2010年09月18日

瞳の奥の秘密5

tsite公式サイト。原題:EL SECRETO DE SUS OJOS、英題:THE SECRET IN THEIR EYES。フアン・ホセ・カンパネラ監督のスペイン・アルゼンチン合作映画。今年の米アカデミー外国映画賞受賞作品。リカルド・ダリン、ソレダー・ビリャメル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ、ギレルモ・フランセーヤ、カルラ・ケベド。1999年、司法職員を定年退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、25年前の自分が携わった殺人事件を題材に小説を書き始める。
こういう設定だと、どうしても「現実」と「小説」が入り乱れているだろうことが想像され、どっちがどっちなのか分からなくなる。
物語はベンハミンが検事になっているかつてのエリート上司イレーネ(ソレダー・ビリャメル)の仕事場を訪ねて小説の構想を語ることから始まる。
その事件とは、美しい新婚女性リリアナ(カルラ・ケベド)が夫の銀行員リカルド(パブロ・ラゴ)の留守中に無惨な死体で発見される強姦殺人。ベンハミンも現場検証で目の当たりにしていた。
やがてリカルドの持っていた妻の思い出写真集から、ベンハミンはいつも妻を見つめていたイシドロ(ハビエル・コディノ)を容疑者として特定し、逮捕するのだが、逮捕のヒントになったのが、他のことは隠せても「情熱」は隠せないというもの。イシドロは大のサッカーファンで、必ずサッカースタジアムに現れると張り込んだ成果だった。
しかし、ここら辺りから違和感が出てくる。あんな満員の観客でイシドロを特定するのは難しいし、逮捕容疑は「イシドロの情熱的な瞳」だけという極めて“文学的”なものだ。
「情熱」の持ち主は他にもいてリカルドは勤務後、1年間毎日イシドロの現れそうな駅に張り込んでいる。そして、もう一人、他ならぬベンハミンのイレーネへの秘められた「情熱」だ。
そして、折角逮捕したイシドロは時の軍事政権協力者だという計らいであっさり釈放され、ベンハミンや同僚のパブロ(ギレルモ・フランセーヤ)も標的として逆に狙われる立場になる。ここでも、あれれ、となる。イシドロは冴えない駄目な優男じゃなかったのか。まるで突然強靭な強面男に変身したかのようだ。
やはり、これは現実と小説がないまぜになっているとしか思えなくなる。
それは“TEMO”(私は恐い)と“TEAMO”(私は愛する)のスペルの違いから現実と小説の違いを表している。ベンハミンが就寝前にメモ書きした“TEMO”はタイプライターが壊れていて“A”を表記できない小説の世界で、手書きで加えられた“TEAMO”は現実の世界での学歴も違い高嶺の花のイレーネへのベンハミンの叶わぬ愛なのだ。
ベンハミンが地方に転勤する時にイレーネに見送られる駅のシーンは、定番と言っていいくらいのありふれた映画の場面。つまり、これは小説の世界のことであることが分かる。
そして、不思議にもリカルドも地方支店に転勤している。ここまで来るともはや小説のネタバレだろう。2人とも死刑反対論者で、リカルドは終身刑を望んでいた。イシドロは不思議にも釈放後、行方不明。政権の庇護の下にある割にこのフェードアウトぶりは何なのだ。
“TEMO”から“TEAMO”への置き換えと同様に「終身刑」を「終生の愛」に置き換えれば謎が氷解する。イシドロを鉄格子の中に監禁しているリカルドとは、イレーネと死ぬまで人生をともにしたかったベンハミンなのだ。もちろん、リリアナとリカルドのような麗しい夫婦を夢見て。
そして、監禁されて「話しかけても口を聞いてくれない」というイシドロもベンハミンの分身像であることは明らか。ベンハミンはイレーネに愛すら告白できない“終身刑”の身なのだ。そもそもベンハミンの情熱に火をつけたのはイシドロの情熱的な視線だったではないか。2人は愛において全く同じ立場だった。リカルドの、イシドロの「情熱」も全てベンハミンの情熱に回収できる。
ラストで完成した小説を持って再びイレーネの仕事場を訪ねるベンハミン。
「生きていた? 簡単には行かないわよ」と明るくベンハミンを挑発するイレーネ。ベンハミンは恐怖犯罪小説というラブレターで挑戦するのだが、果たして通じるのだろうか。こんな恐ろしいラブレターって検事様相手でなければ、「あなた何考えているの?」と即引っぱたかれるだろうな。それにしても恐ろしいばかりの情熱だ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 21:01│Comments(0)TrackBack(17)clip!洋画ハ、ヒ | ★5

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50506994
この記事へのトラックバック
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年のアカデミー賞外国語映画賞受賞{/m_0151/} ええもうそれだけの理由で、全く内容も知らないままで観て来ました〜 アルゼンチンアカデミー賞17部門ノミネー...
瞳の奥の秘密/El secreto de sus ojos【我想一個人映画美的女人blog】at 2010年09月18日 22:06
[[item(http://www.youtube.com/v/8XvmU_a1ZZs?fs=1&hl=ja_JP,480,295,)]] 映画『瞳の奥の秘密』 刑事裁判所を退職したベンハミンは、残された時間で25年前に起きた忘れ難い事件をテーマに小説を書くことを決心し、かつての上司で今は判事補のイレーネを訪ねる。そ...
*瞳の奥の秘密*【Cartouche】at 2010年09月18日 22:29
El Secreto De Sus Ojos◆プチレビュー◆殺人事件が浮き彫りにするのは壮絶な愛と哀しみ。サスペンスとしてもドラマとしても一級の傑作。 【95点】 刑事裁判所を退職したベンハミンは、25年前の未解決事件を題材に小説を書き始める。1974年に起こった残忍な殺人事件は、政...
映画レビュー「瞳の奥の秘密」【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2010年09月19日 00:01
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。25年前の未解決事件をモチーフに小説に書き始めた主人公が、当時に置き忘れた事件の真相に迫ると同時に、とある女性への愛を思い出す。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督はフアン・ホ...
瞳の奥の秘密【瞳の奥の秘密: LOVE Cinemas 調布】at 2010年09月19日 00:27
 今週映画の感想を一つも書かないのはなんかカッコがつかないので、1つだけ。前回サイコロで当てた『瞳の奥の秘密』の感想です。  観...
『瞳の奥の秘密』は過去の映画だよ。【かろうじてインターネット】at 2010年09月19日 01:12
1974年のブエノスアイレスを襲った残虐な殺人事件を発端に、人間の業をえぐり出すミステリー・ドラマ。
【映画評】<!-- ひとみのおくのひみつ -->瞳の奥の秘密【未完の映画評】at 2010年09月19日 01:52
ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。 原題 EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES 製作年度 2009年 製作国...
瞳の奥の秘密【to Heart】at 2010年09月19日 01:59
アルゼンチン。 刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、1974年にブエノスアイレスで担当していた殺人事件を題材に小説を書き始める。 当時は軍事政権が発足する直前の混乱期で、何らかの力が働いて犯人は釈放されてしまった。 あれから25年。 彼は事件の裏側に潜む謎と...
瞳の奥の秘密【象のロケット】at 2010年09月19日 05:29
EL SECRETO DE SUS OJOS(2009/スペイン・アルゼンチン)【劇場公開】 監督: ファン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン/ソレダー・ビリャミル/パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディノ ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする男...
瞳の奥の秘密【小部屋日記】at 2010年09月20日 23:22
本年度アカデミー賞最優秀外国語賞受賞を取ったアルゼンチン映画です。 アルゼンチンの映画を初めて見ました。 サスペンスというだけで、どういうストーリーか知らずに見たのですが・・・、 最後までグイグイ引き込まれ、見終わった後ちょっと席を立てないほどの衝撃を受け...
瞳の奥の秘密【映画の話でコーヒーブレイク】at 2010年09月21日 02:05
 EL SECRETO DE SUS OJOS 9月25日から、京都でも公開開始されました。数々の賞に輝いた「瞳の奥の秘密」を先日鑑賞して参りました。本国アルゼンチンで封切られた本作は歴史的な大ヒットを記録。34週にわたってロングラン上映されたらしいです。もちろん本国のア...
瞳の奥の秘密(2009)【銅版画制作の日々】at 2010年09月30日 01:32
巧妙に出来た映画とはこういうものを言うのだろう。物語を映像で見せることに徹したというべきか、鑑賞者への挑戦とでもいうべきか非常に見応えがあり、もう一度見たいと思わせる。...
瞳の奥の秘密■情熱の様々な顔【映画と出会う・世界が変わる】at 2010年12月19日 16:29
この映画では25年という時間の流れがある。この25年の間にアルゼンチンという国も、そしてそこに生きる人々の生活も変わっている。この映画は、あくまでも個人の物語をその人の視点...
瞳の奥の秘密■個人を描きながら、国家への...【映画と出会う・世界が変わる】at 2010年12月20日 08:05
「食べて,祈って,恋をして」 「瞳の奥の秘密」 
瞳の奥に恋をして【Akira's VOICE】at 2011年02月20日 10:52
秋だね。 昨夜は「初冬?」って位冷え込んで わたくし初カイロ
瞳の奥の秘密【LIFE ‘O’ THE PARTY】at 2011年10月04日 10:28
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年アルゼンチン=スペイン映画 監督フアン・ホセ・カンパネラ ネタバレあり
映画評「瞳の中の秘密」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2011年10月10日 11:00
あらすじ刑事裁判所を引退したベンハミンは、忘れ難いある事件を題材に小説を書き始める・・・。感想ブラジル映画は、何本か観た事あるけどアルゼンチンの映画観るの、初めてかもな...
『瞳の奥の秘密』'09・西・亜【虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...】at 2011年11月26日 08:16