2010年08月28日

東京島3

tokyoisland公式サイト。桐野夏生原作、篠崎誠監督、木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、木村了、山口龍人、鶴見辰吾、サヘル・ローズ。 アナタハンの女王事件をベースにした同名小説を映画化。場所は沖縄・与那国島近くの無人島ということなので尖閣諸島あたりが想定されているようだが、実際のロケ現場は沖永良部島や徳之島。タイトルの通り、モデルになった事件は換骨奪胎され言わば現代の日本の縮図を狙った感じ。
冒頭は「要る、要らない」の清子(木村多江)の旅行に携行する荷物の取捨選択から始まるが、そのまま無人島での自然淘汰にまで発展している趣。清子は結婚20周年記念に夫隆(鶴見辰吾)と世界一周のヨット航海に出かけ、嵐で無人島に漂着したのだ。
やがてご都合主義的に与那国島で過酷な労働をしていたフリーターの男たち23人が上陸する。一気に男の供給過剰状態になり、ふと気付くと、穀潰しの夫が一番の「要らない」ものになっていた。自分は毒蛇である海蛇を捕まえてでも蛋白源にしようと必死なのに、夫は環境が変ったのに東京時代の亭主関白意識から抜け出せず、チャールズ・ダーウィンの自然選択的に捨てられる。誰が捨てたかはっきりしないが、フリーターのリーダー格の独裁者カスカベ(山口龍人)が岬から突き落としたようだ。お調子者で他人と合わせない行動をするワタナベ(窪塚洋介)はサイパン島のバンザイ・クリフになぞらえてか「サヨナラ岬」と命名する。
清子はしばらくカスカベに独占されるが、やがてカスカベも、独裁が過ぎてか適者生存から除外されてサヨナラの人になってしまう。
島の環境は中国人グループ漂着で更に激変し、尖閣諸島領有権争いという現実的なきな臭いパロディに発展か、という事態になる。
ところが、見た目と裏腹に中国人グループは攻撃的ではなく、むしろ、魚の干物を作ったり、脱出用ボート建造にいそしんだり、日本人グループよりはるかに前向きで今の中国と日本の経済状況を戯画化したような風情。
自然の恵みに溢れた島に安住しようとして“ガラパゴス化”する日本人と発展を貪欲に求める中国人。いつしか清子は日本人を見限って中国人と島から脱出したいと思うようになる。何やら開国派、攘夷派、親中派、反中派、ウヨ、サヨの対立図式に似通って来る。
そもそも、清子自身、最初は邪馬台国の卑弥呼然だったし、その後の男同士の争いは大化の改新風クーデターでもあったし、その後に産まれた双子の女の子の扱いぶりは日本初の女帝推古天皇風でもあるし、日本の縮図であるとともに日本史の縮図的な感じもするのだ。
sahelとなると、最後の闖入者フィリピン女性たちは南蛮の使者にでもなぞらえるべきなのか。実際にはフィリピンだけでなく、本当にイラン出身のローズ・サヘル演ずるキムというイラン人女性も加わり、何気にか一気に現代の国際化時代になってしまうのだ。ちなみにサヘル・ローズとは個人的には無人島ではなく奥秩父の山奥で遭遇している。公式サイトのキャストでも紹介されておらず、またしても想定外の遭遇となった。
他に気になるものとして、アメリカのノーベル賞作家ウィリアム・フォークナーの「サンクチュアリ」の文庫本が海に漂うシーンがある。以前読んだ作品なのだけれど、以前過ぎてほとんど記憶にないが、禁酒時代のアメリカ南部の森の奥で密造酒を作っている一味の話。テンプルという気性の激しい若い女性が凌辱され、何となくこの映画と重なるような。ちなみにこの作品の姉妹的作品の「八月の光」は、村上春樹の「ノルウェイの森」で主人公ワタナベが読んでいる。ありゃりゃのりゃで、ということは、この文庫本の持ち主はワタナベということになる。ワタナベの役は窪塚洋介から松山ケンイチに引き継がれるようだ。
という訳で、この映画そのものには、しっかりした結論があるわけでもなく、どちらかと言えば散漫。パロディとギャグのパッチワークのような作品だ。一番不満なのは男どもが全裸でケツさらしているのに木村多江は水戸黄門の由美かおる程度でお茶を濁していること。無人島の解放感が出ない最大の理由は実はこれだったりして。少しは寺島しのぶを見習って欲しい。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 20:32│Comments(1)TrackBack(12)clip!邦画ト | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50503613
この記事へのトラックバック
「東京島」を鑑賞してきました実在の“アナタハン島事件”をモチーフに、無人島に漂着した1人の女と数10人の男たちが極限状況で繰り広げる欲望とサバイバルの行方を、グロテスク...
劇場鑑賞「東京島」【日々“是”精進!】at 2010年08月28日 20:35
東京島、そこは現代社会の縮図。“ココロ”も“カラダ”も解放されるサバイバル・エンタテインメント。原作は谷崎潤一郎賞を受賞しベストセラーを記録した桐野夏生の小説「東京島」。極限状態の人間のダークな欲望を描き切った原作を、本作では生への希望に満ちたエンタテイ...
東京島【やっぱり邦画好き…】at 2010年08月28日 20:59
“アナタハン島事件”をモチーフに書かれた直木賞作家・桐野夏生の同名ベストセラー小説の映画化。23人の男の中に対して女は主人公唯一人という中、生き抜こうとするサバイバルが今始まる…。主演は『ぐるりのこと。』の木村多江、共演に窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、染谷...
東京島【東京島: LOVE Cinemas 調布】at 2010年08月29日 00:44
[[attached(0,class=popup_img_450_330 width=450 height=330)]]   夫婦二人の船旅の途中、嵐に遭い無人島に漂着した清子。そこにある日、16人の若いフリーターたちが流れ着く。さらには密航に失敗した6人の中国人たちが加わり、若い男23人と清子の共同生活が...
*東京島*【Cartouche】at 2010年08月29日 18:06
[東京島] ブログ村キーワード  “谷崎潤一郎賞”を受賞した桐野夏生原作のベストセラー小説(モチロン、吾輩は未読(^^;!)の映画化。「東京島」(GAGA★)。南海の無人島を舞台に、23人の男と1人の女が、“愛と憎しみのサバイバル”を繰り広げます。  清子(木村多江...
「東京島」逆ハーレムin無人島!【シネマ親父の“日々是妄言”】at 2010年08月29日 22:37
人間の生存本能と社会性を問う、桐野夏生の同名小説の映画化だが、ヒロイン役の木村多江が絶妙にフィットしている。夫婦二人旅の途中で嵐に遭った清子と夫は、無人島に漂着。意外なほどたくましくサバイバルする清子に対し、夫はたちまち衰弱する。その島に、16人の若いフリ....
東京島【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2010年08月30日 00:24
夫婦ふたり旅の途中で嵐に遭い、清子と隆は無人島に漂着した。 その後16人のフリーターや、6人の中国人も流れ着き、彼らは“東京島”と名付けた島で共同生活を始める。 やがて隆が謎の死を遂げ、唯一の女性として特別扱いを受ける43歳の清子。 島の暮らしに馴染んで行く男...
東京島【象のロケット】at 2010年08月30日 15:26
無人島に漂着した23人中、女はひとり。 この状況、女にとってパラダイスなのかサバイバルなのか『東京島』を観てきました。 ★★★ 予告編では無人島に漂着した後、女の夫が崖から転落死し、残った30代の女と若いフリーター男たちのパラダイス。 ハーレム状態だったとこ...
東京島【そーれりぽーと】at 2010年08月31日 22:03
<<ストーリー>>清子(木村多江)と夫(鶴見辰吾)が漂着した無人島に、23人の若い男たちが次々に流れ着くが、女性は清子のみ。いつまで宮.
東京島【ゴリラも寄り道】at 2010年09月01日 01:23
  □作品オフィシャルサイト 「東京島」□監督 篠崎 誠□脚本 相沢友子□原作 桐野夏生□キャスト 木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、木村了、染谷将太、鶴見辰吾 ■鑑賞日 8月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は...
『東京島』【京の昼寝〜♪】at 2010年09月03日 12:30
43歳の中年女が23人の男と無人島で共同生活! ヒロインと同年代の私は 非常に興味あります、非常に! 結婚20周年を記念して、 ヨットで二人きりのクルーザー旅行に出かけた清子と隆は、 途中で嵐に遭い、太平洋に浮かぶ無人島に漂着する。 43歳で専業主婦だった清子
東京島【映画、言いたい放題!】at 2011年03月07日 14:45
東京島 結婚20周年の航海で遭難 無人島に漂着した主婦は 役立たずの夫を見限りサバイバル 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:桐野夏生
『東京島』【cinema-days 映画な日々】at 2012年01月30日 22:53
この記事へのコメント
2
TB有難うございました。
この作品は自分が無人島に漂着したら、登場人物のどのタイプになるか考えさせられる映画でもありました。
Posted by Hiro at 2012年01月31日 00:38