ある日突然、自分はギリシャ神話の神ポセイドンの息子であることを告げられる。神と人間の子であるデミゴットである彼は、仲間のアナベスとグローバーと共に、万能の....
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2010年03月05日 23:55
[パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々] ブログ村キーワード  全米ベストセラー児童文学の映画化、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(20世紀フォックス映画)。“神の私生児=“デミゴッド”が大活躍するファンタジー大作。メガホンを取ったのは、クリス・コロ...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」暇を持て余した、神々の遊び(^^;【シネマ親父の“日々是妄言”】at 2010年03月06日 00:36
ディズニーの新しい冒険ファンタジーシリーズ?? 原作は全米NO.1を取るほど人気の児童書。 原題は「PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF」
★「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」【★☆ひらりん的映画ブログ☆★】at 2010年03月06日 02:22
☆ちゃんと面白かったです。  原作付きらしいですが、おそらく、原作の肝をちゃんと押さえて、大胆な簡略化をしなかったのが成功だと思います。  人間として疑問を持たず生活していた主人公が、ギリシャの三大神ポセイドンの息子であり、ゼウスのイナズマが盗まれた濡れ...
[映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観た]【『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭】at 2010年03月06日 03:24
ギリシャ神話が大好きなので、楽しみにしていました〜原作が児童文学ということなので、子どもと一緒に吹き替えで鑑賞です―【story】17才のパーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)は、ある日、自分が半神半人のデミゴッドだと知る。しかも彼は海神ポセイドン(ケヴィン...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々【★YUKAの気ままな有閑日記★】at 2010年03月06日 06:58
スパルタンなホグワーツ。アメリカ横断宝探しの旅。This is a pen.
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々【悠雅的生活】at 2010年03月06日 10:15
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々’10:米 ◆原題:PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF◆監督:クリス・コロンバス「RENT/レント」「ハリー・ポッター」シリーズ1&2◆出演:ローガン・ラーマン、ブランドン・T.ジャクソン、アレクサンドラ...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々【C'est joli〜ここちいい毎日を〜】at 2010年03月08日 17:48
初めて予告を観た時は「ぁ??また‘この手の児童文学’の映像化か。」と穿った見方だった私。公開が近くなって、徐々に増える公開映像は、水を操るパーシーとユア・サーマンのドレッドヘア(笑)。パンチあり過ぎ??。 一気に鑑賞意欲がUPした「パーシー・ジャクソンとオリ...
「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を観る【紫@試写会マニア】at 2010年03月08日 23:08
17歳の落ちこぼれ高校生パーシー・ジャクソンは、ある日突然、自分がギリシア神話の海の支配者ポセイドンの息子だと告げられる。 その上、全能の神ゼウスから最強の武器“稲妻”を盗んだ犯人にされてしまっていた。 身の潔白を証明するため、また、母を助け出すため、仲間...
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々【象のロケット】at 2010年03月13日 02:28
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(盗まれた雷撃(ライトニングボル)「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を鑑賞してきましたシネコンの都合上&時間の都合上・・・吹き替え版の方を。パーシー役は宮野真守さんですねギリシャ神話の世界を現代と融合させた...
劇場鑑賞「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」【日々“是”精進!】at 2010年03月13日 05:47
 仕事が忙しく最近は映画になかなか行けない日々が続き、ストレスがたまっています。見たかった作品もどんどん終わっていきます。そんな中、今回はパーシー・ジャクソンとオリンポスの神々を観てきました。
映画:パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々【よしなしごと】at 2010年03月21日 23:32
 <小倉コロナシネマワールド>  ゲームの世界も映画の世界も、冒険ファンタジーものが流行っているよう
パーシージャクソンとオリンポスの神々【活動写真放浪家人生】at 2010年03月29日 20:54
ギリシャ神話の神々が時空を超えて現代によみがえる! 【感想】 人気映画『ハリー・ポッター』のクリス・コロンバス監督作のファンタジ??.
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々【Recommend Movies】at 2010年08月06日 00:06
今日は会社からの帰宅時に携帯電話を忘れ、会社の人と私の母親が少しお話するはめになったピロEKです(携帯は帰宅途中にUターンして取りに戻りました)。 以下は映画観賞記...
【映画】パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々…某ポッターと同じく楽しめませんでした。【ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画】at 2010年12月12日 00:36
『 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 』 (2010)  監  督 :クリス・コロンバスキャスト :ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ユマ・サーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランド...
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 映画レビュー【さも観たかのような映画レビュー】at 2011年05月06日 17:37
アメリカ版ハリポタ!? もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の 日常
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』'10・米【虎団Jr. 虎ックバック専用機】at 2011年06月25日 21:58
下らないが楽しい。
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々【Akira's VOICE】at 2012年03月23日 11:50
この記事へのコメント
真珠は私も気になりました。実際は何て言ってたんですかね?どうも翻訳が下手だったんじゃないかと思うんですが。しかし、リアルメデューサって凄いですね、あんなんなるのか。
Posted by KLY at 2010年03月05日 22:15
英語でもpearlだったですね。黒真珠は知っているけれど緑真珠はあるらしいけれど、野菜の一種らしいし。
Posted by 佐藤秀 at 2010年03月05日 23:23
こんばんは。
いつもお世話になってます。

現代とギリシャ神話の融合というか、メデューサがiPod(iPhone?)を拾ったり、ファンタジー映画なのに移動手段が車だったり、発想がおもしろかったです。
ファンタジー映画はすきなので、単純なストーリーではありましたがとても楽しめた作品でした。
Posted by よしな at 2010年03月21日 22:26
パーシーの原型、ペルセウスの映画も今度出るらしいですね。楽しみです。
Posted by 佐藤秀 at 2010年03月21日 22:45