2010年12月04日

武士の家計簿3

借金をなくさなければ、日本は滅びる
bushikakeibo公式サイト。磯田道史原作、森田芳光監督、堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子、中村雅俊、伊藤祐輝、藤井美菜、大八木凱斗、嶋田久作、宮川一朗太、小木茂光、茂山千五郎。史実に基づいたノンフィクションの映画化。幕末の武士というのは今で言えば官僚。加賀藩の下級武士で御算用者の猪山直之(堺雅人)は今で言えば石川県出納室員。
更に財務省主計官と言えば、もっとリアリティが出て来る。国債残高900兆円を超えてしまった現下の日本国の財政はそのまま猪山家の家計と相似形をなす。この映画だってそのことを意識して製作されたのだろうから。
猪山家の借金は父(中村雅俊)の出世とともに大きくなる。江戸詰で物入りが多くなり、出世した家に恥じない儀礼的な催しもしなければならない。ここらあたりは日本の国会議員とよく似ている。
飢饉によるお救い米というのは今で言えば、各種補助金に相当しそうだ。それを横流しして帳尻合わせするのは正に今の日本の問題でもある。「世の中を変えなければ、日本は滅びる」の「桜田門外ノ変」と通底する「借金をなくさなければ、日本は滅びる」のノリだ。
直之はお駒(仲間由紀恵)に求婚する際、「いやだ・・・と言ったらどうなさいます?」とじらされ、初夜でも算盤を弾き、大事な思い出の品も債務返済のために売り飛ばして呆れ気味のお駒に「こんな家に嫁いでしまって後悔しておらぬか」と訊ね、またしても、「そうです・・と言ったらどうなさいます?」と言い返されている。文字通り算盤ずくで形が付くことには有能この上ない直之に、算盤では計算不能のことでお駒がからかっているようにも、ささやかに抵抗を示しているようにも見えて絶妙だ。
お駒は貞淑な妻を貫くのだが、それでも全て算盤思考の直之に抵抗する気配が漂っている。息子・直吉に河原で拾った四文銭を夜中に「元の場所に戻して来い」と無理難題を命じる直之に血相を変えて直吉を庇うお駒には、単に息子が不憫というだけでない融通のきかない真面目さに辟易した感情が爆発している。
やがて算盤だけではどうにもならない時代の波がやって来る。成人した直吉改め成之(伊藤祐輝)とも攘夷・開国で対立し、もはや歴史の大変革には財政再建という小変革では役立った算盤だけでは通用しない激情が求められていることは直之も感じていることが表情からも察せられる。が、同時に人はなかなか変わらない、変われないことも感じているようでもある。そもそも代々御算用者という猪山家自体が変らなさの権化だった。
ここで、「剣はからっきし」と婚姻前に直之を評していたお駒の父で剣術の師匠・西永与三八(西村雅彦)の言葉が思い出される。大変革には武のような激情が必要で、それをお駒は父から引き継いでいたのだ。
その点で、後に明治維新後、海軍主計官になった成之は父・直之を越えていた。成之は直之の理とお駒の持つ情を併せ持つことで乗り越えたのだろう。ラストの直之をおんぶする姿はそのことを示している。
ところで、今の日本には理も情もないようで、困ったものだ。
Clickで救えるblogがある⇒人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


Posted by y0780121 at 18:30│Comments(6)TrackBack(30)clip!邦画バ行 | ★3

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/y0780121/50522224
この記事へのトラックバック
撫子。白砂糖。「鯛じゃ、鯛じゃ」。
武士の家計簿【悠雅的生活】at 2010年12月04日 20:52
磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を映画化。代々加賀藩の算用役を務めた猪山家の“そろばん侍”が藩の不正を調べたり、破産寸前の家系を立て直したりとそろばんを武器に奮闘する。主演は『南極料理人』の堺雅人。共演に『トリック』...
武士の家計簿【LOVE Cinemas 調布】at 2010年12月04日 21:11
原作は、茨城大学人文学部准教授磯田道史のノンフィクション「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」。ノンフィクションの映画化にしては、意外に、物語に富んています。 物語は、堺雅人が演じる猪山直之の長男猪山成之の視点で語られていきます。まず最初...
武士の家計簿【勝手に映画評】at 2010年12月04日 21:21
  会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目・直之は、家業のそろばんの腕を磨き、才能を買われて出世する。江戸時代後期、加賀藩も例にもれず財政状況は逼迫していた。加えて武家社会では出世するにつれ出費も増え続けると...
*武士の家計簿*【Cartouche】at 2010年12月04日 21:39
映画『武士の家計簿』で巡る百万石の金沢◆プチレビュー◆下級武士がそろばんで守ったのは家族の絆。古文書のデータから物語を創造するセンスが見事だ。 【75点】 猪山家八代目 ...
映画レビュー「武士の家計簿」【映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP】at 2010年12月05日 00:14
原作は、国史研究史上、はじめて発見された武士の家計簿「金沢藩士猪山家古文書」から幕末の武士の生活を生き生きと読み解いた磯田道史著『武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新』(新潮新書刊)。監督は常に時代を様々な角度から切り取り、多様な家族を描いてきた森...
武士の家計簿【やっぱり邦画好き…】at 2010年12月05日 06:37
御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。 江戸時代後期、加賀百万石、前田藩も財政状況は厳しく、加えて武家社会には身分が高くなるにつれ出費も増えるという構造的...
武士の家計簿【心のままに映画の風景】at 2010年12月05日 10:41
 客入りは若干空席がある位のほぼ満席。    映画の話 会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。江戸時代後期、加賀百...
映画「武士の家計簿」@朝日ホール【masalaの辛口映画館】at 2010年12月05日 13:51
 日本  時代劇&ドラマ  監督:森田芳光  出演:堺雅人      仲間由紀恵      松坂慶子      中村雅俊      【物語】  会計処理の専門家、御算用者として代 ...
武士の家計簿【小泉寝具 ☆ Cosmic Thing】at 2010年12月05日 16:42
 『刀でなく、そろばんで、家族を守った侍がいた。』  コチラの「武士の家計簿」は、古書店で偶然発見された幕末の武士の家計簿(入払帳)をモトにした磯田道史の『武士の家計簿 ...
武士の家計簿【☆彡映画鑑賞日記☆彡】at 2010年12月05日 21:49
 サムライの本分は戦(いくさ)にある……誰だってそう思う。そしてその戦のヒロイッ
「武士の家計簿」 (2010 アスミック・エース)【事務職員へのこの1冊】at 2010年12月07日 00:13
天保の飢饉、江戸幕府の崩壊、明治政府の確立という激動の時代を生き抜いたそろばん侍家族の歴史を丁寧に描いている。信じた道を進む姿に感動した。堺雅人や仲間由紀恵などそのほかの登場人物もユーモラスな演出で、楽しく見ることができた。
武士の家計簿【とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver】at 2010年12月08日 22:09
歴史は「発見」の宝庫である。現代そのものが日々工夫とドラマのような人生の連続なのだから、過去の中には無数の工夫と教訓、そしてドラマがあるに違いない。そして、それは一家の...
映画「武士の家計簿」【再出発日記】at 2010年12月11日 22:33
映画「武士の家計簿」を鑑賞。
映画「武士の家計簿」【FREE TIME】at 2010年12月12日 21:12
2010年・日本/配給:アスミック・エース、松竹監督:森田芳光原作:磯田道史脚本:柏田道夫古文書「金沢藩士猪山家文書」の中に残されていた家計簿を分析し、幕末の武士の暮らしを読み解いた磯田道史による教養
「武士の家計簿」【お楽しみはココからだ?? 映画をもっと楽しむ方法】at 2010年12月12日 22:30
  □作品オフィシャルサイト 「武士の家計簿」 □監督 森田芳光□脚本 柏田道夫□原作 磯田道史□キャスト 堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、中村雅俊、草笛光子、西村雅彦、       伊藤祐輝、嶋田久作、宮川一朗太、小木茂光、茂山千五郎■鑑賞日 12月...
『武士の家計簿』【京の昼寝〜♪】at 2010年12月15日 08:16
ストーリー:会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の 財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。 江戸時代後期、加賀百万石とうたわれた藩も財政状況は厳しく、 加えて武家社会には身分が高...
武士の家計簿【単館系】at 2010年12月17日 00:38
幕末、加賀藩の御算用係を担っていた 猪山一家の三代に亘る顛末記。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:磯田道史 『武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新』
『武士の家計簿』【『映画な日々』 cinema-days】at 2010年12月21日 00:20
堺正人さん主演の「そろばん侍」映画、見てきました〜。 公開まもなくだったので、中高年のご夫婦が多くほぼ満席。人気のほどが伺えます。 猪山家の「家計立て直し作戦」をみて、我が家でも家計の仕分けをせんとあかんかなぁ〜。 食器や衣類など使っていない...
武士の家計簿【映画の話でコーヒーブレイク】at 2010年12月21日 22:48
解説 チェック:磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末
武士の家計簿【青いblog】at 2010年12月22日 22:27
 『わたし出すわ』の森田芳光監督の作品であり、また原作本を出版直後に読んだことがあり、その内容はす...
武士の家計簿【映画的・絵画的・音楽的】at 2010年12月24日 18:24
このところ作った作品が作品評の上でも、興行面でもことごとく悲惨な結果に終わって、同期の根岸吉太郎とは大きく差をつけられた森田芳光監督。かっての流行監督の冴えは今いずこと...
「武士の家計簿」を見て、やはり森田芳光は...【映画と出会う・世界が変わる】at 2011年01月04日 00:08
この映画の中で草笛光子演じるおばばさまが「塵劫記」を読むシーンが登場する。ヒマさえあれば、読んでいるという感じで彼女にとっては、必携の愛読書のようである。この「塵劫記」...
決してハッピーエンドとは言えない「武士の...【映画と出会う・世界が変わる】at 2011年01月12日 00:10
堺雅人・仲間由紀恵さん主演。 体面を重んじる武士社会だからこそ、苦しい家計でも、それを繕うために借金を重ねてしまうという矛盾…それを無駄を省くことで家計の立て直しを図る、兎にも角にも色んな倹約術のおかげで一大事は免れるも、もっと奇抜な倹約術がでてくるの
武士の家計簿【いやいやえん】at 2011年06月16日 09:44
監督 森田芳光 出演 堺雅人、仲間由紀恵、中村雅俊、松坂慶子、草笛光子、西村雅彦  昔、几帳面な人がいたおかげで、興味深いことが判る。加賀藩の御算用者(経理係)だった猪山という人が細かく家計簿を書残してくれていた。その古文書によって、昔の武士の家計が良...
武士の家計簿【とつぜんブログ】at 2011年06月20日 21:04
「わたしを離さないで」 「武士の家計簿」 
家計簿を離さないで【Akira's VOICE】at 2011年11月23日 10:25
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・森田芳光 ネタバレあり
映画評「武士の家計簿」【プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]】at 2012年04月03日 09:43
原作は、2003年(平成15年)に新潮新書で発刊された歴史学者磯田道史の著書、だったのですね。 猪山雅人を演じた、堺雅人の存在感と、彼が父親となり、子供を指導するエピソードが印象に残りました。大島ミチル担当の音楽も、なかなかにイイ味…。 そのおかげで、猪山
武士の家計簿【のほほん便り】at 2012年04月08日 16:22
6月17日 武士の家計簿(感想227作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログに ...
別館の予備(武士の家計簿 感想227作目)【スポーツ瓦版】at 2012年06月17日 14:46
 バレンタインデーいかがお過ごしでしょうか。今日は、昨日に続き時代劇を紹介します。 【題名】 武士の家計簿 【製作年】 2010年 【製作国】 日本 【鑑賞手段】 DVD 【
武士の家計簿 : これぞ、ホームドラマ (`・ω・´)キリッ【こんな映画観たよ!-あらすじと感想-】at 2012年11月26日 21:02
この記事へのコメント
4

「結婚しない女」のトラバ 届きました。

ありがとうございました


これからも ちょくちょく覗かせていただきます<m(__)m>
Posted by 似顔絵あいりん at 2010年12月04日 21:50
直之は役人ですから本来だと嫌われる立場なんですよね。
でも仰るようにお駒の情やユニークな両親の存在で上手く
バランスが取れていると思います。
Posted by KLY at 2010年12月05日 01:34
この映画ってある意味、時代の激動を乗り越えた成之が主役なのかもしれませんね。
Posted by 佐藤秀 at 2010年12月05日 20:15
こんにちは
なかなか良い映画でしたね。
>成之は直之の理とお駒の持つ情を併せ持つことで乗り越えたのだろう。ラストの直之をおんぶする姿はそのことを示している。
確かに。一番優れていたのは、「鯛じゃ鯛じゃ」の成之だったのかもしれませんね。一生消えない、額のキズが印象的でした。
Posted by ケント at 2010年12月13日 20:27
>鯛じゃ鯛じゃ

あ、あ、そうだったですね。これも成之のアイデアだったでしたね。子供のころから利発だったんですよね。
Posted by 佐藤秀 at 2010年12月13日 22:08
突き飛ばされ、柱に頭をぶつけた時は
打ち所がわるかったらどうするんだ?
そう思って。
傷後は女の子だったら一生コンプレックスになるし・・・
可哀相にじゃすまなくなります。
是は躾じゃない!
そこの場面はそう突っ込んで観ましたね。

Posted by カモミール at 2011年01月29日 12:51