2010年10月07日

シングルマン3

singleman公式サイト。原題:A Single Man。クリストファー・イシャーウッド原作、トム・フォード監督、コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、ニコラス・ホルト、マシュー・グード、ジョン・コルタハレナ。核戦争で人類滅亡も現実問題として考えられていたキューバ危機直後の1962年11月30日。ロサンゼルスの大学で教鞭を取るイギリス人教授のジョージ(コリン・ファース)も死の誘惑に取り付かれていた。
16年間連れ添ったパートナーのジム(マシュー・グード)を交通事故で亡くし、生き甲斐をなくして自殺しようと考えたように見えるが、それだけとも思えない。キューバ危機の人類滅亡の危機の世の中の空気に影響されたというより、半ば便乗したように破滅願望的死の誘惑に駆られたというのが真相だろう。
核戦争による人類破滅の危機は基本的に子供を産むという男女関係の社会制度を無効化し、同性愛が対等な立場になる継起となる。たとえ危機が願望であっても。
講義で投げ遣りに恐怖について語るジョージ。「人間は理由もなく人を憎むことがある」というオルダス・ハクスリーの言葉を引用するが、ハクスリー自身、イギリスからアメリカに移住した作家。ジョージはハクスリーをモデルにしているようで、ジョージがメスカリンを飲む習慣があるのはハクスリー自身が、後に「サイケデリック」という言葉を造語した精神科医ハンフリー・オズモンドに自分が実験台になって幻覚剤のメスカリンを飲む実験を申し入れた逸話からきているようだ(参照)。ハクスリー自身、この映画のジョージと1年違いでLSDを服用して1963年11月22日に死去している。この映画の原作は翌年の1964年に発表されている。
もう一人のジョージのモデルは他ならぬ原作者のイシャーウッドだろう。彼もまたイギリス出身で後にアメリカに渡り、ハリウッドに居を構えている。自身が有名なゲイだった。Chris & Don: A Love Storyというドキュメンタリー映画にもなった30歳年下の肖像画家と人生後半を過ごしている。
この映画でも死んだパートナーの他に講義でジョージに興味を持ったケニー(ニコラス・ホルト)、スペイン人のイケメン男(ジョン・コルタハレナ=ファッションモデル)とたった1日で2人の男に惚れられるモテぶり。こんなモテるのならそんな厭世的になることないじゃないか、と思うのだけれど。
ジョージは未来など信じていない。大学の同僚に「秘密に核シェルターを作っている」と告白されても、「そんな世界滅んだ方がましだ」と言う。これもハクスリーのディストピア小説「すばらしい新世界」の影響が見られるようだ。
一方で隣家の息子がやたら水鉄砲で“攻撃”したり、娘が蝶を掌で潰してサソリの餌にしたり、「チャールトン・ヘストン」という“好戦のシンボル”を出したりと芸が細かい。
監督のトム・フォードはファッションデザイナーでこれが映画初監督。そもそもゲイのようなマイノリティは日常的に「まともな人間」を演じる習慣を強いられるのである意味、日常がファッションなのだ。ジョージも“最後の日”に身だしなみを整えるが、それは「日常」という名のファッションでいつもと変わらぬ日を“ファッション”している。
映像的には写真↑のようなシーンとか夜の海で男同士2人全裸で泳ぐシーン、モノクロの岩場で寝転ぶジョージとジムの回想シーンなどは取り分け印象的。サイケ調の原型のような、良きことは全て過去にある、という当時の現実逃避的雰囲気が表現されていて、やがてそれは以後のヒッピー、スピリチュアル文化へとつながるのだろう。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Posted by y0780121 at 22:10│Comments(0)TrackBack(19)clip!洋画シヤ〜 | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50511402
この記事へのトラックバック
大成功を納めたカリスマファッションデザイナーのトム・フォードの初監督作品。クリストファー・イシャーウッドの同名小説をベースに、愛する男性を事故で失った主人公が自らの命を断とうとする最期の一日を描いたドラマだ。主演は『マンマ・ミーア!』のコリン・ファースで...
シングルマン【LOVE Cinemas 調布】at 2010年10月07日 23:50
公式サイト◆プチレビュー◆死を覚悟して初めて知る生の輝き。デザイナーのトム・フォードの手腕は初監督とは思えないほど見事だ。 【75点】 「愛する者を失った人生に意味などあるのか」。1962年11月30日。8ヶ月前に16年間共に暮らしたパートナーのジムを事故で失ったジ...
映画レビュー「シングルマン」【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2010年10月07日 23:53
ロサンゼルスの大学で英文学を教えている男性ジョージの恋人で、建築家の男性ジムが交通事故で亡くなった。 16年間、共に暮らしてきたパートナーを失い8ヶ月が経っても、悲しみは深くなるばかり。 そんな毎日に耐えられなくなったジョージは、人生を自分自身の手で終わらせ...
シングルマン【象のロケット】at 2010年10月08日 08:29
 A SINGLE MAN  1962年、ロサンゼルス。16年間連れ添った恋人を交通事故で亡くし、失意 のどん底にある大学教授ジョージ(コリン・フギ..
「美しさ」という才能〜『シングルマン』【真紅のthinkingdays】at 2010年10月09日 16:20
「A Single Man」 2009 USA ジョージに「高慢と偏見/1995」「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「秘密のかけら/2005」「いとしい人/2007」のコリン・ファース。 チャーリーに「美しすぎる母/2007」「アイム・ノット・ゼア/2007」「ブラインドネス/2008」...
「シングルマン」【ヨーロッパ映画を観よう!】at 2010年10月10日 20:30
1962年11月30日、ロサンゼルス。 大学教授のジョージ(コリン・ファース)は、16年間共に暮らしたパートナー、ジム(マシュー・グード)を交通事殮.
シングルマン【心のままに映画の風景】at 2010年10月13日 17:14
[[attached(0,class=popup_img_500_375 width=500 height=375)]]       ***STORY**                2009年   アメリカ                 1962年11月30日。8ヵ月前に、16年間ともに暮らした愛するパートナー、ジムを...
*シングルマン*【Cartouche】at 2010年10月15日 21:21
 今回は『シングルマン』の感想です。  観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。公開間もなく話題作という事もあり、夜遅くの回に??.
『シングルマン』は内面を着飾るファッションだよ。【かろうじてインターネット】at 2010年10月17日 13:05
端正な佇まい。美しい時間。再生への光、喪失の果て。 スクリーンの中の全てが美しくて、観ながらも心がストップしてる気がする映画。 トム・フォードの初監督作品ってことで前々から楽しみにしていた『シングルマン』。 先週末から上映館が増えたので、仕事帰りに丸の内ル....
シングルマン【ここにあるもの】at 2010年10月28日 00:44
シンプルで、潔く整頓された映像美。 センスのいい人間が監督したとひと目でわかる。 デザイナー、トム・フォード初監督/脚本作品 「ベル...
シングルマン/A Single Man【我想一個人映画美的女人blog】at 2010年10月28日 23:09
★★★  なんともレビューしづらい作品である。コリン・ファース扮する主人公のジョージはゲイであり、16年間愛し合っていたジムの死を受け入れられず、自からも死を願ってやまない。 暗く重苦しい文学的なテンションと、スタイリッシュな美学を要求される作品なのだが、
シングルマン【ケントのたそがれ劇場】at 2010年11月09日 13:01
横浜桜木町駅前のショッピングモール「コレットマーレ」にある映画館「横浜ブルク13」に初めて行きました。 10月に入って、館内の装飾はもうハロウィーン一色です。    
シングルマン【映画の話でコーヒーブレイク】at 2010年11月21日 17:00
「シングルマン」では、愛する者を失った者の孤独や虚しさがひしひしと伝わってくる。自分が何かを言ったときに返ってくる、あの返事を得られない。何気ない日常の会話やしぐさがい...
シングルマン■愛する者を失った人物が迎え...【映画と出会う・世界が変わる】at 2010年12月24日 00:16
[シングルマン] ブログ村キーワード愛する者を失った人生に、意味はあるのか。シングルマン(原題:A Single Man)個人的満足度:★★★★オススメ度:★★★☆製作国:アメリカ製作年 ...
シングルマン/A Single Man(映画/DVD)【映画を感じて考える〜新作映画、DVD/Blu-ray問わず映画批評】at 2011年03月04日 18:01
1人で生きる苦痛。触れ合う魂。その1日。
シングルマン【悠雅的生活】at 2011年03月07日 22:09
愛する人を失うと、人生に色も失ってしまうのか。 過去を振り返るモノトーンでもない。 過去を懐かしむセピアでもない。 色味のない世界というものを始めて見た。 しかしそこに「生きる意味」を加えると、なんと色鮮やかになるものなのか・・・・
「シングルマン」生きるという色【ノルウェー暮らし・イン・London】at 2011年03月19日 18:32
ファッションデザイナーとして成功を収めたトム・フォードが、かねてより熱望していた映画監督として初メガホンを取った人間ドラマ。「ベルリン物語」などの著者クリストファー・イシャーウッドの小説を基に、亡き愛する者のもとへ旅立とうとする中年男性の最期の一日を感...
mini review 11524「シングルマン」★★★★★★★★☆☆【サーカスな日々】at 2011年05月08日 00:01
「シングルマン」 「ゴースト もういちど抱きしめたい」 
ゴーストはシングル【Akira's VOICE】at 2011年06月10日 10:57
日々私達は死に向かって歩いていく。でも、切り取った人生の中に生の喜びはなかっただろうか? 孤独と喪失感がとても伝わってくる作品でした。 16年間共に暮らしたパートナーが、交通事故で亡くなってから8ヵ月。「愛する者がいない人生に意味はあるのか?」日に日に深
シングルマン【いやいやえん】at 2012年03月15日 09:34